四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

平安神宮神苑の桜

00P1110820.jpg



  1. 平安神宮
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

二週連続となります平安神宮詣でですが、今回のお目当てははもちろん神苑。
やっぱりここの紅しだれ桜を見ないことには春は明けません。

しかし、平日とはいえ開苑時間を少し過ぎて到着したにも関わらず、受付に並ぶ人はほとんどなくちょっと拍子抜け。こんな額縁も容易に撮れてしまったのですが、この絵を見ればその理由も何となく察しがつこうというものです。


01P1110715.jpg

比較のために過去3年の訪問で一番良かった 2008年 のものをご覧いただくとわかりやすいかと思いますが、何だかちょっと淋しい…。既に散りも始まっていて全体としてのピークは過ぎてしまっているようで、でもそうかと思えばもう一方ではまだ蕾も残っているという…。今年は軒並み花付きが悪いとの評ですが、ここもご多分に漏れず…という感じのようでした。




02P1110714.jpg



03P1110716.jpg

それでも、部分的に切り取って見れば素晴らしい春景色。
バックの青空も好アシストしてくれています。



04P1110720.jpg



06P1110727.jpg



07P1110732.jpg



08P1110734.jpg

そして、何よりありがたいのはギャラリーの少なさ (^_^;)
団体客がほとんど来苑していなかったのが大きいでしょうね。
この辺りは地震の影響も大いにあろうかと思いますが。



09P1110764.jpg



10P1110774.jpg

花の色合いはまずまず。
これでもう少しボリュームがあればと思いますが、ないものねだりは却って空しくなるだけ。あるがままの姿を楽しみましょう。




11P1110780.jpg



12P1110793.jpg

桜の園の南神苑から池を取り囲む西神苑へ。
こちらは数は少ないですが、どっしりと構える一本の存在感が別格。



13P1110784.jpg



14P1110787.jpg

池の端で日向ぼっこの鴨さんも桜の美しさにうっとりしているよう…。



15P1110795.jpg

続いて中神苑。
今年は鷺の姿は見えませんでしたが、のどかな風景が広がります。



16P1110805.jpg


17P1110828.jpg

椿の花も満開。
ですが、これほど艶やかに咲き誇っていても、主役はやはり桜。



20P1110818.jpg



21P1110819.jpg



22P1110825.jpg



23P1110826.jpg

東神苑の栖鳳池の真ん中に建つ泰平閣と桜のツーショットは京都らしい春の風景ですね。
そして、最後を飾るフィナーレにはこの絵。



24P1110839.jpg



25P1110852.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

今年も何とか無事に見ることができました (^-^)
これは毎年何度見ても見飽きることのない珠玉の風景ですね。



26P1110857.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ずっとそぞろ歩いて来た池回りの桜並木も、こうして眺めるとまた違った感慨があります。
桜の美しさに加え「こんなに歩いて来たのか…」とか (^_^;)



27P1110866.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

始めは「時機を逸したか!」と焦りましたが、最後の東神苑の風景を見るとまずまずのタイミングだったようにも思えます。でも、できればあと二日早く訪れたかったと… (^^ゞ



29P1110861.jpg

さて、平安神宮の後は少し南へ下りまして、観桜と共に平日にしか訪ねることができない某史跡へと参ります。

【撮影日:平成23年4月14日】


《メモ》
  平安神宮・神苑 【地図】
   京都市左京区岡崎西天王町97
   TEL:075-761-0221
   入苑料:一般600円、小人300円
   拝観受付時間… 8:30-17:00(夏季は17:30、冬季は16:30まで)




スポンサーサイト

テーマ:桜や紅葉の名所・観光地情報 - ジャンル:旅行


<<東山七条桜散歩 | BLOG TOP | 半木の道の桜>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback