四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

京の桜めぐり(3)京都御苑-出水の桜

00P1240027.jpg


  1. 京都御苑
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
さて、祇園白川からバスで京都御苑へ移動(知恩院前より202系統で烏丸丸太町下車)。
いつもはこちらを朝駆け1番目に設定するのですが、今回は折しも開催中だった御所の一般公開ものぞいてみようという目論見があったため、時間調整の意味もあり2番目に持って来ました。




01P1000705.jpg

御苑内に入って最初に出迎えてくれたのがこちらの白木蓮。




02P1000707.jpg

ここだけ見ると素晴らしく満開のようですが、花がついているのは木の上の方だけで、先日の大暴風で散ってしまったものか、下の方は全くありませんでした。





03P1230970.jpg

まずは境内社の宗像神社へ。




04P1230972.jpg

満開の桜のピンクとレンギョウの黄色が織りなす春爛漫の色模様。




05P1230982.jpg





06P1230979-2.jpg





07P1230980.jpg

濃いピンク色のこれも桜かな?





08P1000709.jpg

御所の先代の左近の桜に当たるという木はまだ蕾でした。
今頃はそろそろ咲き始めている頃でしょうか。





09P1230994.jpg

宗像神社の前にあった雪柳。
小さな白い花が寄せ集まった姿が、あたかも雪が積もったように見えます。

ということで、いよいよ真打ちの登場!



10P1240007.jpg

出水の小川の糸桜。





11P1240001.jpg

普通の桜より小ぶりの花が可憐にして繊細。
この時は日が陰っていて残念に思っていたのですが





12P1240021.jpg

しばらくすると青空が顔をのぞかせて





13P1240026.jpg

見る間に春の日差しをいっぱいに受けて輝き出しました。





14P1240025.jpg

同じ花でも日を浴びると急に活力いっぱいに見えて来るのですから不思議なものです。





15P1240027-2.jpg

ホントほれぼれするような勇姿(?)を今年も見られて良かったです (^-^)




16P1000714.jpg

一方、桜の登場ですっかり影が薄くなった梅ですが、まだまだ健気に咲いていました。




17P1240032.jpg

そして、糸桜と同じ頃に花期を迎える桃林もようやく咲き揃って来ました。




18P1240039.jpg





19P1240044-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

こうして見ると、まさに桃源郷のようですよね。





20P1240205.jpg

折よく青空が出ていますが、この日はとにかくコロコロ目まぐるしく移り変わるお天気で、これは偶々タイミングが良かっただけなんですよね (-_-;)

【撮影日:平成24年4月7日】





スポンサーサイト

テーマ:桜や紅葉の名所・観光地情報 - ジャンル:旅行


<<京の桜めぐり(4)京都御所一般公開 | BLOG TOP | 京の桜めぐり(2)祇園白川>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。