四季彩綴り

長岡天満宮のツツジ

00長岡天満宮-2



  1. 京都・洛西
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

しばらくのご無沙汰でございました。
5/3にGWの長旅から戻ったものの、帰阪の際に旅先でお世話になった長崎在住の伯母夫婦が同道して今度はこちらに滞在という形になったものですから、連休後半はその接待に右往左往。客人は6日にお帰りになりましたが、旅疲れが中々抜けないでいる上に7日・8日とまたお出掛け続きで、何かもうグダグダとブログ更新を怠け続けてしまいました (^_^;)

連休完全終了と共に再開するにあたり、旅行中の写真の整理は未だほとんど手付かずのまま、またレポをまとめるにも結構時間がかかりそうなので、とりあえず5/4に客人を京都へ案内した時のものから先に簡略式でアップして行こうと思います。

 
あまり京都に馴染のない客人をお連れするなら、この季節、藤の花咲く平等院からつつじの三室戸寺へと回るのが王道かなと思ったのですが、今年は開花が遅れ気味なのと連休中につき車の渋滞を避ける意味合いからも、なるべく京都の中でも西側を中心にと方針転換し、開花の遅れが逆に幸いして、例年であれば既に最終盤に差し掛かっていそうなところをなおも見頃を保っていた長岡天満宮のキリシマツツジをまずはセレクト。

早くも渋滞が始まっていた名神高速上り線でも大山崎ICで下車しましたのでさほど影響を受けず(その先はノロノロどころかほとんど動いてませんでした)、思いのほかすんなりと到着できました。




01長岡天満宮

目にも鮮やかな真紅の花が彩る参道。
全長70mの参道の両脇に樹齢百数十年といわれるキリシマツツジがおよそ80株植えられ、市の「天然記念物」にも指定されているそうです。




02長岡天満宮-2



03長岡天満宮-2



04長岡天満宮-2



05長岡天満宮-2



06長岡天満宮-2

キリシマツツジの旬は例年4月下旬~末頃で5月に入るともう「時既に遅し…」ということが多いのですが、今年は他の花々と同様開花が1週間から10日ほど遅れ、そのおかげでどうにか見頃と言える時期に間に合いました。

実はツツジはGWの旅の間にもちょっと大掛かりなものを既に見ていて、少々のものでは物足りなく感じられてしまうのではとの不安があったのですが、こちらの赤一色のインパクトはやはり絶大だったようで、まずは掴みは成功 (^-^)v

しかし初っ端からこれだと、却って後々のハードルを上げてしまうことにもなりかねない両刃の剣でもあったのですが… (^_^;)

【撮影日:平成23年5月4日】


《メモ》
  長岡天満宮 【地図】
   京都府長岡京市天神2丁目15-13
   TEL:075-951-1025


スポンサーサイト

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行


<<松尾大社の山吹 | BLOG TOP | 立雲峡の桜>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback