四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

夏の北信越の旅(7)-白山神社平泉寺

00P1300442.jpg



  1. 北陸
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
福井県の 南条から始まった今回の旅 は長野県から岐阜県を経て再び福井県へ。
勝山市にある白山神社平泉寺への2年ぶりの再訪は、美濃馬場・長滝寺からの白山神社参りのハシゴとなりました。



03P1300430.jpg

岐阜の美濃馬場・長滝寺に対して福井は越前馬場・平泉寺。
細かい説明は 前回訪問の記事 をご参照いただくとして、今回こちらにお邪魔したのはある目的があってのことでした。





04P1300431.jpg

それは参道脇にある国の名勝にも指定されている「旧玄成院庭園」。





05P1300432.jpg





06P1300460.jpg





07P1300466.jpg

青もみじと苔の緑が美しいこちらの庭園に、初夏のひと時、清楚な花を咲かせるのが沙羅の花。





08P1300445.jpg





09P1300455.jpg

そして、その花が緑の苔の上に散り敷く姿が、今回是非とも見たかった風景でした。





10P1300449.jpg

少し時期が遅かったようで花の数はあまり多くはありませんでしたが、まだそれほど色変わりしていない純白の花と緑の苔の取り合わせがとても美しく、すっかり見入ってしまいました。





11P1300453.jpg

こんな毛足の長いフカフカの絨毯の上に寝転がったら、さぞかし気持ちが良いことでしょうね~♪

ということで、先にお目当てのものをじっくり堪能してから社殿のお参りに。




12P1300469.jpg

山間の岐阜と違い日本海側の福井ではプレ梅雨明け状態で(翌日に関西などと共に梅雨明け発表)、前日の上高地での荒天がずっと遠いことのように思えるほどの晴れ模様に。日差しが強まるごとに陰も濃くなり、だんだん写真が撮りづらい状態になって来ました。





13P1300510.jpg

山王鳥居(例:日吉大社)と両部鳥居(例:厳島神社)を合わせたような二の鳥居。
平安時代末期には延暦寺の末寺として、僧兵を有する一大勢力をなしていたと言いますのでその影響でしょうか(山王は延暦寺の守護神)。



14P1300509.jpg





15P1300474.jpg

苔むす緑の中に佇む境内社。





16P1300478.jpg

中央にどっしりと鎮座する拝殿。





17P1300480.jpg

そして、拝殿の背後の石段上に建つ本社。





18P1300481.jpg





19P1300483.jpg

寛政年間(1789-1800)建立という本社には龍の立派な彫り物が施されています。





20P1300485.jpg





21P1300491-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、もう一つ、見たかったのがこちら。
美しい苔庭の中に建つ拝殿が京都大原の三千院の有清園を思わせて、お気に入りの風景の一つになっています。





22P1300492.jpg

前回は雨の中のしっとり濡れた風情でしたが、今回はまた違った味わいで、木漏れ日が落とす影によって描かれる苔の模様が何とも言えず良い感じでした。





23P1300503.jpg





24P1300512.jpg

そして、本当は順番が逆なのでしょうが(汗)、帰り際に御手洗池にも。





25P1300516.jpg

開祖・泰澄大師お手植えのご神木。





27P1300517.jpg

御手洗池。




28P1300519.jpg

泰澄大師が白山登拝の途中で林泉を発見し、そこに現れた白山の女神のお告げに従い開いたのが平泉寺の由来ということです。
長滝といい、こちらの平泉といい、わりと単純ストレートなネーミングなんですね (^_^;)





01P1300526.jpg

ということで、お参りを終えて下りて来るとこの爽快なまでの青空が。
もう完全に夏空です (^_^;)





30P1300424.jpg

ところで、神社の前にはこんな施設が建築中でした。





31P1300423.jpg

白山を取り巻く3県(石川・福井・岐阜)6市(白山市・勝山市・郡上市・小松市・大野市・高山市)1村(白川村)で、「霊峰白山と山麓の文化的景観」として世界遺産登録を目指す運動が進められているようで、その一環として建てらている「白山平泉寺歴史探遊館 まほろば」。

今秋10月にオープン予定のようですが、中身の充実した施設になってくれればいいですね。
どうか単なる休憩所止まりになりませんように (^^ゞ





32P1010760-2.jpg

ということで、平泉寺参りの締めはやはりお約束のソフトクリーム(爆)。
炎天下ではあっという間に融けてしまいますので、急いでいただきまあす~ (^o^)

【撮影日:平成24年7月16日】


《メモ》
  白山神社平泉寺
   福井県勝山市平泉寺町平泉寺56-63 【地図】
   TEL:0779-88-1591
   境内自由、旧玄成院庭園入園料 50円(冬季積雪時は閉鎖)





スポンサーサイト

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行


<<夏の北信越の旅(8)-越前海岸 | BLOG TOP | 夏の北信越の旅(6)-阿弥陀ヶ滝>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback