四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

雪の高野山(3)奥の院

00P1210656.jpg



  1. 和歌山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
もう鏡割りの時期というのに昨年の話で恐縮ですが(汗)、雪の高野山レポ最終回、奥の院の巻でございます。




01P1210657.jpg

奥の院のお参りは正式には一の橋からですが、毎度ショートカットで中の橋から(中の橋駐車場に車を停める都合上、どうしてもここからになってしまいます)。





02P1210659.jpg

参道脇に並ぶ燈籠の屋根にもこんもり雪が積んでいましたが、燈籠自体も白っぽいのであまり目立ちませんね。





03P1210662.jpg

パッと開けた視界の先にわずかながら青空が!





04P1210666.jpg

こちらのお地蔵様は雪がまるで襟巻のように纏わりついていて、これはちょっとあったかそう? (^_^;)





07P1210672.jpg

時折木々に積もった雪が風に飛ばされ、靄のような幻想的な雰囲気を醸し出します。





08P1210674.jpg

参道自体は雪かきされているので意外に積雪は少なかったですが、道の脇に並ぶお地蔵様は雪に埋もれてとても寒そう。




09P1210676.jpg

雪の中で風情が増す結城秀康の墓。
そう言えば、昨年の大河にも登場しましたが(秀忠のお兄ちゃん)、何かいつの間にかフェードアウトしていましたね。




10P1210677.jpg

豊臣家墓所への石段も雪に覆われて真っ白。
足を滑らせてひっくり返りでもしては困るので今回はスルー。





11P1210679-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、水かけ地蔵&観音様。
凍える寒さの中でも水を浴び続けられて…





12P1210690.jpg

こんなお姿に。
仏様も大変でいらっしゃいます (^_^;)






13P1210680-2L.jpg

ということで、御廟橋前から望む弘法大師御廟。
ここからは聖域につき脱帽かつ撮影禁止。
雪の白に浄化され、より厳粛さが増した感のある参道を進み、しっかりお参りして来ました。





15P1210698.jpg

お参りを済ませて復路、御供所辺り。





16P1210699.jpg

浅野内匠頭墓所。
そう言えば、お正月に録っておいた忠臣蔵のドラマ、まだ見てないなあ… (^_^;)




17P1210705.jpg

この日は結局最後までどうもスッキリとしないお天気でしたが、時折、高野杉の並木越しに日の光が漏れ出て、それが何とも言えず綺麗でした。




18P1210667.jpg

一段と雪深い英霊殿前。
帰りはここの橋を渡った向こう側を通ることに。




19P1210710.jpg

除雪されている所とそうでない所の段差が、積雪量の多さを物語っています。





20P1210715.jpg

木々の枝に積もる雪の量も半端ない。




21P1210716.jpg





22P1210717.jpg

またまたブリザードにでも見舞われたかのように一瞬目の前が真っ白に。
いったいどこの雪国?と思う風景ですよね。

この日は朝一に所用があり高野山に着いたのはお昼前でしたので、滞在時間はそう長くはありませんでしたが、予想以上に積雪が多く、十二分に雪景色を堪能することができました。


京阪神から決して近い距離ではありませんが、冬装備万全の車がなくても、南海電車とケーブルカーの乗り継ぎで簡単にアクセスできる立地ですので、「是非とも雪景色を!」と思われる方は一度トライされてみてはいかがでしょうか。


【撮影日:平成23年12月25日】






スポンサーサイト

テーマ:四季 ー冬ー - ジャンル:写真


<<初富士めぐり(1)清水~伊豆 | BLOG TOP | 雪の高野山(2)壇上伽藍>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback