四季彩綴り

なばなの里ライトアップ

00DSC03900.jpg


  1. 東海
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
三重県津市の結城神社からお次はなばなの里へ。




01P1140669.jpg

お目当てはもちろん恒例のウィンターイルミネーションでしたが、その前に夕暮れ時の梅林へ。





02DSC03769.jpg

昼間のすっきり晴れた青空から今にも降り出しそうな怪しい雲行きに移り変わり、実際の時刻以上に暗い感じになってしまい、例年ですと「残念!」というところでしたが、今シーズンからこのエリアもライトアップが行われますので一安心 (^^ゞ





03DSC03775.jpg





04DSC03779.jpg





05DSC03786-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

日が落ちるにつれ、ライトの効果で浮かび上がって来る枝垂れ梅の優美な姿。





06P1140697.jpg

ざっと一回りして、ひとまずイルミネーション会場へ移動します。





08P1140716.jpg

もう一つ楽しみにしていた河津桜はまだ咲き始めたばかりで期待どおりには行きませんでしたが…。




09DSC03796.jpg

枝垂れではない普通の白梅&紅梅も満開で、こちらもライトアップされていましたが、この時はとても風が強かったもので写真がブレブレ。




10DSC03794.jpg

しかし、桜のライトアップは方々で行われていますが、梅のライトアップというのはちょっと珍しいですよね。





11P1140724.jpg

おなじみの光のトンネル。
これは毎年変わりませんね。





12P1140743.jpg

そして、メイン会場の今年のテーマは「日本の四季」
岩手県雫石の一本桜をモデルに、日本の四季の情景を描き出して行きます。





13DSC03803-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

桜咲き舞い散る春(左)、眩いばかりの緑の夏(右)





14DSC03824-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

紅葉が映える秋(左)、雪景色の冬(右)





15DSC03843.jpg

そして、希望の虹。
鮮やかに移り変わるイルミネーションはLEDならではですね。ただし、1クール7分ぐらいかかるので、人が動かなくて(一通り全部見ようとして)中々前に進めないのが難点。押し合いへし合いで揉みくちゃになりながらでしたが、それでも通しで見ると本当に感動的でした。





16DSC03870.jpg

帰りのトンネルは七色に変化する「宝石箱」。
とてもやわらかな優しい光でした。
あとその他のイルミネーションは…




17P1140751.jpg





18DSC03909-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

青い光の雲海。
ロマンチックですよね。


ということで、とっぷり暮れたところでもう一度梅林へ。



19DSC03885.jpg

漆黒の闇に浮かぶ紅しだれ梅の妖艶さ。





20DSC03878.jpg

薄暮の頃よりもくっきりと浮かび上がり、存在感も増したよう。





21DSC03888.jpg





22P1140764.jpg





23DSC03891-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

梅とUFOならぬアイランド富士(展望遊具)。





24DSC03899-1s.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

初めての梅のライトアップでしたが、ボリュームのある枝垂れ梅ということもあり、桜以上の美しさとインパクト! これは一見の価値があります。

ただ、今年のウィンターイルミネーションは残念ながら本日4月1日が最終日で、梅林の方も散りが進み終了が近い気配。もっと早くにアップできれば良かったのですが、これで好奇心を刺激された方は来シーズンにご期待下さいませ。

【撮影日:平成24年3月1日】


《メモ》
  なばなの里 【地図】
   三重県桑名市長島町駒江漆畑270
   TEL :0594-41-0787(受付時間:平日9:00-17:00)



スポンサーサイト

テーマ:夜景・夕景 - ジャンル:写真


<<桜開花! | BLOG TOP | モクレン咲く!>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback