四季彩綴り

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

京の桜めぐり(1)車折神社・長徳寺

00P1230794-2.jpg



  1. 嵐山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
4月に入って最初の日曜日。
平年であれば早咲きの枝垂れ桜が満開になっている時期ですが、今年はまだようやく開花の報が漏れ聞こえ出したところで、出掛けて行くかどうするか少し迷ったのですが、テレビのニュースか何かで情報を仕入れたらしい家人が「長岡京へ朝掘り筍を買いに行こう!」と言い出しため、ならばとついでに超早咲き桜と遅咲き梅のスポットを回って来ることに。


とりあえず長岡京で本命の筍をゲットした後(写真はありませんが昨晩美味しくいただきました)、向かったのは嵐山に近い車折神社。

高倉天皇に仕えた平安時代末期の学者・清原頼業を祀る神社で、その昔、ある貴人が牛車に乗ったまま社前を通ろうとしたところ、たちまち車が裂けてしまったため、車折(くるまざき)神社と呼ばれるようになったと言います。




01P1230818.jpg





02P1230817.jpg

表参道に咲いていた桜。
花の種類はよくわかりませんのでノーキャプション (^_^;)

この日は雨がパラついたり、かと思うと急に晴れ間が現れたり移り気な空模様でしたが、ちょうど上手い具合にバックに青空が。





03P1230796.jpg




04P1230793.jpg

こちらは中門前。
青空の下、愛らしい花が笑いかけて来るよう (^-^)





05P1230794.jpg





06P1230798.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)
画家の冨田溪仙が奉納したというその名も「溪仙桜」。





07P1230801.jpg

こうして見るとホント格好のお花見日和のようですよね (^_^;)




08P1230810-2.jpg

枝垂れ梅は終焉間近。
はらはらと散り落ちる様がいとあわれなるかな。





09P1000530.jpg

ところで、昨今は各種メディアで「パワースポット」として取り上げられることの多い車折神社ですが、その元になっているのが境内社のこちら「清めの社」。

この社によって境内全域に「悪運・悪因縁の浄化」「厄災消除」のご神力が満ち溢れ、厄除け・八方除け、あるいは悪縁切りなどにもご利益があるとされています。




11P1230815.jpg

そして、もう一つ有名な境内社が芸能神社。
芸能の神様アメノウズメを祀ることから、芸能・芸術の分野で活動するアーティストの強い崇敬を受けている神社です。





12P1000539.jpg




13P1000549.jpg

神社を取り囲む朱塗りの玉垣には各界の著名人の名があって、一つ一つチェックして行くと楽しいですよ。





14P1230792.jpg

駐車場近くにある河津桜。





15P1000548.jpg

可愛いピンク色の花がいかにも春らしい~♪
しかし、本来は2月半ば頃から咲き始めるものが、4月頭でまだ満開という…。今年の異常さを物語っていますね。




16P1000529.jpg

その脇には椿も咲いていました。





17P1230823.jpg

そして、最後に鳥居前に咲く寒緋桜。




18P1230824-2.jpg

実際にはまだほとんど蕾の状態でしたが、鮮やかな濃いピンク色は思わず目を惹く艶やかさでした。


ということで、一足早い桜を愛でることができた車折神社を後にして、お次は京都市街地へ入り出町柳へ。




21P1230841.jpg

「おかめ桜」の名で親しまれる長徳寺の桜。




22P1230830.jpg

寒彼桜と豆桜を交配した栽培品種だそうで、かなり小ぶりの花ですが、濃いピンク色が愛らしく、日本の美女の代名詞(?)になぞらえ「オカメ桜」と命名されたとか。




23P1230846.jpg





25P1230845-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)
平年の見頃は3月中旬~下旬ですが、こちらも御多分に漏れず開花が遅れたようです。
ただ、訪ねたこの日はもう盛りは過ぎていて、散りも目立ち始めていましたが。




24P1230851.jpg

この桜は萼の部分も綺麗なピンク色なので、散りが進むごとに全体的に色が濃く見えるようになりますね。




26P1230837.jpg

また、気まぐれに青空が。




27P1230838.jpg





28P1230854.jpg

門前にたった一本あるだけですが、通りすがりにカメラを向ける人は後を絶たず、それはもう大変な人気でした (^^ゞ

しかし、この日咲いていた桜は本日吹き荒れた春の嵐によってみんな散ってしまったかもしれませんね。まさに台風並みの凄まじい風でしたから。そればかりか、ようやく咲き始めて来た他の桜にも悪影響がなければよいのですが… (~_~;)

【撮影日:平成24年4月1日】


《メモ》
  車折神社 【地図】
   京都市右京区嵯峨朝日町23
   TEL:075-861-0039
   社務所受付時間… 8:30-17:30

  長徳寺 【地図】
   京都市左京区田中下柳町34-1
   TEL:075-781-3080





スポンサーサイト

テーマ:桜や紅葉の名所・観光地情報 - ジャンル:旅行


<<隨心院の梅園 | BLOG TOP | 桜開花!>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback