四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

中尊寺蓮ふたたび…

00P1160342.jpg



  1. 東海
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
ダイナランドゆり園に行くなら「やっぱりあそこも寄らなくては!」と立ち寄ったのが長滝白山神社。



01P1160370.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)


長良川鉄道の白山長滝駅のすぐ横にあるこちらは、かつては神仏習合の白山中宮長滝寺でしたが、明治維新後の神仏分離により長滝白山神社と長瀧寺に分離され、現在も同じ境内に両者が共存しています。




02P1160367.jpg



03P1160355.jpg

こちらが長滝白山神社の社殿。



04P1160359.jpg

そして、こちらが長瀧寺ゾーン。




05P1160329.jpg

大講堂の前にある蓮池にかの奥州平泉の中尊寺から株分けされた中尊寺蓮が栽培されています。が、一昨年はまだそこそこ咲いていましたが 、今年はさすがに遅かったようで、ほんのわずかしか花は見られませんでした。



06P1160335.jpg



07P1160339.jpg

四日目の開ききった花ですが、これが一番蓮らしい姿をしたものだったでしょうか。



08P1160342-2.jpg



09P1160334.jpg

蕾もまだいくつか上がっていたので、タイミング的に悪かったのかもしれませんが、関西とそう変らない7月半ばから末にかけてが大よその旬のようです。



10P1160336.jpg



11P1160347.jpg

紫陽花もまだ咲いてはいましたが、やはりすっかり色褪せてしまったものが多い中、こちらの霊水「延年水」の手水舎の傍らのものは、日陰ということもありわりあい綺麗でした。




12P1160346.jpg

延年水の守り神(?)のカエルさんも健在。
ちょっと淋しい中尊寺蓮の観蓮となりましたが、でもまあこうして再び出会えただけでもラッキーだったのかもしれませんね。

ということで、記事とは順序が逆になりましたが、長滝白山神社に参拝した後ダイナンドゆり園を見て、帰りはだいたい東海北陸道を日本海側へ抜けて北陸道回りというのが定番なのですが、今回は白鳥より九頭竜湖沿いを越前大野へ抜けるルートを選択。その途中に『平家物語』に登場するある人物ゆかりの地があります。




21P1160502.jpg

国道158号線(通称「美濃街道」)沿いの「仏原」という地に『平家物語』に登場する仏御前の名を戴く「仏御前の滝」があります。

仏御前は祇王と平清盛の寵を競い合ったという白拍子で、清盛に捨てられ出家した祇王の末路に自らの定めと世の無常を悟り後を追って出家したという、平清盛のダークイメージ強化エピソード第1弾の一方のヒロイン。その仏御前はここ越前大野の奥の山間にある「仏原」の出身で、彼女がこの滝で顔や髪を洗ったという伝承があるようです。

「仏原」という地名自体が仏御前の生誕地であることが由来とする説もあるようですが、ただ彼女の出身地については石川県小松市とするのが一般的で、仏御前の墓とされるものが小松市原町にあるようですので、あくまでも伝承の一つということで… (^_^;)



22P1160503.jpg


国道158号沿いに滝に通じる遊歩道の入口があり、およそ10分ほどで着けるという情報でしたので、とりあえず行ってみることにしたのですが…



23P1160476.jpg

いきなりこの急な石段が立ちはだかり、早くもちょっと後悔モードにスイッチが入る序盤。



24P1160479.jpg

沿道に咲く可憐なヤマアジサイ(?)に慰められながらさらに上って行くと…



25P1160480.jpg



26P1160499.jpg

まだあと250mの表示 (~_~;)
しかし、意外に訪れる人は多いようで、細い参道で何度かすれ違う人もいました。




27P1160481.jpg

少し平坦な道に出てやれやれと思ったのも束の間



28P1160482.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ようやく滝が見えて来た喜びと同時に、まだなお続く参道の長さに少しゲンナリもしましたが、とにかく一歩一歩進むのみ!
休み休みゆっくりと登りましたので、予想より5分多く15分で到着。





29P1160489.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

これが「仏御前の滝」。
年中枯れることはないという水量豊富な滝で、真下から眺めるとかなりの迫力。
汗だくになりながら登って来た甲斐がありました。時折吹き過ぎるマイナスイオンの風も心地良かったですし… (^^ゞ

なお、この滝は正確には三段の滝なのですが、眺望台からは一番上が見えず二段の滝に。対岸に渡れば三段とも見えたと思うのですが、足元が悪かったのとそうでなくとも狭いスペースに、既に先客が座り込んで撮影に興じておられましたのでここは自重。全貌はMAPPLEさんの こちらの画像 などでご覧いただけます。



30P1160483.jpg

少し離れた所から見るとこんな感じですが、周りの木々がうっそうと生い茂っているので、滝の流れもあまりよく見えませんね。



31P1160500.jpg

そして、最後に下りの参道途中から見えた九頭竜峡。

実はこの上り下りの間、ずっとドンドンと雷の音が響いていてちょっと恐々歩いていたのですが、次第にその音もエスカレートして来て結果的に間一髪のタイミング。車に戻り走り出して間もなく急な雷雨に見舞われ、大雨警報も発令されていたと後でラジオのニュースで知りちょっと背筋が寒くなりました。下りの時に途中ですれ違ったカップルさんは降りだす前に無事に車まで戻れたのかしら?

山の天気はとにかく変り易いので、どんな時でも十分に注意しておかなくてはと改めて再認識させられる出来事でした (^_^;)


【撮影日:平成23年8月7日】


《メモ》
  白山長滝神社 【地図】
   岐阜県郡上市白鳥町長滝138
   TEL… 0575-85-2663(白山文化博物館)
   境内自由
   瀧宝殿(宝物館)…入館料 300円(白山文化博物館との共通券600円)
            拝観時間:9:00-16:00

  仏御前の滝 【地図】
   福井県大野市158号線仏原
   TEL:0779-66-1111(大野市商工観光課)



スポンサーサイト

テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行


<<あわじ花さじき | BLOG TOP | ダイナランドゆり園>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback