四季彩綴り

夏の東路の旅(6)白馬岩岳ゆり園

00P1310621.jpg



  1. 上信越
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
9月に入ってようやく少し秋らしさを感じられるようになって来ましたが、当ブログでは引き続きお盆休みの旅レポをお送りして参ります (^^ゞ

さて、舞台は北関東の日光から信州白馬へ。
渋滞等の影響もあり、予想以上の強行軍となりましたが、どうにかこうにか18時頃に白馬入り。


01P1020043-2.jpg

宿では白馬の山並みが見える側のお部屋に当たったのですが、無情にも立ちはだかる分厚い雲のカーテン。

明けて翌朝はさらに靄って視界不良が加速し(涙)、天候が良ければ八方尾根か五竜の上にでも上がるつもりでしたが、これでは上がってもその甲斐なし…ということで、景色がダメでも花が見られるあのスポットへ向かうことになりました。




02P1310685.jpg

白馬岩岳スキー場のゆり園。
昨年7月 にも訪れておりますが、あの時は山麓が見頃で山頂は開花前というダイミング。今回は1カ月近く遅い時期ですので、山麓は既に終了間際でしたが、山頂エリアの見頃には何とか間に合いました。




03P1310680-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ゴンドラリフト「ノア」に乗って1289mの山頂へ。
山々の頂きには雲がかかっていましたが、眼下を見下ろせば赤や黄色で彩られたお花畑が広がっていました。




04P1310624.jpg

ゴンドラとゆりのツーショット。




04P1310625.jpg

そして、ゆりの花々の向こうに見えるのは八方尾根スキー場のゲレンデ。




05P1310643.jpg

こちらは下からゴンドラ駅方向を見上げた図。
青空だったら良かったのですけどね (-_-;)




06P1310640.jpg

厳密に言えば、こちらの日当たりの良いゲレンデエリアなどは花の盛りが過ぎていましたが、それでもこういうビビッドな色合いは思わず目を引くほどでした。





07P1310639.jpg




08P1310635.jpg

なるべき綺麗そうなものを選んでクローズアップ。





09P1310650.jpg





10P1310631.jpg

今使っているカメラの限界なのかもしれませんが、きつい赤の表現はどうも苦手です (-_-;)





10P1310647.jpg

しかし、この日はホント、このピンクのゆりが一番目立っていました。



また、ゆりばかりでなく、高山植物もちらほら見かけまして


11P1310656.jpg

ハンゴンソウ



12P1310657.jpg

???



13P1310655.jpg

フジバカマか? ヨツバヒヨドリか?




14P1310642.jpg

ムラサキツメクサ

そんなに真剣に探していたわけではないので、実際にはもっと多くの種類の花が咲いていたかもしれません。



さて、続いては林間コースの方へ。


15P1310675.jpg

こちらはちょうどの見頃の花と、まだこれから咲こうという蕾も多く見受けられました。




16P1310676.jpg





18P1310671-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、お天気ならこの向こうに白馬三山が見えるはずでしたが、すっかり雲隠れなさっていて…。
昨年も天候は良くない中で白馬三山が見えるという幸運なめぐり合わせだったのですが、今回は残念ながらそう上手くは行きませんでしたね。




19P1310674.jpg





20P1310681.jpg

それでもまあ、心配された雨もどうにかやり過ごし、それなりにゆりの花も楽しめましたので良しとしなくては! (^^ゞ


【撮影日:平成24年8月15日】


《メモ》
  白馬岩岳ゆり園 【地図】
   長野県北安曇郡白馬村北城岩岳
   TEL:0261-72-2474
   入場料… 一般1400円、小学生以下700円(ゴンドラリフト乗車料込み)
   営業時間… 7/15~8/31 8:30-17:00(上りは16:30まで)




スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<夏の東路の旅(7)黒部峡谷-前編 | BLOG TOP | 夏の東路の旅(5)竜頭の滝・戦場ヶ原>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback