四季彩綴り

浜離宮恩賜庭園

01浜離宮01


  1. 関東
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4

 
今回の東京行きでは車窓やビルの展望室など室内からの観光が大半でしたが(そういうのを観光と言っていいのか?)、唯一、屋外を自分の足で歩いて散策したのが新橋汐留地区にある浜離宮庭園でした (^^ゞ




02浜離宮02

庭園に一歩足を踏み入れると、手入れの行き届いた松や芝生が織り成す緑豊かな日本庭園の先に、威容を誇る高層ビル群が林立する何ともシュールな風景が。




00浜離宮03



04浜離宮04

二つの世界の質感が違い過ぎて「合成か?」と思うほどでした (~_~;)



それはさておき、浜離宮の正式名称は「東京都立浜離宮恩賜庭園」。

この辺りは江戸時代初期には一面の芦原で将軍家の鷹狩の場になっていましたが、やがて徳川四代将軍家綱の弟で甲府藩主の松平綱重が当地を拝領し、海を埋め立てて甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を造営。その後、綱重の子・綱豊が6代将軍(家宣)になったのを契機に大規模な改修が施されて将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改称されました。

以来、歴代将軍によって改修工事が重ねられ、11代将軍家斉の時にほぼ現在の姿の庭園が完成。明治維新の後は皇室の離宮となり、名前も浜離宮と改められましたが、関東大震災や戦災を経て昭和20年に東京都に下賜され、翌21年より有料公開されるようになったと言います。




05浜離宮06百日紅

松の濃い緑の傍らで、夏の花・百日紅も花盛り。





06浜離宮05池

曇り空で幾分暑さはマシだったとはいえ、水際の風景にはやはりホッと癒されものがあります。





07浜離宮08槿

白に紅が映えるムクゲ(木槿)の花。





08浜離宮07おみなえし

黄色のオミナエシ(女郎花)と白の百日紅のツーショット。






10浜離宮09

東端にある「新樋の口山」に登ればレインボーブリッジも望むことができます。





11浜離宮11レインボーブリッジ

これで青空が広がってくれていれば言うことなしだったのですけどね (-_-;)





12浜離宮12東京タワー

同じ新樋の口山から西側を見れば東京タワーの姿も。




そして、この日の一番のお目当てだったのはこちら!




13浜離宮14コスモス

お花畑を埋め尽くす「キバナコスモス(黄花コスモス)」。
暑さに強い品種で早ければ6月頃から花をつけ、オオハルシャギク(大春車菊)と呼ばれる一般的なコスモスに先んじて夏場に見頃を迎えます。




14浜離宮17コスモス



15浜離宮16コスモス蝶

花に誘われ多くの蝶が飛び交っていましたが、あまりに動きが素早くて中々上手くキャッチできません。





16浜離宮15コスモス蝶

それでも下手な鉄砲も数打ちゃ当たる!
何とか見られる絵もゲットできました (^-^)/






17浜離宮20コスモス

今が盛りのキバナコスモスと散策路を挟んで向かい側には、まだ咲き始めたばかりの普通のコスモスもちらほらと…。





18浜離宮18コスモス



19浜離宮19コスモス

この花を追いかける時節の到来も間もなくでしょうか。






20浜離宮21三百年松

こちらは大手門橋側の出入り口近くにある「三百年の松」。
六代将軍家宣が庭園を大改修した際に植えられたという松で、それは素晴らしい枝ぶりでしたが、あまりにワイド過ぎて画面にとても収まりきりませんでした (^^;)





ということで、ひとりしり散策を楽しんだ後は、あの異空間(?)を構成するビル群の一つに昇ってみることに。




21カレッタ06外観

業界最大手の某広告代理店本社ビルに付属の商業施設「カレッタ汐留」。
上層階の46-47Fにスカイレストランがありますが、46Fの一角にはフリーの展望スペースもあります。





22カレッタ01築地方面

独特のフォルムの築地市場も上空から眺めると一目瞭然。





23カレッタ02浜離宮方面

浜離宮もこうして上から俯瞰すると立地条件がよくわかります。

と、ここに来て重大事(?)発覚!
浜離宮庭園の肝心要「潮入の池」を見ていなかったことに気づいたのでした (~_~;)

園内マップもよくチェックしないまま適当に歩いていたもので、どうやら左側半分しか回っていなかったようです。距離にすると結構あったように思うのですが、それだけここの敷地が広大だということでしょうね。






24カレッタ05浜離宮方面

あんなに色鮮やかに見えたキバナコスモスも上から見ると葉っぱの緑が勝ってくすんだ色に。






25カレッタ03お台場方面



26カレッタ04お台場方面

レインボーブリッジにお台場のビル群。
ここからの夜景も素晴らしいようですよ~♪




ということで、とんだ見逃し発覚で消化不良気味となってしまった浜離宮訪問でしたが、まあ、再訪する楽しみが増えたとして、次の機会を待ちたいと思います。

今度はもう少しフットワークのきく気候の良い時季に!
そして、青空の下での散策を実現させたいものと… (^_^;)



【撮影日:平成22年8月13日】



《メモ》
  浜離宮恩賜庭園
   東京都中央区浜離宮庭園1-1  【地図】
   TEL:03-3541-0200
   拝観料… 一般300円、65歳以上150円、小学生以下無料
   拝観時間… 9:00-17:00(入園は16:30まで)

  カレッタ汐留(46F展望スペース)
   東京都港区東新橋1-8-2  【地図】
   TEL:03-6218-2100
   営業時間… 11:00-23:00(テナントの営業時間に準ずる)



スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用


<<霧の箱根神社 | BLOG TOP | 廬山寺の桔梗>>

comment

  1. 2010/08/22(日) 22:41:20 |
  2. URL |
  3. 手鞠
  4. [ 編集 ]
sanraku2 さん、こんばんは~♪
浜離宮のキバナコスモスは浅草からの水上バスのルートを探っている時にHPで知りまして、結局、水上バスは今回は見送りになりましたが、せっかくなので浜離宮のみ直で訪ねてみました (^-^)

美しい松や芝生の緑一色の庭園も素晴らしいと思いますが、こういうお花畑も見られるとちょっとお徳感がありますよね。春には菜の花畑にもなるようですし、また別の季節にも再訪できたらと思っています。

  1. 2010/08/22(日) 01:09:18 |
  2. URL |
  3. sanraku2
  4. [ 編集 ]
夏場の庭園は緑一色というイメージしかなかったので、まさか浜離宮にこんなに花が咲いているとは・・・来夏、訪ねてみようと思います。

  1. 2010/08/22(日) 00:40:38 |
  2. URL |
  3. 手鞠
  4. [ 編集 ]
Natsuさん、こんばんは~♪
あの蝶は本当に偶然の産物で…、上手く写ってくれていて良かったです (^^ゞ

キバナコスモスはぱっと見には背の高いマリーゴールド、はたまた小ぶりのポピーという感じもしますし、早咲きの種類のコスモスと知ったのは私も昨年とか、わりと最近のことです (^^;

都心のオアシス、本当にそうですね。
こういう場所が東京にはまだいくつもあるというのがまた凄いですよね。中々おいそれとは上京できませんが、次の機会にはまた別の所も訪ねてみたいなと思っています (^-^)/

  1. 2010/08/20(金) 23:49:01 |
  2. URL |
  3. Natsu
  4. [ 編集 ]
手鞠さん、こんばんは。
キバナコスモスにとまる蝶、とてもきれいですね!実は近所でこの花を見かけてはいたのですが、「コスモスみたいだけど今はまだ夏だし…」と不思議に思っていたのです。花の名前がわかってスッキリしました(^^)
それにしても、こんな高層ビル群の中にきれいな庭園があるって不思議な感じがしますね。都心のオアシス、といったところでしょうか。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback