四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

大輪田泊

00P1190048.jpg


  1. 神戸
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
順番がどうも無茶苦茶ですが(汗)、コンチェルトのランチクルーズ の前に立ち寄った和田岬辺りの平家史跡も少しご紹介しておきます。




01P1180990.jpg

まずは神戸市兵庫区にある清盛塚。
和田岬のちょい北側に位置し、この辺りがかつて平清盛が築いた大輪田泊があった場所であろうと推定されています。




02P1180991.jpg

高さ約8.5mの清盛塚十三重の塔。
元は現在地より11m南西寄りの所にあり、古来、平清盛の遺骨を埋葬した墓と信じられていましたが、大正12年(1922)に旧神戸市電の道路拡張工事に伴い移転されることになり、その際の調査で遺骨は発見されなかったことから、墓ではなく供養塔であったことが判明。塔の台石には弘安9年(1286)2月の刻銘があり、鎌倉幕府九代執権北条貞時(時宗の子)が平家一門の供養のために建立したと伝えられているようです。




04P1190002.jpg

また、十三重塔の隣には平清盛像と琵琶塚が。
銅像は昭和43年(1968)に建立。
琵琶塚は元々この地にあった古墳で、前方後円墳の形状から琵琶塚と呼ばれていたのが、やがて平家一門の琵琶の名手・平経正と結びついて、いつの頃からか平経正の墓(経正塚)と呼ばれるようになったと言います。





05P1180992.jpg

こちらは清盛塚の入口にある「八棟寺無縁如来塔」。
八棟寺は福原寺とも呼ばれた能福寺の異称で、平清盛の庇護の下、八つの伽藍を有する壮大な寺院だったと伝えられていますが、平家滅亡と共に勢威を失い、世の人々も源氏に憚って俗称の「八棟寺」を使っていたようです。

その八棟寺こと能福寺は清盛塚から北へ500mほどの距離にあります。





11P1190047-2.jpg

能福寺は伝教大師最澄が唐より帰国して最初に建立した寺とされ、日本最初の密教教化霊場と言われています。

しかしまあ、そういうことよりも、能福寺といえばまずは兵庫大仏でしょうね。
明治24年(1891)に豪商・南条荘兵衛の寄進により建立され、奈良の東大寺、鎌倉の高徳院と並び日本三大仏の一つにも数えられましたが、第二次大戦中の金属供出により解体され、現在の大仏は平成3年(1991)に再建されたものです。




12P1190022.jpg

大仏の身丈(像高)11m、台座の高さ7m、重さが約60t。総工費は約5億円とか。
また台座下には「ビルシャナ殿」が設けられ、そこに本尊の「十一面観世音菩薩立像」が安置されているそうです。





13P1190021.jpg




15P1190003.jpg

そして、その大仏の手前にあるのが「平相国廟」。





16P1190008.jpg



17P1190009.jpg

中央に平清盛供養塔の十三重石塔。
右側の小さな塔はかつて能福寺の住職の圓實を弔った「圓實法眼宝篋印塔」。
左側の九重塔は清盛の弟教盛の子の忠快を弔った「忠快法印塔」。

圓實は清盛の死後、京の愛宕山で荼毘に付された遺骨を首にかけて福原に下り、清盛の遺言に従い八棟寺(能福寺)に埋葬し、平相国廟を造立したと言われる人物。また、忠快は壇ノ浦まで着き従いながらも生き延び、平家滅亡後は一門の菩提を弔いここ能福寺の再興に努めたと言います。

現在の平相国廟は清盛の800回忌に当たって再建され、この時に圓實と忠快の印塔もここに祀られることになったようです(両印塔は鎌倉時代のものと推定されており、別の場所にあったのではないかと…)。





18P1190010.jpg





19P1190015.jpg

また、平相国廟の隣には、神戸版「生麦事件」のような騒動で切腹させられた岡山藩士・滝善三郎正信の碑も。




20P1190025.jpg

能福寺の本堂はかつて京都東山の泉涌寺寺域の月輪御陵にあったもので、昭和28年(1953)に宮内省と九条家より特別に下賜され、移築されたもの 。先の阪神淡路大震災で大破してしまいましたが、翌々年後の平成9年12月に復旧されたようです。




21P1190028.jpg




22P1190045.jpg

境内に祀られている様々なお地蔵様や像。




23P1190041.jpg




24P1190030.jpg

兵庫の勤王豪商で伊藤博文と盟友でもあったという北風正造君碑。




25P1190031.jpg

日本で最初の日本語の新聞を発刊し「新聞の父」と言われたジョセフ・ヒコ(浜田彦蔵)による寺の由来碑。




26P1190031-2.jpg

碑の上部には横文字も刻印されており、これが日本初の英文碑と言われています。




27P1190049.jpg

本堂側にある正門。
こちらは普段は閉じられており、出入は大仏前の通用口から。





28P1190035.jpg

能福寺境内で見かけた草花も少々。
紅白のサザンカにツワブキ(左下)、マユミの実(右下)。




29P1190038.jpg

そして、一番よく目についたのはこの白い可憐な小菊でした。

この日は時間もあまりなかったので、ピンポイントでこの2カ所のみ。
他の近隣史跡と共に、いずれまたゆっくりと回ってみようと思っています (^-^)/


【撮影日:平成23年11月13日】



《メモ》
  能福寺(兵庫大仏) 【地図】
   兵庫県神戸市兵庫区北逆瀬川町1-39
   TEL:- 078-652-1715
   開門時間… 9:00-17:00

  清盛塚・琵琶塚 【地図】
   兵庫県神戸市兵庫区切戸町1-3


スポンサーサイト

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行


<<丹波・但馬路の紅葉(1)但東・安国禅寺 | BLOG TOP | 神戸クルーズ&夜景>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback