四季彩綴り

花三昧の法金剛院

01P1010601-2.jpg


  1. 花園
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

 
この季節になると足を向けたくなる花園の法金剛院。
17日の日曜日、平清盛展に行く前に朝一でこちらにも寄ってみました。




02P1280802.jpg

6月半ば頃のこちらの境内は、花のない場所などない!というほどに花で満ち溢れています。





03P1280807.jpg

まずは中門の脇にある沙羅の木。





04P1010603.jpg

今年は少し遅れ気味なのか、木の上で咲いている花はまだほんのわずか。





05P1280811.jpg

前夜の激しい雨でみんな散ってしまったのかと思いきや、足許の落花もあまり多くはありませんでしたので、まだまだこれからなのでしょうね。





06P1010599.jpg

とはいえ、深い緑の苔の上に白い花というのは良い取り合わせですよね。





07P1010592.jpg

また、同じ頃に見頃を迎えるのが菩提樹の花。
こちらはあっという間に見頃が過ぎてしまうので、タイミングが難しいのですが、今年もお目にかかることができました (^-^)





08P1280805.jpg





09P1280816-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

さて、境内に入りますとまず目に付くのがずらりと並んだ蓮鉢。
時期的にさすがにまだ早いだろうと思っていましたが…





10P1280829.jpg

何と! 一輪だけですがもう咲いていました!





11P1280834.jpg





12P1280836.jpg

名札には「桜蓮」と。
今年最初に見る一番花は桜のようなほのかなピンク色が愛らしい蓮でした。





13P1280913.jpg




14P1280817-1S.jpg

他にもいくつか蕾の上がっているものがありましたので、今年は少しペースが速いのかもしれませんね。

それはさておき、今が旬の花の話題に戻りましょう。





15P1280876.jpg

まずは花菖蒲。





16P1280846.jpg





17P1280926.jpg





18P1280824.jpg

数で圧倒的に多いのが紫陽花。





19P1280863.jpg





20P1280869-2.jpg

全体的にまだ色付きが薄いようで、こちらもこれからですね。





21P1280866.jpg





22P1280857.jpg





23P1280850.jpg

でも、時折ハッとするほど色鮮やかなものに出会うことも。





24P1280927.jpg





25P1280875.jpg

こちらは違う意味でハッとさせられた(汗)花びらの上にいるのはクモ?





26P1010610.jpg

トンボも早々とお出ましで…。
どちらかと言えば蓮とのツーショットの方が定番ですけど。





27P1280853.jpg

釣鐘型の花がたわわについている蛍袋。






28P1280840.jpg

池の蓮はまだまだですね。
鉢のものよりはいつも遅れて、だいたい7月終わりから8月初めにかけてが花期になりますでしょうか。





29P1280881.jpg





30P1280839.jpg

ということで、今回も動画を撮って来ましたので、ついでにアップしておきますね。






そうそう、これから季節のお寺めぐりには虫除けの用意をお忘れなく!
この日はうっかり忘れていたもので、しっかり蚊の餌食にされてしまいました (^_^;)

【撮影日:平成24年6月17日】


《メモ》
  法金剛院 【地図】
   京都市右京区花園扇野町49
   拝観料… 一般500円
   拝観時間…9:00-16:00

※2012年の早朝観蓮会は7/14(土)~8/5(日)の予定




スポンサーサイト

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行


<<観音寺の紫陽花 | BLOG TOP | 平安神宮の花菖蒲&睡蓮>>

comment

  1. 2012/06/24(日) 18:53:55 |
  2. URL |
  3. 手鞠
  4. [ 編集 ]
鍵コメ様、書き込みありがとうございます。

今週は行けなかったのですが、法金剛院の沙羅は当初の見込みではこの週末辺りが見頃じゃないか思っていました。でも、先週の台風襲来とその後の大雨の影響がどうだったか、ちょっと気掛かりです。

あと、本ブログの方に書いた清盛展の件ですが、例示したのは全て今回の京都開催には展示されず、見られなかったものばかりです。「あれば良かったのに!」という愚痴でございました (^_^;)

今年の大河ドラマは非常に見る人を選ぶ作品になってしまっていますので、離脱もいたし方ないと思いますし、また何か興味を惹かれるものがあればチャンネルを合わせてみるのもいいでしょう。テレビの良いところは見るも見ないも自由、何ら強制されるものではないということですから (^-^)

ただ、まあ、もし万一また視聴意欲が復活してその時になってどツボに嵌りでもしてしまった場合の保険として、録画機器の容量に余裕があるようでしたら(またはDVD-RWなど後から消去して再利用可能な媒体に一時退避)、とりあえず最低の画質ででも録画だけしておいて、後からまとめて削除されるのも一つの手ではないかと…。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2012/06/24(日) 10:08:56 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback