四季彩綴り

平安神宮の花菖蒲&睡蓮

00P1280645.jpg



  1. 平安神宮
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
平安神宮のオン・シーズンの1番手が桜の4月とすれば、2番手は花菖蒲の咲く6月でしょうか。
この時期はもう毎年のように訪ねておりますので、ざっくりと写真をアップしておきますね。




01P1280605.jpg

春の桜の時期には大変賑わった南神苑では青葉と夏萩




02P1280604.jpg





03P1280602.jpg

そして、冬葵。






04P1280607.jpg

花菖蒲がメインの西神苑。
今年も綺麗に咲きました!




05P1280608.jpg





06P1280637.jpg





07P1280644.jpg

とはいえ、この前日に 大阪の城北菖蒲園 を訪ねたばかりでしたので、どうもテンションが上がらず(もうお腹いっぱいな状態で)、あまり写真は撮っていませんでした (^^ゞ





08P1280643.jpg

盛りは過ぎていましたがサツキと花菖蒲のコラボ。





09P1280652-2.jpg

カモちゃんも美しい風景に見蕩れているようです (^^ゞ





10P1280634.jpg





12P1280622-1S.jpg

こちらには睡蓮もありますが、ちょっと遠いのが難点。




13P1280624.jpg





14P1280623.jpg





15P1280633.jpg

黄色い河骨の花も。





17P1280673.jpg

続いて中神苑へ。
こちらも睡蓮三昧。





18P1280662.jpg





19P1280658.jpg





20P1280675.jpg

しかし、運悪く大きな団体とかち合ってしまい、決して広くはない散策路は大渋滞。写り込みを避けようとして中途半端にズームするものですから、結果、どこの風景かわからないような絵ばかりになってしまったのは残念でした。





21P1280666.jpg





22P1280664.jpg





23P1280668.jpg

紫陽花は数自体は少ないですが、ポイントポイントでアクセントになっていますね。





24P1280679.jpg

ということで、ラストの東神苑。




25P1280682.jpg





26P1280692.jpg

ここでも花に見蕩れるカモちゃんが。
平安神宮では審美眼のある鴨が多いようです(笑)。





27P1280694.jpg

泰平閣の傍らにも紫陽花が。
まだ色付きは浅かったですが…。





28P1280699.jpg

反対側から見ると手前のサツキと共に水面に映り込む姿が綺麗でした。





29P1280703-1S.jpg

栖鳳池には鴨や鯉・亀などもいますので、どうしても波打って鏡のような写り込みとは行きませんが、それでも思わず目が行く華がありますね。





30P1280705.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

最後にサツキ越しに泰平閣を。
だいたい毎年花菖蒲に合わせて訪ねているので、そう大きな差はありませんが、サツキは結構咲き残っていた方でした。見頃に合わせようとするともう1週早く、でも、その頃はまだ花菖蒲が淋しい…で、中々折り合いの難しいところですね。

【撮影日:平成24年6月10日】


《メモ》
  平安神宮・神苑 【地図】
   京都市左京区岡崎西天王町97
   TEL:075-761-0221
   入苑料:一般600円、小人300円
   拝観受付時間… 8:30-17:00(夏季は17:30、冬季は16:30まで)




スポンサーサイト

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真


<<花三昧の法金剛院 | BLOG TOP | 詩仙堂のサツキ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback