四季彩綴り

  • 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08

夏の信州の旅-駒ヶ岳千畳敷カール

00P1150530.jpg



  1. 上信越
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

 
先週の台風襲来以後、どうも天候が不安定で暑いのか涼しいのかよくわからない日々が続いておりますが、先々週末の三連休の頃は各地で記録的な猛暑に見舞われながら、しかし、そんな中でも別天地だったのが2000m超の高山。とにかく避暑を第一に組んだ今回の旅はまずは長野県駒ケ根市にある千畳敷カールからスタートです (^-^)

千畳敷カールは木曽駒ヶ岳(2,956m)を中心とする中央アルプス(木曽山脈)の宝剣岳(2,931m)の直下に広がるカール(半円形の窪地)で、今から約2万年前に氷河のゆったりとした流れにより侵食されて形成されたそれは畳を1,000枚敷いた広さにも相当する…ということでその名があります。

2000m超の高山ということで、かつてはそれなりの登山者しか足を踏み入れることができませんでしたが、昭和42年(1967)7月に開通した駒ヶ岳ロープウェイにより2611.5mの千畳敷駅まで一気に上がれるようになり、誰しもが気軽に訪れることのできる身近な高山となりました。

とはいえ、現在日本で最も高い位置にある駅に架けられたロープウェイの総工費用も相当なものだったようで、往復で3800円と結構なお値段もかかってしまいますが… (~_~;)



01P1150394.jpg

そして、もう一つちょっと面倒な所はロープウェイの山麓駅への一般車両の進入が禁止されており、さらに麓にあるこちらの菅の台バスセンター(標高850m)にてマイカーを駐車場に置き山岳バスに乗り換えないといけません。

まあ、その理由は自然保護が第一義なのはもちろんのことながら、実際にバスに乗車してみると納得が行きます。




02DSC02991.jpg

とにかく道路が細いの何の!
ほぼずっと車一台がようやく通れるぐらいの道幅で、所々にすれ違いのできるスペースがあるにはありますが、下り側が時間待ちをしながら上り側を交わして行くという感じで、これはある程度決められた間隔で走行し、無線も搭載しているバスや山岳タクシーの連携プレーがあってこそ。一般車両が無条件で入り込めばたちまち立ち往生となってしまいます。

ということで、バスで標高850mからおよそ40分の道のりを経て1662mのロープウェイの山麓駅のしらび平駅へ。下車後は人波に流されロープウェイ乗り場へ直行したため、駅の外観は撮れず(帰りもまたロープウェイ下車後即バス乗車となり撮ってる暇がありませんでした)。

また、早朝7時台だったにもかかわらず、既に多くの登山者・観光客が訪れ、ロープウェイもピストン運転中ながらいずれも満員の乗車率で、上りは窓際に寄れませんでしたので以下の画像は下りの車中から撮ったものを逆回しでお送りします。




03P1150586.jpg



04P1150584.jpg

ロープウィ直下にはいくつもの滝も見えます。




05P1150574.jpg

次第に近づいて行く山上駅(実際は遠ざかって行ったのですが)。




06P1150574-3.jpg



07DSC02996.jpg

およそ8分弱の空中散歩で千畳敷駅に到着。
標高2612mと表記されているのは四捨五入していますね(正確には2611.5mらしい)。
山麓のしらび平駅との標高差は950mでこれも日本最高だそうです。

さて、ロープウェイから降り立って、まず最初に目に入ったのは…




08P1150571.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

雲海とその向こうに聳えるのは南アルプスの稜線。
そして、中央の奥にわずかに見え隠れするのが…




09P1150399.jpg

これが富士山の頭なんですね。
直線距離にしておよそ100km先にある富士山をこうして拝めるとは!
夏山は雲が出やすく地上からでは山頂を望むことは難しいようですが、標高2612mは遥か雲の上(富士山はさらに高い)ですからこんなにもクリアに見通せることができるのですね。

ということで、ひとしきり雲海と富士山に感動してようやく本題の千畳敷カールへ。




10P1150413.jpg

駅舎をぐるりと回り込めばこの絶景が目の前に。
これだけ見るだけならハイヒールでも大丈夫というぐらいのお手軽さですが、それだけではもったいないですから、一周およそ40分という遊歩道散策に参ります。




11P1150422.jpg

まずは駒ヶ岳神社でお参りしてからいざ!




13P1150424.jpg

ゴツゴツした岩場の道ですのでさすがにハイヒールは無謀ですが、遊歩道のみでしたら普通の運動靴やウォーキングシューズで十分。アップダウンもそれほどきつくないのでわりあい楽に歩けます。



14P1150429.jpg

途中には雪がまだ残る所も。
さすがに真っ白とは行きませんが、手で触れてみると確かに冷たかったです (^-^)




15P1150553.jpg

雲一つない青空に切り立つ宝剣岳。
ゴツゴツした岩肌、谷間に残る雪、そして山裾には緑の草原が広がりこれ以上ない美しさです。




16P1150485.jpg

ずっと歩き進んで行くとこのような立札が。
ここから先はれっきとした登山道。
相応の装備がなくては登れません。




17P1150475.jpg



18P1150474.jpg

早朝からロープウェイが満員だったのは、その多くが登山客だったからでしょう。よく目を凝らして見ると、リュックを背負った登山客が列を成して登って行っていました。




19P1150492.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

一方こちらは下へ下る道で、右手に見えるのがロープウェイの駅とホテルが同居する建物。
ここからは高山植物を愛でながらゆっくりと下りて参ります(これまでにももちろんありましたが、道幅が狭く登山客に追い立てられるように進んでいましたので)。




20P1150434ミヤマキンポウゲ-シナノキンバイs
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)
左-ミヤマキンポウゲ / 右-シナノキンバイ



21P1150456アオノツガザクラ-コイワカガミs
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)
左-アオノツガザクラ / 右-コイワカガミ



22P1150523チングルマs
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)
チングルマ



23P1150559s.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)
これはちょっと名前がわかりませんでした (^_^;)



24P1150534コバイケイソウ-ハイマツs
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)
左-コバイケイソウ / 右-ハイマツ



27P1150526.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、下からお花畑越しに見上げる千畳敷カール。
これぞ絶景ですね (^o^)/

千畳敷カールへは随分昔に一度来ていたのですが、その時にはすっぽり雲の中で本当に何も見えず、ただ岩場を歩いて帰っただけ…という残念な記憶しかありませんでしたので、よもやこんな素晴らしい景色を見られるとは…。もう言葉が出ないぐらいの感動でした。




28P1150539.jpg

遊歩道を折り切った所にまたまた記念撮影スポット。
順番待ちしてようやく撮れました。




29P1150546.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

小さな池越しに見るこのアングルも中々素敵!
どこをどう撮っても絵になるので、シャッター切りまくりでいきなりメモリ容量がえらいことになってしまいました (^_^;)


ということで、初っ端からこんな凄いものを見てしまい、「この先大丈夫か?」と少し心配になるほどでしたが、まだまだお楽しみは続きます (^-^)/


【撮影日:平成23年7月16日】



《メモ》
  中央アルプス千畳敷カール 【地図】



スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行


<<夏の信州の旅-諏訪大社 | BLOG TOP | 天龍寺の蓮>>

comment

  1. 2011/08/01(月) 19:57:20 |
  2. URL |
  3. 手鞠
  4. [ 編集 ]
ともp様、こんばんは~♪

本当に好天に恵まれて素晴らしい風景を目の当たりにすることができました。しかも、富士山まで見えるなんて、伊豆や箱根という至近距離でも全く見られなかったのに、わからないものですよね (^_^;)

登山客の多さは日本一の高地まで連れて行ってくれるロープウェイの力による所が大きいでしょうね。千畳敷カールを経て宝剣岳や駒ヶ岳へというルートは初心者でもわりあいトライしやすいみたいですし、この日は特に三連休の初日でしたので余計に多かったのだろうと…。

パソコンの不具合、それは大変ですね。
反応速度が遅いとかフリーズとかは当方でもよく身に覚えがある症状ですが(汗)、画面が真っ暗になるというのはさすがにちょっと危ない感じですね。とりあえず大切なものはバックアップを取っておいて万一に備えておかれるのが無難でしょうね。

節電の夏も本番に突入し、パソコンやネットの使用も控えるべき時節でもありますが、一方で、最新の情報を仕入れることのできる大切なアイテムの一つでもありますので、少しでも長く延命してくれるように願っております。

  1. 2011/08/01(月) 13:41:57 |
  2. URL |
  3. ともp
  4. [ 編集 ]
手鞠様、こんにちは。

千畳敷カールのお花畑、本当に綺麗ですね。
お天気にも恵まれたようで、本当によかったです。
ロープウェイのところから、富士山を見ることができるのですか?びっくりいたしました。

登山客が多い…、私が行ったときもそうでした。
ぎざぎざの登山道にびっしりと行列ができていて(もちろん私もそのうちの一人なのですが)、なにかイベントでもあるのかと驚いた覚えがあります。

まだまだお楽しみが続くとか、楽しみにしています。

追伸
また、パソコンの具合が悪くなりました。
あきれるほど反応速度が遅く、画面が真っ暗になったり、フリーズしたりしています。
業者さんに見てもらったのですが、買い換えたほうがいいとのこと、でもなにかと物いりの時期で予算がありません。
もし、しばらく書き込みがなかったら、ついにパソコンが壊れたなと思ってくださいませ。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback