四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

拾翠亭の藤と名残りの桜

00P1130236.jpg



  1. 京都御苑
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

平等院、勧修寺に続き藤の花つながりでもう一所。
京都御苑内にある拾翠亭も訪ねてみました。



01P1130226.jpg

拾翠亭の建つ九条池の周辺は五摂家の一つ九条家の邸宅跡とされており、「藤」は九条家の家紋にも使われる家の花。五摂家のうち近衛家と鷹司家の家紋が「牡丹」なのが例外として、残る三家とその他の藤原氏でも藤紋が使われている例が多いようです。

ちなみに平等院は五摂家に分れる前の大元の藤原摂関家、勧修寺も傍流の藤原氏(寺の名をとって「勧修寺流」と呼ばれます)によって建てられたお寺ですので、いずれも藤はゆかりの花という共通点があるわけです。



02P1130228.jpg



03P1130229.jpg

拾翠亭の藤棚はちょっぴり控えめ?
この日は土曜日でしたので中に入ることもできたのですが、この後予定があってあまりゆっくりしている時間もなかったものですから今回は外から眺めるだけに留めました。

といって、これだけで帰るのも味気ないので少しだけ御苑内を散策~♪



04P1130241.jpg

春爛漫と咲き誇っていたのが ついこの間のこと のように思われますが、早すっかりと緑の葉に覆われている出水の桜。

が、その向かい側の出水の小川の一帯には、5月を迎えてなおまだ多くの花を咲かせる八重桜がいくつかありました。



05P1130255.jpg



06P1130257.jpg



07P1130263.jpg



08P1130260.jpg

さすがに色が変わって来ていて、アップにするのはちょっと可哀想な感じが…。
その代りこの花の真の見どころは木の上でなく足元にありました。




09P1130250.jpg



10P1130244.jpg

小川の淀みに浮かぶ花筏ならぬ落花の島(?)
ボリュームのある八重桜が椿のように花ごと散り落ち、ピンクの色もまだしっかりと残っていて色鮮やか。




11P1130246.jpg

桜の花の間には黄色の花びらもちらほら。
案の定、山吹の花も咲いていました。



12P1130254.jpg



13P1130247.jpg

ということで、いろいろあった2011年春も暮れ季節は夏へ。
そして、この時期花に負けず劣らず強い印象を残すのが輝くばかりの新緑。



15P1130237.jpg



16P1130239.jpg



17P1130219.jpg

強い日差しも適度に和らげてくれる緑の天蓋。
そんな木陰ですやすやと微睡む方も…。



18P1130235.jpg

どんな夢を見ているのかしら?
見ているこちらも思わず頬が緩むような何とも微笑ましい姿でした (^-^)


【撮影日:平成23年5月7日】





スポンサーサイト

テーマ:桜や紅葉の名所・観光地情報 - ジャンル:旅行


<<中之島バラ園 | BLOG TOP | 勧修寺の藤&杜若>>

comment

  1. 2011/05/23(月) 20:13:30 |
  2. URL |
  3. 手鞠
  4. [ 編集 ]
ともp様、こんばんは~♪

あの猫ちゃんには私も癒されました。
せっかくのお昼寝時にシャッター音を響かせ、当の猫さんには大迷惑だったでしょうが…(^_^;)

『江』はまだ脱落せず細々と見続けておりますが、豊臣完子の扱いはどうするでしょうね。
公式ページの人物相関図には今のところ載っていませんし(秀忠との子は載っています)、万福丸と同様、完全スルーの可能性の方が大でしょうか。この脚本家さんなら、それぐらいのことでも平気でやってしまいかねないと… (~_~;)

  1. 2011/05/23(月) 07:51:41 |
  2. URL |
  3. ともp
  4. [ 編集 ]
手鞠様

おはようございます。

落花流水とはまさにこのことですね。
桜も藤も山吹も新緑もすべて美しいです。
そして、最後の猫ちゃんに癒されました。

九条家といえば、江の第一子豊臣完子の
嫁ぎ先ですが、大河ではどなたが
演じるのでしょう?
実は、今年の大河はとっくにリタイアして
いるのですが、完子をめぐる茶々と江との関係を
どうするのか、ちょっと気になっています。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback