四季彩綴り

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

東京スカイツリー

00P1170554.jpg



  1. 関東
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
芝の大門から地下鉄浅草線で押上へ。
東京タワーに替る新しい電波塔として完成間近の東京スカイツリーのお膝元へとやって参りました。




01P1170534.jpg

地下鉄押上駅から地上に出るとすぐそこにスカイツリーが。
2008年の着工から足掛け3年がかりで今年3月18日に高さ634mに到達。
周辺はまだ工事現場状態ですが、ツリー本体の外観的にはほぼこれで完成と言っていいでしょうね。




02P1170533.jpg

このアングルからではお邪魔虫と言わざるを得ないお隣の東京スカイツリーイーストタワーと共に、来年5月22日開業予定。高額な入場料金が話題になっていましたが、それでも大勢の入場者が押し寄せるのでしょうね (^_^;)




03P1170528-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

押上駅から少し東へ歩いて押上踏切そばの撮影広場へ。
昨年の8月にも同じ場所で撮影していますので、建設途中の様子と見比べてみてはいかがでしょう。

しかし、そろそろお昼近くという時間帯になっていて、こちら側からですと逆行気味でしたので、早々に順光になる西側へ移動。地下鉄の一日乗車券を使っていましたので、歩いてもまあ知れている距離でしたが、一駅だけ乗って本所吾妻橋へ (^_^;)





04P1170535.jpg

駅から地上に上がるとちょうど目の前にお祭用の太鼓が置かれていましたので、スカイツリーとツーショットで。

ここからはスカイツリーを眺めつ、隅田川方面へ歩いて行くことに。




05P1170536.jpg

途中でうっかり住宅街に入り込んでしまいましたが、この辺りではスカイツリーも日常生活に馴染んだごく普通の風景になって行くのでしょうね。





06P1170543.jpg

墨田区役所前にある枕橋へ。
隅田川に繋がる運河の北十間川の畔に東京スカイツリーが建っているので、北十間川に架かる橋の多くがスカイツリーの撮影ポイントとなっていますが、こちらは特に早朝に朝焼けと共に逆さツリーが見られる絶景ポイントととして知られているようです。

早朝に限定されるのは、この界隈は隅田川からの水流の影響で水面が波立ちやすいので、川船が運航を始める前でないと厳しいということのようです。




07P1170540.jpg

しかしまあ、逆さツリーは無理でも屋形船とのコラボは風情がありますし、ツリーから程よい距離感なのもGood。さらにタイミングが合えば東武鉄道の特急スペーシアとのツーショットも撮れますので、記念撮影には持って来いのポイントですね。




08P1170548.jpg

さて、ようやく隅田川沿いに出まして、ここでふと振り返ってみますと…




09P1170551.jpg




10P1170552.jpg

ビルのガラス壁面にもスカイツリー。
ここはビルに囲まれていて死角になってしまうのですが、こういう形でも存在をアピールしてくるとは… (^_^;)





11P1170556.jpg

吾妻橋を渡って対岸から。
ここではスカイツリーよりもアサヒビール本社の炎のオブジェの奇抜さの方が目立ちますが、よく見ると黄金色の本社ビルの壁面に雲が映り込んでいて、炎のオブジェと三つ並んで筋斗雲のよう。




12P1170556-2.jpg

それにしても、スカイツリーはその高層さゆえに距離感に錯覚を起こさせますね。
実際は直線距離にして800mぐらい手前のビル群とは離れているのですが、こうして並んでいる姿を見るとほとんど同じぐらいの場所に建っているように見えますものね。

事実、前夜に千葉マリンから車で東京へ向かっている時に、スカイツリーと認識してからすぐそばまでたどり着くのに大分かかりましたし、道に迷ってうっかりスカイツリーを目標にして「あともう少し…」なんて思っていたら、とんでもない痛い思いをすることになりそうです (^_^;)


ということで、ここまで来たからにはやはり浅草寺にも寄っておきたいですよね。





13P1170565.jpg

雷門前は凄い人でまともに撮れなかったので宝蔵門前から。
浅草寺も 2008年の夏 に「はとバス」を使った半日観光で訪れていますが、あの時には工事中だった本堂の修復が完了していて、ようやく本来の姿を見ることができました。




14P1170574.jpg




15P1170578.jpg

本堂の修復に合わせてリニューアルされた天水桶。




16P1170580.jpg

本堂正面に架かる「志ん橋」と書かれた大提灯。
「志ん橋」=新橋で、元は江戸時代に新橋の花柳界(芸者衆や御茶屋の組合)が奉納し、安藤広重の「浮絵浅草寺雷門之図」にも記されているもの。現在のものは平成16年に新調されたものですが、デザインは広重が描いたものを復元しているようです。




17P1170577-2.jpg

本堂は修復されたばかりとあって丹塗りも色鮮やか。





18P1170576.jpg

そして、この本堂越しにも東京スカイツリーを眺めることができます。


ということで、スカイツリー三昧の散策もここまで。
そろそろ日も傾き始めて参りましたが、東京と言えばもう一つ今話題のスポットが!
お次は「動くぬいぐるみ」(爆)とも言うべきアレを見に参ります~♪


【撮影日:平成23年9月18日】


《メモ》
  東京スカイツリー 【地図】
   東京都墨田区押上1-1-13
   ※2012年5月22日開業予定

  浅草寺 【地図】
   東京都台東区浅草2-3-1
   TEL:03-3842-0181
   境内自由
   各諸堂の開扉時間は6:00~17:00(10~3月は6:30より)





スポンサーサイト

テーマ:東京観光 - ジャンル:旅行


<<上野動物園 | BLOG TOP | 東京タワー>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。