四季彩綴り

白馬五竜高山植物園(1)

00アルプス平風景02


  1. 上信越
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

 
冬場はスキー場として賑わう白馬五竜。
そのゲレンデ最上部のアルプス平では、夏の間、高山植物園がオープンします。




01ゴンドラ乗り場

山麓からテレキャビン(ゴンドラ)に乗車。
標高825mから一気に1515mまで上ります。





02ゴンドラより01

車窓からの眺めは青空の広がる好天でしたが…、





03アルプス平風景01

山頂アルプス平駅に到着するとすっかり曇り空… (>_<)
それでも、陽射しが翳ったおかげで随分涼しくも感じられましたが…。

さて、ここからの散策はまずゴンドラ乗り場から一旦下って谷の方へ。





06檜扇菖蒲01

沿道を彩るのはヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)。
下界で見るアヤメに比べると随分小ぶりな花。ですので、左隅にちょこっと写り込んでいるのもかなり小さいトンボです。




07檜扇菖蒲02トンボ

望遠レンズでのマクロですが、わりあいはっきりと撮れていました (^-^)v




09ノハナショウブ

色違いのこちらはノハナショウブ。





08檜扇菖蒲03

下まで降りてくるとちょうど日が差し込んで、花もいっそう輝いて見えました。






11展望リフト01

一番下まで降り切ると上りはリフトで。
今年はこちらの地域でも天候不順&気温の低い傾向が続いたようで、残雪が6月半ば頃まで消えやらず、高山植物の開花も例年に比べ遅れ気味。上から眺めても「花はどこ?」な状態でどうも淋しい感じがしました。






12展望リフト02

リフトは高山植物園ゾーンを過ぎてさらに上に。





13展望リフト03

緑の草原の合間にポツポツと見え隠れする黄色はニッコウキスゲ(日光黄菅)。
これについてはまた後ほど触れたいと思います。





14展望リフト04

白馬の山々にはまだ残雪が…。





15雪渓01




16雪渓02

7月も半ばを過ぎてなお雪を見られるとは思っていませんでした。






17地蔵の頭01

さて、リフトを降りるとその先にある「地蔵の頭」と呼ばれるゾーンの自然遊歩道を散策。この沿道にもいろいろな高山植物を見ることができます





18大葉擬宝珠

オオバギボウシ(大葉擬宝珠:ゆり科)
花の形が橋の欄干にある擬宝珠に似ていることからこの名がついたとのことですが…。





19ミヤマトウキ深山当帰

ミヤマトウキ(深山当帰:せり科)
パッと見た目が花火のよう…。





20地蔵の頭02ケルン

地蔵の頭の頂上のケルンに到着。
ここで標高1,676mになります。





21地蔵の頭04地蔵

ケルンの中には「風切地蔵尊」が安置されています。
風除地蔵とも呼ばれ、農耕の風害防除だけでなく、風邪や疫病、災害などからも守ってほしいと江戸時代末期に祀られたものだとか。





22地蔵の頭03地蔵

ケルンの外にもお地蔵様。





23地蔵の頭05地蔵

そして、さらに少し離れた所にも石積みと碑のようなものがありました。

ということで、頂上まで登れば後は下るだけ。
もちろんとりどりの高山植物もお供に…。





24オヤマボクチ01

オヤマボクチ(雄山火口:きく科)
葉の裏に密生している毛を乾燥させて火種にしたことから「ホクチ(火口)」の名が。




25ウラジロヨウラク裏白瓔珞

ウラジロヨウラク(裏白瓔珞:つつじ科)
ドウダンツツジに似た釣鐘型の花がたわわについています。





27ニッコウキスゲ11

遊歩道を先に進むと待望の黄色いユリの花「ニッコウキスゲ」が。
まだほとんど咲き始めで数は少なめでしたが、やはり目を惹かずにはいられない存在感です。






28ニッコウキスゲ01

ニッコウキスゲの背後でキラキラ輝いているように見えるその正体は…





29ワタスゲ01

ワタスゲ(綿菅:かやつりぐさ科)
ふわふわの綿のような部分は花が終わった後にできる果穂だそうです。





30地蔵の沼

遊歩道の最奥にある「地蔵の沼」。
この周辺もニッコウキスゲの群生地なのですが、まだまだ早かったですね。





31ニッコウキスゲ12

遊歩道を一周してようやく先ほどリフトから眺めていた場所に到着。
この周辺は部分的にですが、ニッコウキスゲがまとまって咲いている所がありました。
でも、みんな後ろを向きなんですけど… (^_^;)




32ニッコウキスゲ02

かろうじて前向きで撮れたもの。
黄色の花って向日葵もそうですが、何だか見る人に元気をくれるような気がしますね。


ということで、写真が多くなり過ぎますので、メインの高山植物園内のご紹介は次の記事にて…。



【撮影日:平成22年7月18日】



《メモ》
  白馬五竜 【地図】
   長野県北安曇郡白馬村神城
   TEL:0261-75-2101
   ゴンドラ往復+展望リフト… 大人2000円、小人1000円
   テレキャビン運行時間… 8:15-16:00




スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用


<<白馬五竜高山植物園(2) | BLOG TOP | 越前 花はす公園>>

comment

  1. 2010/07/24(土) 11:45:26 |
  2. URL |
  3. 手鞠
  4. [ 編集 ]
鍵コメ様

本当に連日の猛暑にはお手上げですね…(~_~;)
少しでも涼を感じていただけたのでしたら、こちらも大変嬉しいです。

例の話は…
まだ公式発表前ですし、もしかするとガセの可能性もなくも…。
未確定情報としてあっちのブログに一応アップはしておきましたが、しばらくは静観ですね (-_-)

管理人のみ閲覧できます

  1. 2010/07/23(金) 17:53:37 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback