四季彩綴り

京の紅葉(13)龍安寺

00P1200936.jpg



  1. 衣笠
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
北野天満宮からお次は龍安寺へ。




01P1200964.jpg

山門前の紅葉も中々の色付き具合で…。





02P1200783.jpg

門をくぐって内側から見返すと内も外も燃ゆる紅葉でサンドイッチ状態。





03P1200785.jpg

鏡容池を望める場所ではやや散りが目立ちましたが、柔らかな苔の上に広がる散り紅葉も瑞々しく…




04P1200784.jpg





05P1200786.jpg

そして、池の向こう側は今が盛りと思しき紅葉っぷりで、水鏡に映る姿も麗しいばかりでした。





06P1200790.jpg

しかし、ここでも相変わらず、お日様が照ったり翳ったりとわずかの間にも変化が目まぐるしくて、その分、いろんな顔も拝めることができましたが…。




07P1200792.jpg




08P1200955.jpg





09P1200815.jpg

石庭のある方丈に続く龍安寺垣の辺りも紅葉真っ盛りで、緋色のトンネルを見上げながら上って行くのはまた格別。




10P1200812.jpg

ここは見上げるだけでなく、上から見下ろすのもいいですよ。





11P1200825.jpg





12P1200826-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ということで、お待ちかねの石庭。
こちらもまずまず見頃の時期に当たったようです。




13P1200832.jpg

手前はややオレンジがかった紅葉。





14P1200840.jpg

そして、奥側は深紅の紅葉。




14P1200843.jpg

二つの微妙に異なる色合いの取り合わせがまたいいですね。




15P1200845.jpg

方丈の紅葉は南側の石庭だけでなく、お隣の西側、そして裏手の北側にもあり、それぞれ違った趣きで楽しませてくれます。




16P1200852.jpg





18P1200878.jpg

また、方丈を後にしますと、最後にもう一度、先ほどの石庭にかかっていた紅葉を今度は油土塀の外側からも見ることができます。傍らには千両の実も…。




19P1200885.jpg

ということで、方丈石庭から離れ庭園を散策。
こちらも紅葉の並木道が続きます。





20P1200894.jpg

突き当たりのパゴダの所へ上がって行くと、北山台杉と紅葉のコラボを楽しめるゾーンが。





21P1200895.jpg





22P1200901-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

常緑の北山台杉の合間から紅葉が顔をのぞかせ、アーガイルのような模様に。




23P1200912-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

さて、再び紅葉と黄葉が入り混じる並木道に。




24P1200908.jpg

紅のみより適度に黄色も混じる方が、より紅が濃く感じられるような気がしますね。





25P1200918.jpg

そして、鏡容池畔に出ましたが、また日が翳ってしまいました。






26P1200921.jpg





27P1200928.jpg

ちらほら咲き始めていた木瓜の花。





28P1200933.jpg

で、そうこうしているうちに、また日が差し始めるという…。
この日は万事がこんな状態で、どうも落ち着きませんでしたが、こと紅葉に関しては今年一番のものに出会えたような気がします (~_~;)





30P1200943.jpg

最後に実をたわわにつける柿。
今年は不順な天候に秋の収穫もいろいろ影響を受けているようですが、柿については質はともかく中々豊作のようですよ。


【撮影日:平成23年12月5日】


《メモ》
  大雲山 龍安寺 【地図】
   京都市右京区龍安寺御陵下町13
   TEL:075-463-2216
   拝観料… 一般500円、小中学生300円
   拝観時間… 8:00-17:00(3/1-11/30)
           8:30-16:30(12/1-2/末)



スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<京の紅葉(14)清閑寺 | BLOG TOP | 京の紅葉(12)北野天満宮>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback