四季彩綴り

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

中之島バラ園

00P1130398.jpg



  1. 大阪
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

 
また少し更新が空きましてどうもすみません。
GW旅のレポもとっとと上げてしまわないと…とは思うのですが、あれこれ野暮用など入って記事作成は遅々として進まず。もう少しかかりそうですので、またお手軽お出掛け記事でちょっとばかしお茶を濁しておこうと思います (^^ゞ

先週末の土曜日(5/21)に別の出先からの帰りに立ち寄った中之島バラ園の模様。




01P1130402.jpg



02P1130346.jpg



03P1130378.jpg



04P1130347.jpg

昨年もほぼ同時期に訪問 していますが、昨年は午前中、今回は夕方でしたのでお日様の方向が反対に。よって、中之島公会堂をバックに持って来ようとすると逆光になってしまうのですよね (>_<)




07P1130368.jpg



06P1130363.jpg



05P1130392.jpg


08P1130348.jpg



09P1130352.jpg

全体的に花の盛りはやや過ぎている感じでしたが、赤・白・黄色・ピンクなど色とりどりのバラの饗宴は眼福~♪
都会のど真ん中に広がるこの花園はまさしくオアシスですね。




10P1130370.jpg



11P1130387.jpg



12P1130369.jpg

しかし、せっかく一眼で撮ったのに実にお粗末なボーンヘッド発覚!
その前にしていたISO設定をオートに戻すのを忘れて高感度撮影してしまっていたのでした (~_~;)
いつもはその都度すぐに戻すように注意していたのですが、この日は長時間続けて室内撮りをしていたものですっかり忘却の彼方へ…。まあ、ブログ用に縮小したものではさほど粗も目立たないのがせめてもの救いですが…。





13P1130396.jpg



14P1130379.jpg



15P1130385.jpg




ところで、これの前に行っていた室内撮りというのはこちらでした。




21P1130267.jpg

今シ-ズン初の公式戦生観戦(オープン戦は1回観戦しているのであくまでも公式戦が初と)。

この日は70年代の黄金期を偲ぶ“Braves”デーと題して、選手も懐かしの復刻ユニフォームに身を包んでプレーするなどちょっと特別な趣向があり、一応小学生の頃には「ブレーブス子供会」にも入って応援していた身としては、これは行かないわけにはいかない試合だろうと… (^_^;)




27P1130345.jpg

懐かしのブレーブス坊や (^-^)



22P1130326.jpg

で、そういう同じような身の上の方々が一挙大集結したものか、場内は予想外の超満員。開始1時間前の到着でも一塁側は上層階のてっぺんにあるような席しか開いておらず、望遠レンズを使っても選手撮影は苦しく、以下にアップしております画像も全てトリミングで大きく見せております。




23P1130274.jpg

先発は「西のユウちゃん」の異名でプチ・ブレイク中(?)の西勇輝投手。
前週の試合で開幕連勝が4でストップしてしまい、心機一転で臨んで欲しいところでしたが、序盤からイマイチ球が走らず苦しい投球に。



24P1130277.jpg



25P1130299.jpg

打者の方でも今年から4番に座るT-岡田選手が大ブレーキ。
投打とも精彩を欠く中、2-2のタイスコアで迎えた9回表にクローザーがソロホームランを浴びてジ・エンド。2-3の接戦というより明らかな貧打線に少なからずモヤモヤ感の残る敗戦となりました。



26P1130328.jpg

ともあれ、観衆3万超の場内はやはり圧巻。
とりわけビジターチームの応援が凄まじく、ホーム側にも関わらず半ばアウェー状態になっていたのは今年の成績低迷による所も大きいでしょうね。

でもまあ、開幕はおろかオープン戦から2ヶ月以上、一貫して打撃低調の状態が続いている中、良くも悪くも投手陣に耐性ができて来たものか、交流戦に入ってから「とにかく凌いで凌いで終盤にポンと決勝点を拾う…」というパターンで接戦を物にできる試合が増えて来たのは光明でしょうか(要はそこまで投手陣が辛抱できるかどうかにかかっているということで)。


【撮影日:平成23年5月21日】





スポンサーサイト

テーマ:庭木と花 - ジャンル:趣味・実用


<<広島 マツダスタジアム | BLOG TOP | 拾翠亭の藤と名残りの桜>>

comment

  1. 2011/05/25(水) 18:43:34 |
  2. URL |
  3. 手鞠
  4. [ 編集 ]
ともp様、こんばんは~♪

中之島のバラ園は周辺の再整備工事により一時閉鎖され、その時にバラも掘り返されてしまったので再オープン当初は背丈が短く淋しいばかりでしたが、年々成長して今年はかなりボリュームアップしていました。バラは初夏と秋と年に二度チャンスがありますので、その時期に来阪の節には是非お寄り下さいませ。

山口高志…、なんて懐かしい名前を!
現役最盛時は子供過ぎてほとんど覚えていないのですが(汗)、未だに速球が売りの投手が台頭する度に必ず名前が上がるのが往時の凄さを物語っていますよね。一方で制球に難ありで「ノーコン」の代名詞もついて回りましたが、ストライクorボールを見極めてから振ったのではとても間に合わないと打者にプレッシャーを与えるほどの球速・球威が彼の真骨頂だったのでしょうね。

映画『ココニイルコト』は残念ながら未見なのですが、ネットであらすじなど拝見したら興味が湧きました。WowowやCSで放送されることがあれば是非見てみたいと思います (^-^)/

  1. 2011/05/24(火) 21:30:45 |
  2. URL |
  3. ともp
  4. [ 編集 ]
こんばんは。

中之島バラ園のバラ、本当に綺麗ですね。
大阪に引っ越したバラ好きの友人が、
『とにかく綺麗だから見にいらっしゃい。』と
誘ってくれているのですが
なかなかいけません。

阪急ブレーブスのユニフォーム、懐かしいです。
こんなイベントがあったのですね。

前に申し上げたかもしれませんが
私は山口高志さんのファンでした。
いまでも日本で一番速い球を投げる投手は
山口高志さんだと信じています。

そして、これも前に申しあげたかと思いますが
阪急が懐かしくなると、
つい映画『ココニイルコト』を見てしまいます。
堺雅人さん演じる『前野くん』の阪急への思いが
切なくて…。

いろいろお忙しいご様子、
くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。