四季彩綴り

  • 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08

京の蓮寺めぐり

00P1290741.jpg



  1. 京都全般
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

 
京都の蓮の寺といえば、まず宇治の三室戸寺や花園の法金剛院を思い浮かべますが、今回はちょっとこじんまりとした「知る人ぞ知る!」四寺をさらっと回って来ました。先週末の話ですのでまだまだ花数の少ない寂しい状態でしたが、この週末辺りはそろそろ良い塩梅になっているのではという期待も込めまして… (^^ゞ




■大蓮寺

01P1290561.jpg

平安神宮の南西、東山二条から少し入った所にあるお寺で、後光明天皇が夫人の安産祈願をこちらに命じたことから、通称「安産祈願の寺」として知られています。





02P1290599.jpg

本堂前にはずらりと蓮鉢が並び、ぽつぽつと花を咲かせていました。





04P1290573.jpg





05P1290565.jpg

あいにくの雨模様で薄暗い中でも、まるで自身で光を発しているかのように眩い蓮華の神々しさ。




06P1290572-2.jpg

こちらは開き切る前に大雨に打たれてへちゃげてしまったのでしょうね。





07P1290593.jpg

これから咲こうしていたこの花は大丈夫だったかしら?





08P1290592.jpg

咲き始めといっても、中には既に生を全うした落花も…。





10P1290602.jpg

いくつも蕾は上がっていましたが、皆少しずつふくらみ具合が違い、時間差で次々に花を開かせて行くのが蓮という花。より多くの花にめぐり会えるタイミングにピッタリ合わせるのは難しく、ある程度は運任せですね。





■東寺

11P1290703.jpg

国宝の五重塔でお馴染みの東寺。
2009年 に一度訪ねたことがあったのを思い出して、天得院さんの桔梗 を愛でた後に回ってみたのですが、圧倒的に葉が少なくて非常に淋しい状態に。検索をかけてみたところ、昨年はまだ結構わんさかと生い茂っていたようですし、いったいどうしてしまったのでしょう。境内のあちこちで行われている修復工事の影響でしょうか。





12P1290707.jpg

とりあえず蕾を探してみると





13P1290706.jpg

ようやく一つ見つけました。
でも、背丈がだいぶん低い…。





14P1290709.jpg

そして、帰り際に大きな葉の影で人知れず咲く花を見っけ!





15P1290710.jpg

しかし、これも背丈が低くて完全に葉っぱに埋没状態。
今年の東寺の蓮はどうも期待薄のようです。





■立本寺

16P1290714.jpg

北野天満宮の南東に近くにある立本寺。
こちらも 2009年 以来の再訪です。




17P1290715.jpg

大蓮寺同様、本堂前にずらりと蓮鉢が並んでいますが、こちらもまだ咲いていた花は少なし。




18P1290716.jpg





19P1290717-2.jpg

もうじき散り落ちようとしている花。




20P1290720.jpg

咲き始めの初々しい花。




21P1290728.jpg





22P1290723.jpg

そして、八重咲きの花にも出会えました。
幾重にも花びらが折り重なっていて、こうして見るとやはりゴージャスですよね。




24P1290744.jpg

でも、こんな小ぶりも花も愛らしい…。

こちらでも蕾は沢山上がっていましたので、あとはタイミング次第。
上手く合えば数多くの種類の花を見ることができますよ。




■相国寺

26P1290745.jpg

一週前に訪ねたばかりの相国寺も再訪してみましたが、前週 より花が減っている?




27P1290762.jpg

横倒しになりそうにながらも懸命に茎をもたげて咲こうとしている花。
この後無事に満開に至ったのか…。





29P1290750.jpg

今回はどうも写真に撮りやすい手前側に花が少なかったですね。




30P1290760.jpg





31P1290751.jpg

これも花が傾いた状態で満開を過ぎ、散り初めていますね。




32P1290759.jpg

清楚な白い蓮の花。




33P1290754-2.jpg

この花びらの流れに何となく心惹かれました (^-^)


ということで、まだ見頃に早いフライング状態で四寺をめぐって来ましたが、このいずれもが拝観料は不要。お財布に優しい花めぐりスポットといえますが、あくまでもお寺さんですので、どうぞマナー違反のないよう、静かに美しい花を愛でられますように。

【撮影日:平成24年7月7日】


《メモ》
  大蓮寺 【地図】
   京都市左京区東山二条西入1筋目下ル457
   TEL:075-771-0944

  東寺 【地図】
   京都市南区九条町1
   TEL:075-691-3325
   午前5時開門(拝観時間前でも蓮池は見学可)

  立本寺 【地図】
   京都市上京区七本松通仁和寺街道上る1番町107
   TEL:075-461-6516

  相国寺 【地図】
   京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
   TEL:075-231-0301




スポンサーサイト

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行


<<夏の北信越の旅(1)-南条花はす公園 | BLOG TOP | 初夏の大原散策>>

comment

  1. 2012/07/17(火) 19:40:38 |
  2. URL |
  3. 手鞠
  4. [ 編集 ]
ともp様、こんばんは~♪
返信が遅くなってすみません。

連休は予想通り雨にたたられましたが、それでもまあ、いろいろ見どころのある旅にはなりました。でも、あと一週遅ければ…という思いも拭えませんが… (^_^;)

蓮の花は仏教の象徴のような花ですからね。
京都には大きな蓮池はなくても、鉢で育てておられる寺院が数多くあるようです。今回はまだ少し早い時期の訪問でしたので、できれば見頃の時期に再訪したいと思っていますが、上手くスケジュールが合うかどうか…。

  1. 2012/07/15(日) 16:59:24 |
  2. URL |
  3. ともp
  4. [ 編集 ]
手鞠様、こんばんは。
ご旅行はいかがでしたか?雨は大丈夫でしたでしょうか?

蓮は仏教と結びつきが深い花だけあって、蓮で有名なお寺が沢山あるのですね。
私は蓮というと学校で漢文の時間に暗唱させられた周敦頤の愛連の説を思い出します。『水陸草木の花、愛すべき者甚だ蕃し。…』いまだに(ところどころあやふやなところはありますが)言えます。
蓮を見るとあのころの教室や今は亡き恩師、旧友の姿まで浮かんできます。
だから毎年この時期、手鞠様が蓮のお写真を撮って見せてくださるのを本当に楽しみにしています。
今年もありがとうございました。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback