四季彩綴り

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

法金剛院の桜

00P1110334待賢門院桜



  1. 花園
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

 
京都府庁よりバスで西へ移動してやって参りましたのは法金剛院。
「花園」の地に建つ文字通り、一年を通して花の彩りには事欠かない花の寺です。



01P1110319門前



02P1110323門内鐘楼

門をくぐると早くも桜のお出迎え。
期待に胸が膨らみます。



03P1110327門内鐘楼



04P1110374待賢門院桜



05P1110364待賢門院桜

この季節の法金剛院と言えば何を置いてもこの花。
数奇な運命をたどった佳人・待賢門院璋子の名にちなみ「待賢門院桜」とも呼ばれる紅しだれ桜です。時に花の色が紫にも見えることから「紫の桜」という異名も。



06P1110331待賢門院桜



07P1110332待賢門院桜

ヒガンザクラ系の紅枝垂れ桜の変種といわれ、例年は春のお彼岸の頃から咲き始めて3月中に見頃を迎えますが、こちらもご多分に漏れず今年はやはり遅れたようです。でもまあ、おかげでちょうど良い時期に訪ねることもできましたが… (^_^;)



10P1110335待賢門院桜



08P1110419待賢門院桜

蕾の濃いピンクから花が開くにつれて移ろい行く花の色。
あっという間に散り過ぎて行く運命ですが、その短い時間の間にも確かな生の営みを見て取ることができます。




09P1110393待賢門院桜



11P1110368待賢門院桜



12P1110390池
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

手前が此岸、池の向こうが彼岸・極楽浄土を現す浄土式庭園。
夏にはこの池は一面蓮に覆われ、清浄な白蓮越しに見る風景ももちろん素晴らしいですが、個人的には待賢門院桜が咲き乱れる春のこの季節が一番好きです (^-^)

さて、待賢門院桜だけではありません、この季節の見どころは!



14P1110352雪柳と待賢門院桜

雪柳に



15P1110378木瓜

木瓜



16P1110346馬酔木

馬酔木



17P1110405紫馬酔木

紫の馬酔木も



18P1110349青女滝

青女の滝の上を彩るのは真っ赤な椿



19P1110348椿



20P1110401石仏と椿

そして、石仏に寄り添う白の椿



21P1110340あやめ

あと草の中に隠れるようにアヤメも咲いていました。
時期的にまだ少し早いと思うのですが、早咲きのものでしょうか。




22P1110407額縁
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

本堂に上がると必ず撮りたくなるこの額縁風。




23P1110410待賢門院桜

しかし、反対側の庇越しの方が待賢門院桜を狙うにはベストポジションでしょうか (^-^)


【撮影日:平成23年4月6日】



《メモ》
  法金剛院 【地図】
   京都市右京区花園扇野町49
   拝観料… 一般400円 → 500円(平成24年4月改定)
   拝観時間…9:00-16:00



スポンサーサイト

テーマ:桜や紅葉の名所・観光地情報 - ジャンル:旅行


<<醍醐寺の桜(1) | BLOG TOP | 京都府庁旧本館の桜>>

comment

  1. 2011/04/12(火) 18:41:51 |
  2. URL |
  3. 手鞠
  4. [ 編集 ]
あおぞらさん、コメントありがとうございます。
法金剛院の桜は色鮮やかなピンクの桜でとても美人さんです (^-^)

  1. 2011/04/12(火) 00:48:17 |
  2. URL |
  3. あおぞら
  4. [ 編集 ]
桜の花がきれいですね

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。