四季彩綴り

法金剛院の蓮

00P1150139.jpg



  1. 花園
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
例年より早い梅雨明けと共に、関西では連日猛暑・熱帯夜が続き、早くも気分はゲンナリして来ておりますが、そんな酷暑の中でのお楽しみは何と言っても蓮の花。今年も季節到来!ということで、9日より早朝観蓮会の始まった花園の法金剛院を訪ねてみました。




01P1150077.jpg

本堂前に並べられた蓮鉢。
まだ咲き始めで花数はそう多くはないものの、色とりどりの美しい花に出会うことができました。




02P1150090.jpg



03P1150154.jpg



04P1150085.jpg

ピンクに白、同じで白でも縁にピンクが入っているもの、そして一重に八重、本当に色んな種類の花が少しずつ咲いていましたので、十分楽しませていただきました。




05P1150087L.jpg
(この画像はクリックで拡大表示可)



06P1150080L.jpg
(この画像はクリックで拡大表示可)




09P1150133.jpg

大きな葉の下に隠れるようにして咲いているものも多いので、うっかり見逃してしまうことも…。



07P1150131.jpg



08P1150093-2.jpg



10P1150126.jpg



11P1150123.jpg

蕾からほんの少しだけ開いて閉じる一日目、徐々に広がりが大きくなって行く二日目、三日目、そして、すっかり開き切ってついに散り落ちる四日目…と、短い花の命の変遷を一時に見て取れるのも、こうした多くの花を栽培する蓮の寺の醍醐味ですね。




12P1150105.jpg

一方、鉢の蓮に比べ例年開花が遅れる池の蓮は、まだわずかに1~2輪咲いているのみでした。




13P1150120-2.jpg



14P1150114.jpg

こちらも今週末ぐらいには咲き揃って来るでしょうか。




15P1150086.jpg

蓮の他にも、紫陽花もまだ盛りは過ぎたとはいえ、しっかりとした色を残していて、遠目には十分に綺麗でした。



16P1150122.jpg



17P1150119.jpg

そして、これは紫式部?




18P1150076.jpg

また、受付から庭園に伸びる参道脇には桔梗の花も咲いています。




19P1150157.jpg




20P1150159.jpg

まだ風船型の蕾の面影を残す開花したての花。




21P1150164.jpg

ということで、お次はこの花の穴場的名所へと向かいます (^-^)


【撮影日:平成23年7月9日】


《メモ》
  法金剛院 【地図】
   京都市右京区花園扇野町49
   拝観料… 一般400円 → 500円(平成24年4月改定)
   拝観時間…9:00-16:00

  ※2011年の早朝観蓮絵は7/9(土)~7/31(日)の予定
    この期間のみ開門時間が7:00~になります




スポンサーサイト

テーマ:京都の四季 - ジャンル:旅行


<<智積院の桔梗 | BLOG TOP | 寂光院の沙羅>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback