四季彩綴り

立雲峡の桜

01P1120150-2.jpg



  1. 丹波・但馬
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

ここしばらく京都の桜をお届けして参りましたが、今回は先週の日曜日に所用がらみで出掛けた但馬国の山桜など。


01P1120132.jpg

場所は兵庫県朝来市和田山町にある「立雲峡」。
「但馬吉野」の異名も取る桜の名所らしく、関西圏では時期的にそろそろ散り初めが大勢を占めつつあった中で、数少ない「満開」表示が掲げられていたスポットでしたので訪ねてみたのですが、こちらもやはり既に散り盛んでちょっと肩すかし…。




00P1120139.jpg


03P1120164.jpg

でも、山桜の葉は赤っぽいので葉桜でも花が咲いているように見えなくも…。



04P1120138.jpg

咲いてる~♪と思った木はモクレンでした (^_^;)
それでもまあ、まだ何とか見頃の域を保っている木もあって、それなりに楽しめましたが…。




05P1120147.jpg

山桜と椿のコラボ。




07P1120158.jpg

ところでこちらの一番の見どころと言えば、この桜越しに向こうの山の上に見えるもの。




08P1120156.jpg



09P1120143.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

「天空の城」の異名を持つ「竹田城跡」。
日本一の山城と評され「日本100名城」にも選定されています。

秋から冬にかけての早朝には、眼下を流れる円山川の川霧が立ち込めて雲海がしばしば発生し、標高353mの山頂に残るこの壮大な遺構がまさに雲上に浮かぶが如き絶景が見られるそうで、それが「天空の城」の異名の所以にもなっています。



10P1120146.jpg

この竹田城は城郭のそば近くまで車で行けるということで、この後、いちおう向かってみたのですが、あいにくと駐車場が満車だったようで入山制限中。麓で順番を待つ車の列がずらっと並んでいました。時刻も午後2時を回っていて、駐車場から城散策にも小一時間はかかりそう…ということでやむなく断念。麓にある「山城の郷」という地域施設から竹田城の石垣だけ撮って帰りました。



13P1120167.jpg



14P1120173.jpg



15P1120171.jpg



16P1120175.jpg

もうすぐそこ!という所まで来ていながら残念無念!
しかしまあ、中国道-舞鶴道-北近畿豊岡道と乗り継げば大阪から車で3時間とかからずに来られる近さとわかりましたので、またいつかリベンジしてやろうと思っています (^-^)




21P1120123.jpg

あと最後におまけで同日に通りがかった別の某所での山桜風景。



22P1120127.jpg
(この画像はクリックでパノラマ表示可)

一目百本もないかもしれませんが、とりたてて花見の名所でもない場所で遭遇したものでちょっと感激しました (^^ゞ


【撮影日:平成23年4月17日】



《メモ》
  竹田城跡 【地図】
   兵庫県朝来市和田山町竹田
   TEL:079-672-4003(朝来市産業振興部商工観光課)

  立雲峡 【地図】
   兵庫県朝来市和田山町竹田
   ※桜まつりの期間は駐車料300円要




スポンサーサイト

テーマ:桜や紅葉の名所・観光地情報 - ジャンル:旅行


<<長岡天満宮のツツジ | BLOG TOP | 龍安寺の桜>>

comment

Re: お久しぶりです

  1. 2011/04/24(日) 17:44:39 |
  2. URL |
  3. kiratemari
  4. [ 編集 ]
鍵コメ様、書き込みありがとうございます。

今年の春はいろいろと物思う春となりましたが、
何が起ころうと自然の営みの流れはそう易々と変えられるものではない…
被災地からも常と変わらず花を開咲かせているとの桜の便りなど見聞きするにつけ、
そんなことを改めて教えられている気がいたします。

竹田城は大変人気の高いスポットですものね。
城跡にも意外に多くの桜が植わっているみたいですし、
今回の私達とは逆に城跡から立雲峡の桜を眺めることもできるようで、
せっかくの機会でしたのに返す返す残念でした (-_-;)

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/04/24(日) 07:53:00 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback