四季彩綴り

三室戸寺の紫陽花と蓮

00紫陽花06

  1. 宇治
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
※こちらは先週末ではなく、先々週末(6/26)の画像ですので、どうぞお間違いなく。


昨年は 西山の善峰寺福知山の観音寺 など他所の紫陽花寺へ出掛けたもので珍しく欠席でしたが(汗)、今年はまた復活。もし1箇所に絞るなら、やはりここが一番満足度が高いように思います。




01源氏絵灯篭2

山門に続く参道脇には夜間ライトアップのための燈籠が。
今年は「源氏灯り絵巻 in 三室戸寺」と銘打ち、約100基の源氏絵巻行灯が設置されているそうです。これを眺めながら「今年も結局ライトアップは見られずか…」と残念な思いも (-_-;)


気をとり直りして、いざ! あじさい苑へ!




02紫陽花02



03紫陽花14



04紫陽花03

画角が妙に狭いのは人の写り込みを避けるためのやむを得ない措置でございます。
この日は同行人連れだったのですが、朝から1件所用が入り出遅れたもので現地到着は10時半頃になってしまいました。さすがに盛りの時期だけに観光バス組が引きも切らず、境内は異様な熱気に包まれておりました (~_~;)





05紫陽花13



06紫陽花05



07紫陽花04

この日、特に目を惹いたのがこの濃いピンクの花たち。
三室戸寺と言えばブルー系統の花が多いイメージだったので、ちょっとアレ?と思いました。で、一昨年に撮った写真を見返してみたところ…、






08-2008年画像2

手前の砂地が見えている部分がちょうど植え替えられたばかりだったようです(この砂地部分が貧相に見えて当時はボツにした画像です)。昨年はどうだったのかわかりませんが、これが立派に成長して上のような風景が出来上がったというわけですね。

でも、確かに色鮮やかで綺麗なのですが、その反面、どうも紫陽花らしくない色合いにも…。
このこともあって、前の記事の長谷寺でのブルー一色の花の群れにより惹かれたということもあるでしょうね。





09紫陽花10ハート

こちらは今年話題のハート型あじさい。
特に狙って撮っていたわけではないのですが、後から見返したところ写っていました (^_^;)




10紫陽花07ハート

こちらの方がよりらしく見えるでしょうか (^-^)






12紫陽花15



11紫陽花11

広いあじさい苑内では、入口付近はごった返していましたが、出口近くまで行くとまだ何とか人なしで見られる風景も。このぐらいの状態で全部見て回れると満足度もさらに上がるのですけどね (^^;)




さて、この季節の三室戸寺と言えば、もう一つの見所は早咲きの


13蓮02

まだ、ほんの序の口で数は少なかったですが、本堂前に設えられた鉢のあちらこちらで花をつけていました。





14蓮05



15蓮10



16蓮08




17蓮06




18蓮合成




19蓮03




20蓮07

木陰のあじさい苑と違い本堂前は炎天下。
あまりの暑さに集中して撮れず、結構アバウトな写真ばかりに… (-_-;)

まあ今回は下見のようなもので、後日また盛りの時期に再訪したいと思っています。





21ミニ地蔵




【撮影日:平成22年6月26日】



《メモ》
  三室戸寺 【地図】
   京都府宇治市菟道滋賀谷21
   TEL: 0774-21-2067
   拝観料…一般500円、
   拝観時間…8:30-16:30(11/1-3/31は16:00まで)









スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用


<<越前 花はす公園 | BLOG TOP | 長谷寺の紫陽花>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback