四季彩綴り

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

富士めぐり

00P1170759.jpg




  1. 東海
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
東京で2泊して旅の最終日となる3日目。
前日に散々「富士山、富士山」と言っていたもので(汗)、大阪に戻る途中に少し富士山めぐりなどして行こうかという話に。

東京の宿でネットのライブカメラをチェックしてみたところ、まずまずのお天気のようで富士山も見えていたので、とりあえず中央自動車道経由で河口湖へと向かったのですが、その道中、どんどん雲が湧いて来ていてどうも嫌な予感…。

案の定、河口湖へ着くと上空は青空が広がっているものの、ちょうど富士山を隠すように雲が立ちはだかり全く見えず… (-_-;)

で、ここから東回りで山中湖~御殿場方面へ向かうか、西回りで朝霧高原~富士川方面へ抜けるか、どちらにするか迷ったのですが、何となく西回りを選び西湖方面へ向かうことに。




01DSC03233.jpg

その途中、立ち寄った道の駅でこんなチラシを見つけ、茅葺屋根の古民家の風情に惹かれたのと、昼食を摂るのにもちょうど良いかと思い、とりあえず行ってみることにしました。




02P1170732.jpg

西湖いやしの里根場(ねんば)。
富士五湖の一つ西湖の西北に位置する根場地区はかつては多くの茅葺民家が立ち並ぶ集落でしたが、昭和41年(1966)の台風災害によりその多くが流失。先だっての和歌山・奈良を中心とした土砂災害さながらの甚大な被害を受けたと言います。

その後、平成15年(2003)に町村合併により富士河口湖町に編入されたのを契機に、日本の原風景とも言うべき茅葺屋根の集落を再び甦らせようと復元事業に着手。平成18年(2006)の第一期オープンから整備を重ね、現在では20棟の茅葺民家が再現されています。




03P1170733.jpg

気持ちの良い青空が広がる中、園内を散策。




04P1170734.jpg




05P1170735.jpg

盛りは過ぎていましたが、萩の花がちらほらと…。





06P1170743.jpg




07P1170746.jpg




08P1170747.jpg

茅葺には火事が大敵。
万一に備えこうした放水銃も配備されています。

そして、ここでふと振り返ってみると…





09P1170748.jpg

アレはもしや富士山では!?





10P1170752.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

それまでずっと雲に隠されていた富士山の頭がすーっと姿を現して来ました。
もう無理だろうと諦めていたので、突然の登場に感激も一入でした。





11P1170755.jpg

ただ、欲を言えばこの左側の雲も取れてくれると良かったのですが、この後またすぐに山全体が雲に覆われてしまいましたので、わずかでもこうして姿を現してくれただけでも御の字でした… (^_^;)


また、この日はまだ少し夏の暑さを覚える気候でしたが、園内では秋の訪れを感じさせる草花がそこここで見受けられました。





12P1170761.jpg

深紅の吾亦紅





13P1170768.jpg

真紅の彼岸花




14P1170787.jpg

黄色の女郎花





15P1170773.jpg

そして、色とりどりのコスモス。





16P1170766-1s.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

「秋桜」とも書くだけあって、この花をみると秋だなと実感しますね。





20P1170791.jpg

こちらも秋の美味し産物・柿のようですが、まだまだ色づいておらず、収穫はもう少し先でしょうか。





21P1170728.jpg

園内ではヤギも飼われていて、今年6月に生まれたという3匹の子ヤギのうちの1匹でしょうね。生まれて間もない頃の画像は HP でご覧いただけますが、3か月経ってだいぶん大きくなったようです(頭身バランスが全く違う)。


とまあ、そんなこんなで思いがけず富士山も見られたいやしの里を後にして先へ進みますが…、




22P1170792.jpg

精進湖ではわずかに富士山の稜線が見えたものの





23P1170794.jpg

本栖湖ではついに雲隠れ。





24P1170795.jpg

条件が合えば千円札の裏側にも描かれているこのような逆さ富士も見られるそうなのですが…。

ここから朝霧高原の方へ回ってからも全く見えず、さらに雨も降りだしたりしてもう絶望的と思っていたのですが…





25P1170796.jpg

全く山の天気は変わりやすいもので、ふいに雲が切れて青空が見えたかと思うと瞬く間に富士山の姿が目の前に。





26P1170803.jpg





27P1170798-1s.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

雲の上に浮かぶ山頂。
少しグロテスクな山肌、そして頂には山小屋と思しき建物も見て取れました。





28P1170799-2.jpg

望遠レンズで撮影したものを等倍で切り取っているのでかなり不鮮明ですが…(^_^;)






29P1170805-1s.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

車で走行中にパッと見えたものですから、慌ててどこかの工事現場のような所の入口付近に駐車して記念撮影 (^_^;)

しかし、これまで何度か富士山めぐりをしておりますが、こんなに間近ではっきりと見られたのはこれが初めてじゃないかと思います。

旅の最後に本当に最高のプレゼントをいただきました (^-^)v


【撮影日:平成23年9月19日】



《メモ》
  西湖いやしの里根場 【地図】
   山梨県南都留郡富士河口湖町西湖根場2710
   TEL:0555-20-4677
   入館料(施設保存協力金)一般350円、小中学生150円
   営業時間… 4~11月 9:00-17:00 無休
           12~3月 9:30-16:30 水曜日休館





スポンサーサイト

テーマ:旅先の風景 - ジャンル:旅行


<<立山黒部アルペンルート(1) | BLOG TOP | 東京シティービュー>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback