四季彩綴り

  • 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08

京の雪景色(4)蓮華寺

00P1230137.jpg


  1. 八瀬
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
そろそろ梅が見頃になって来ている時期ですが、こちらではまだまだ雪景色を引き続きお届けして参ります (^_^;)

金閣寺でかなり雪が融け始めていたのを見て「これはもう…」と、次はお決まりのコースの大原へ向かうことに。

北大路駅から地下鉄で国際会館前まで行って大原行きのバスにと思ったのですが、あいにくと時間が上手く合わず(40分おきですので)、高野橋で京都駅発のバスを捕まえることに。




01P1230096.jpg

こちらは高野車庫前のバス停から見た高野川の雪景色
青空が広がる一方で、北の方では雲が張り出して来ていて、先行きに少し不安を覚えさせます。

で、やって来たバスに乗り込んでみるとこれが結構な混雑ぶりで、あまり途中で降りる気配もなく、このまま大原までずっと立ちっぱなしはしんどいな…と(汗)、ふっと思い立ち八瀬の手前で途中下車して、蓮華寺さんに寄ってみることにしたのでした (^^ゞ





02P1230097.jpg

紅葉の時期には毎年のように寄らせていただいておりますが(昨秋の様子はこちらを参照のこと)、真冬は初めて。
門前の様子ではもうかなり融けていそうだと思ったのですが…





03P1230098.jpg

中へ入ってみるとまだ何とかギリギリ大丈夫そうな雰囲気。





04P1230100.jpg





05P1230099.jpg





06P1230102.jpg

ともかく書院の中へ向かいます。







07P1230119-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

おお! しっかり雪化粧しているみたいですよ!





08P1230107-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

雪の額縁、これは素晴らしいですね。
拝観者も先客がお一人おられただけでしたので、心静かにこの風景を味わい尽くすことができました。





09P1230108.jpg





10P1230110.jpg

池の半分だけ凍っているのは日当たりの差でしょうか。





11P1230114.jpg





12P1230118.jpg

雪の白に映える万両(?)の赤い実。





13P1230121.jpg

さて、本堂の方へも行ってみましょう。




14P1230123.jpg

本堂の裏手もこのとおり。





15P1230124.jpg

急勾配の蓮華寺型灯篭の笠も雪に覆われています。





16P1230127.jpg

ただ、こちらの木の上の雪はかなり融け落ちてしまっており、もう少し早い時間帯に訪れたかったですね。





17P1230122.jpg

本堂前からの眺めもまたよろし。





18P1230133.jpg





20P1230135.jpg





19P1230134.jpg

雪に埋もれながら瞑想に耽る仏様方のお姿は凛としていて心が洗われるようでした。






21P1230147-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

帰り際にまた日が差して来ましたので、額縁でもう一枚。
スポットライトが当たると、また違った味わいが出ますね。

いやあ、途中下車して大正解でした。
満員のバスに当たったことにも感謝ですね (^_^;)





22P1230158-2.jpg

最後におまけで、こちらの舟石。
手前の雪を被った植木と万両も一続きで胴と頭のように見え、まるで寄り添い合う親子亀みたいだなと思い、ちょっとほのぼのとした気持ちになりました (^-^)

【撮影日:平成24年2月18日】


《メモ》
  蓮華寺 【地図】
   京都市左京区上高野八幡町1
   拝観料… 高校生以上400円、抹茶・菓子400円
   拝観時間…9:00-17:00





スポンサーサイト

テーマ:雪景色 - ジャンル:写真


<<『カーネーション』セット公開 | BLOG TOP | 大阪城梅林 ふたたび…>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback