四季彩綴り

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

東山七条桜散歩

00P1110894妙法院



  1. 京都・東山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

平安神宮よりバスで東山七条へ。
お目当ては平日にしか参観できない法住寺陵でしたが、その前にまた少しお花見など… (^^ゞ

まずはバスの車窓越しにパッと印象的な絵が飛び込んで来て、思わず停留所からバックして足を運んだのがこちらの妙法院門跡。



01P1110891妙法院

額縁好きにはたまりませんね (*^.^*)



02P1110892妙法院

2本の桜の背後に建つのは国宝の庫裏。
庫裏は今で言う台所のことで、方広寺に大仏殿を建立した豊臣秀吉が千僧供養を催すに辺り、それに出仕する千人もの僧に供する食事の賄い所として建てられたと伝えられるものです。

また、妙法院は後白河法皇ゆかりの寺院でもあり、門主系譜によれば15代門主に後白河法皇ご自身の名もあるようです。なお、鎌倉時代には「綾小路御所」などの呼称が記録に残っていることから、かつてはもう少し北の別所にあったものを後世(時期は不明ですが方広寺大仏殿建立よりは前)に現在地へ移転したと見られています。



さて、続いては少し南へ下りまして智積院へ。



04P1110898智積院

名勝庭園や長谷川等伯の障壁画で知られる寺院ですが(有料拝観)、境内への立ち入りは自由なこともあり、門前の艶やかな紅しだれ桜に誘われ少し立ち寄ってみました。



05P1110897智積院



06P1110915智積院



07P1110899智積院

参道の山桜などは半ば散っておりましたが、風が吹きすぎる度に舞い散る桜吹雪が儚くもまた麗しく…。



09P1110901智積院



10P1110902智積院

こちらにも一本見頃の紅しだれ桜が。



11P1110909智積院



12P1110910智積院

傍らには赤い花をたわわにつけた楓の若葉も。



13P1110911智積院

移ろい行く季節は早くも桜から新緑へと変わろうとしています。


そして、今度は西向かいに渡りまして養源院。



14P1110916養源院

三十三間堂の真向かいにあるこちらの寺院は、現在放映中の大河ドラマのヒロイン江の姉の淀殿(茶々)が亡き父浅井長政の供養のために秀吉に願って建立。江戸時代に入り火災により焼失したものの、元和7年(1621)に今度は徳川秀忠の正室となった妹の崇源院(江)の発願により再興され、以後、徳川家の菩提所にもなっています。



15P1110917養源院

緩やかな上り坂の参道を登り詰めると桜の門がお出迎え。



16P1110918養源院



17P1110921養源院



18P1110924養源院

伏見城の血天井で知られる少々おどろおどろしい印象のお寺ですが、この春のひと時だけは華やいだ雰囲気になります。
なお、建物内部の拝観は説明を聞きながらおよそ30分くらいかかるそうで、今回は時間の都合もあって桜のみでスルーいたしました。


ということで、ようやく本命の法住寺へ。
同じく三十三間堂の真向かい、養源院さんの南隣にあります。



19P1110945法住寺

後白河天皇が譲位後、院政を執った院御所「法住寺殿」の領域内にあり、かつては隣接する上皇の御陵「法華堂」を守護する寺という位置づけでしたが、明治時代に入り御陵と寺が分離され寺号も「大興徳院」と改称。その後、昭和30年(1955)に復名して再び「法住寺」の称を名乗るようになったようです。




21P1110948法住寺



22P1110949法住寺

また、御陵の法華堂内に秘蔵されている後白河上皇木像の複製を造立して寺内に安置し、後白河院御聖忌法要(5/2)に合わせて毎年5月1日~7日に特別開扉公開されているようです。




23P1110954法住寺

旧法住寺御陵正門の竜宮門。
御陵は現法住寺の裏手(東側)にあり、参道入口は養源院と法住寺の間にあります。




24P1110944後白河陵



25P1110931後白河陵



26P1110943後白河陵

門柱には「土・日・祝日は閉めております」との掲示が。



27P1110932後白河陵

法住寺陵には後白河法皇の他に、先ほど訪ねた妙法院の歴代門主だった法親王の御陵も営まれています。



28P1110933後白河陵



29P1110934後白河陵

江戸時代から残る「法住寺」と刻まれた手水鉢。



30P1110936後白河陵



31P1110937後白河陵

ようやく参拝が叶いました。
しかし、土日が閉門というのは中々厳しいですね (-_-;)




32P1110942後白河陵

御陵の前にも青々とした楓の若葉が。
秋の紅葉の頃に訪ねてみるのもいいでしょうね (^-^)


【撮影日:平成23年4月14日】



《メモ》
  妙法院門跡 【地図】
   京都市東山区妙法院前側町447
   TEL:075-561-0467
   拝観料… 一般円、小中学生円、抹茶円
   拝観時間… 9:00-17:00

  智積院 【地図】
   京都市東山区東大路通り七条下る東瓦町964番地
   TEL:075-541-5361
   ※収蔵庫及び名勝庭園
     拝観料… 一般500円、中高生300円、小学生200円
     拝観時間… 9:00-16:00

  養源院 【地図】
   京都市東山区三十三間堂廻り町656
   TEL:075-561-3887
   拝観料… 一般500円
   拝観時間… 9:00-16:00(所要時間約30分)

  法住寺 【地図】
   京都市東山区法住寺三十三間堂廻り町655
   TEL:075-561-4137
   拝観料… 一般500円
   拝観時間… 6:00-17:00
    ※法皇像特別開扉 5/1~7

  法住寺陵 【地図】
   京都市東山区法住寺三十三間堂廻り町
   ※土日祝日は閉門につき参観不可




スポンサーサイト

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行


<<龍安寺の桜 | BLOG TOP | 平安神宮神苑の桜>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。