四季彩綴り

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

藤森神社の紫陽花

00第一13

  1. 伏見
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
先週末もまたあちこち花めぐりをして来ましたので、順不同になりますがご紹介して行こうと思います。
まずは、伏見区にある藤森神社から。




01門前

こちらの神社には、




02馬01

お馬さんに…(馬の神様)




03金太郎

金太郎さんに…(菖蒲=尚武=勝負→勝運の神様)





04七福神01

さらに七福神までも鎮坐する藤森神社。
そして、梅雨のこの時期に一際華やぐのが延べ1500坪、3500株にも及ぶ紫陽花苑です。




05第一入口



06第一03



07第一10

この日は朝から雨で当初は断念するつもりでいたものの、午後に入って回復の兆しが見えたもので喜び勇んで(?)向かったのですが、現地に到着するやまた土砂降りの雨に… (~_~;)

しばし雨宿りして小止みになるのを見計らって入苑したのですが、その後も弱まったりまた強まったりの繰り返しで結局止み間は訪れることはありませんでした。




08第一08



09第一11



10第一05

紫陽花は雨の中でも絵になるので、これはこれで風情があって良かったのですが、しかし、人一人がようやく通れるほどの散策路を傘を手に歩き回るのは厳しく、さっと見て回る程度で精一杯でした。






11第一12



12第一06



13第一07



14第二06



15第二02

それでも、結構な枚数の写真を撮っていたのには後でビックリ! (^^;)
といっても、レンズ交換もしづらくほとんど単焦点レンズ1本勝負になってしまいましたが…。




16第二03



17第二01



18第二05



19紫陽花01


しかし、雨に降られた上にかなり蒸し暑い状態でしたので後からどっと疲れが…。




20竹聲02

京阪の墨染駅へ向かう道すがら、ふっと目に入ったこの看板に吸い寄せられるように中に入ってしまいました (^^ゞ




21竹聲03

情緒のある石畳がいかにも京都のカフェらしい佇まい。




22竹聲05

いただいたのは6月限定という「紫陽花セット」。
紫陽花色の寒天が見た目にも涼しげで、爽やかな水出しの冷茶と共に暑気を払ってくれました (^-^)




23竹聲01

ちょっと当ての外れたところもありましたが、これをいただけただけでも足を運んだ甲斐があったというものです (^^;)


【撮影日:平成22年6月26日】



《メモ》
  藤森神社 【地図】
   京都市伏見区深草鳥居崎町609
   TEL:075-641-1045
   開苑時間 … 9:00-16:00
   紫陽花苑 入苑初穂料 … 300円






スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用


<<沙羅の花を愛でる会 | BLOG TOP | 東福寺散策>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback