四季彩綴り

金環日食

00P1260842-3.jpg



  1. 大阪
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
世紀の天体ショー「金環日食」。
昨日の天気予報を見る限りはどうもムリそうな気配が芬々でしたが、朝起きてベランダに出ると燦々とお日様の光が降り注いでいるではありませんか。




01P1260822.jpg

大慌てで一眼カメラで撮った一発目の写真がコレ。
オートフォーカスのままだったのでピントが合わずボケボケですが(汗)、欠け始めていることはしっかりわかりました。




02P1260826.jpg

その後、マニュアルで無限大固定して、時間を置いて何枚か撮影。
どんどんお日様が欠けて行きますが、それと同時に薄雲がベールのようにかかり始めて…。





03P1260837.jpg





04P1260839.jpg





05P1260841.jpg

決定的瞬間が見えのるかどうか、正直これは微妙なように思いましたが、ラッキーなことにスポッと雲の切れ間が現れました。





06P1260842-1.jpg

本当にこの空間に良くぞ収まってくれた!






06P1260842-2.jpg

大阪では綺麗な同心円にはなりませんでしたが、無事、金環状態を見ることができました。






07P1260843.jpg

金環終了でまた雲が…。
全くあの瞬間だけ雲が晴れてくれたみたいで、後から余計にじわじわと感動が高まって来ました。






08P1260846.jpg






09P1260848.jpg






10P1260851.jpg






11P1260853.jpg

月の色合いや明るさ、背景の暗さが異なるのは、お日様の明るさでシャッタースピードを変えたりしているためで(明るければ暗くなるように、暗ければ明るくなるように)、実際の明るさを反映しているものではありませんのであしからず。

次回の日本での金環日食は2030年に北海道で見られるとのことですが、恐らく個人的には今回のが今生で見られる最初で最後の金環日食になるでしょうね (^_^;)

【撮影日:平成24年5月22日】






スポンサーサイト

テーマ:金環食・皆既食 - ジャンル:学問・文化・芸術


<<晩春の高野山(1)金剛峯寺 | BLOG TOP | 三千院のシャクナゲ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback