四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

天得院の桔梗

00アップ03


  1. 京都・東山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
福井や白馬の方の記事を優先したため、さすがにちょっと今更…という感じになってしまいましたが、京都の花めぐりレポの在庫をちょこちょこアップして行こうと思います (^^ゞ




01入口

東福寺塔頭「天得院」の「桔梗を愛でる特別公開」。
今年も6月11日(金)~7月17(日)まで開催され、訪ねたのは福井行きの前日の7月10日。

東福寺にはもう何度も足を運んでいるのですが、天得院さんの前はいつも素通り(汗)。
よって、2007年7月に訪ねて以来( 当該記事はこちらをクリックのこと )3年ぶりの再訪になります。





03額縁風01



04引き02

緑のの上に青と白の花が彩りを添える野趣あふれる庭。
3年前に比べるとかなり花数が少なく、少々もの淋しく思われるところもありましたが、爽やかな花の色合いが蒸し暑い中にも目で涼を感じさせてくれます。





05団扇02

拝観受付の際にいただける団扇。
これで軽く煽ぎながら縁側でひたすらボーっと花や庭を眺めていられるひと時は何にも換え難い癒しの時ですね。





06引き01

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

数が少ないとは言っても、この辺りは結構密集して咲いていてそれなりに見応えがありました。





08引き05



09白青01

青と白、どちらがお好み?






10アップ01




11八重02

ノーマルの一重のものが多くを占めますが、中にはこんな八重咲きのものも。
ちょうど二つの花を互い違いに重ねたような形状で、大きさも一回り大きいように見えました。






12八重03




13花頭窓01

お馴染みの花頭窓越しに。
こちらは日陰になりやすいせいか、さらに花数が少ない印象でした。





14引き07裏




15桔梗引き22




16蝶04

曇りがちだった空から強い日が差し込むようになると、どこからともなく一羽の蝶が…。





17蝶02




18蝶01

しっかりがっつりとご賞味中(笑)。
桔梗の花の蜜ってどんなお味なんでしょうね (^^♪



ということで、実はこちらには7月10日以前に、妙心寺東林院の「沙羅の花を愛でる会」に参加した6月26日にも訪ねていたのですが、いずれも花の勢いとしては今一つといったところでした。これも昨年から続いた天候不良の影響でしょうか。

それでも、前回は花にばかり気をとられていて、あまり目に入っていなかったの美しさを改めて確認することができたのは収穫だったかもしれませんね (^-^)





19引き06




【撮影日:平成22年7月10日】



《メモ》
  東福寺 天得院 【地図】
   京都府京都市東山区本町15 東福寺山内
   TEL:075-561-5242
   拝観料… 300円
   拝観時間… 9:30-20:30(日没後ライトアップ)




スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用


<<三室戸寺の蓮 | BLOG TOP | 栂池自然園>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback