四季彩綴り

京の桜めぐり(15)京都御苑、ふたたび…

00P1250300.jpg
(2012年4月15日撮影)


  1. 京都御苑
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
京都御苑の桜と言えば、早咲きの糸桜を目当てに毎年率先して訪ねているものの、それを過ぎるとほぼスルーというのがお定まりですが、今年は珍しく4月半ばに立ち寄ることに。これが結構大当たりでいろいろな桜に出会うことができました。




01P1250338.jpg

まずは宜秋門前にある御車返しの桜。




02P1250334.jpg





03P1250333.jpg

八重と一重が混在して咲くちょっと風変わりな桜で、後水尾天皇がそのあまりの美しさに、思わず御車を引き返させてご覧になった…というのも納得の咲きっぷりでした。





04P1250271.jpg

全体としては葉桜も目に付くものの、中には満開の木も何本もありました。





05P1250272.jpg





06P1250328.jpg





07P1250331.jpg





08P1250323.jpg





09P1250273.jpg

桜のお隣ではもみじの新緑も芽吹き始めていて、このクシュクシュとした若葉が何とも可愛らしい。






10P1250322.jpg

さて、御苑内屈指の桜名所・近衛邸跡付近はと言えば…





11P1250280.jpg

八重の紅しだれ桜がちょうど見頃に。





12P1250282.jpg





13P1250284-2.jpg

糸桜の咲き残っているものと合わせてみると、紅と白の取り合わせがまた美しい。





14P1250305.jpg

この2週間前には満開だった近衛池にかかる糸桜はさすがにもうほとんど葉桜に。





15P1250308.jpg

こちらもまだいくらか咲き残っているものの、ピーク時の勢いは望めません。





16P1250291.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そんな中でひと際強い存在感を示していたのがこちらの八重紅しだれ。
春の王に替り、女王様降臨!…といった風情ですね。





17P1250294.jpg





18P1250296.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

折よくバックに青空が広がり、艶やかなることこの上なし!
これほどの桜がまだあったとは…、京都御苑恐るべし!




19P1250299.jpg





20P1250303.jpg

欲を言えばもう2~3日前なら、糸桜と紅しだれのコラボがもう少し絵になったのでは…との思いもありますが、それは来年にまた期待しましょう。とりあえず、この時期の御苑の桜も素晴らしいことがわかっただけでも大収穫でしたから (^_^;)

【撮影日:平成24年4月15日】






スポンサーサイト

テーマ:桜や紅葉の名所・観光地情報 - ジャンル:旅行


<<京の桜めぐり(16)大原野 | BLOG TOP | 京の桜めぐり(14)平安神宮>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback