四季彩綴り

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

丹波・但馬路の紅葉(2)篠山・洞光寺

00P1190268.jpg


  1. 兵庫
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
先に豊岡の安国禅寺からご紹介してしまいましたが、この日最初に訪ねたのは篠山でした。




01P1190266.jpg

秋から冬にかけては朝霧のよく出る地方ゆえ、高速道路上からこんな状態でちょっと心配でしたが…。




03P1190270.jpg

目的地の洞光寺に着く頃には曇りながら、霧は消えておりました。





04P1190272.jpg

そして、この門の向こうに広がるのは…、





05P1190274.jpg




06P1190342.jpg




07P1190276-1S
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

いきなりこれは刺激的過ぎますね (^_^;)
まるで打ち上げ花火のような豪快さ。
黄緑・黄・オレンジ・赤・深紅…、このごちゃ混ぜ感が何とも言えません。




08P1190282.jpg




09P1190292.jpg

反対側の池周りも多少地味ながら紅葉に取り巻かれていて艶やか。
青空と日差しがあればさらに映えたのでしょうけどね。





10P1190290.jpg

こちらは曇りでも華やか。
むしろ曇天ぐらいの方が色彩が冴えるのかもしれませんね。




11P1190288.jpg

ここ洞光寺は南北朝時代後期に建てられた曹洞宗の古刹。
江戸時代には十万石の格式を与えられたほどで、以後4度の火災に見舞われながらもその都度再建され、現在の本堂は1974年の再建。

これまでは知る人ぞ知る紅葉の隠れ名所だったようですが、ネットでの口コミ効果で徐々に認知度も上がり、今や観光バスで訪れる団体客も少なくないようです。





12P1190297.jpg

この素晴らしい紅葉を見れば、まあ、それもやむなしでしょうね。




13P1190298-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

特にこの深紅の色合いが素晴らしかった!





14P1190301.jpg

反面、黄色の銀杏はすっかり落葉していて、足許にうず高く散り積もっておりました。




15P1190302.jpg




16P1190311-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

曇天ながらもわずかに漏れ出る光が眩い。




17P1190306.jpg




18P1190307.jpg




19P1190322.jpg




20P1190312.jpg




21P1190314.jpg

池を裏側から透かし見るのも乙なもの。





22P1190315.jpg




23P1190318.jpg

緑の中にぽつぽつと表れる深紅の葉…。




24P1190326.jpg




25P1190333.jpg




26P1190328.jpg

木に巻きついているように見える黄葉。




27P1190331.jpg

水鏡に映る姿も麗しい~♪

朝一に訪れたため拝観者もまだ少なく、ゆっくりとこの素晴らしい紅葉を愛でることができました。
今現在の紅葉情報ではすでに「色あせ始め」と出ている所もあり、ギリギリ最後の見頃だったのかもしれません。
いやあ、ホント良いものを見せていただきました (^-^)


【撮影日:平成23年11月23日】



《メモ》
  洞光寺 【地図】
   兵庫県篠山市東本荘301
   TEL:079-552-3380(篠山観光案内所)
   拝観料 … 境内自由
   拝観時間… 9:00-17:00




スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<丹波・但馬路の紅葉(3)氷上・岩瀧寺 | BLOG TOP | 丹波・但馬路の紅葉(1)但東・安国禅寺>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback