四季彩綴り

空中庭園

00P1020302.jpg



  1. その他
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
夜景といえば先日ご紹介したばかりの六甲山の掬星台や天覧台、あるいは東京の六本木ヒルズなど当ブログでもちょくちょく登場していますが、大阪在住のくせに大阪の夜景を取り上げた記事が少ない…。





01P1020265.jpg

というのも、これまで定番だった阪急グランドビルからの眺望は、大阪駅周辺のビル建築ラッシュでこの有様ですし、アクティ大阪(現大阪ターミナルビル・サウスゲートビルディング)などは27階の展望フロアーそのものが廃止…とお手軽スポットは壊滅状態。

やはりタダ見ようというのがそもそも虫の良すぎる話なのかとも思い、ここは一つ奮発してみるべと梅田からテクテク歩いてこちらのスポットへ。



02P1020266.jpg

暗くてほとんどまともに写っていませんが、大阪スカイビルを直下より。
「大阪スカイビル」と言っても、大阪人ですらピンと来ないかもしれませんが(汗)、




03P1020268.jpg

「空中庭園」といえばおわかりでしょう。
高さ173m、地上40階のツインビルの頂部を連結するように円形のフロアを設置した独特の構造で、適当な外観写真がありませんでしたので、公式ページの フォトギャラリー をご覧くださいませ。

まずは視界360度のシースルーのエレベーターで35階まで上がり、そこから次はシースルーのエスカレーターで39階へ。




03P1020293.jpg

これも暗くてわかりづらい画像で申し訳ありませんが、エスカレーターは西棟から東棟に斜め掛けされていて、1分以上かけて文字通り空中を横切る形になっています。さすがに足元はシースルーではありませんが、高所恐怖症でなくてもちょっと足が竦む方もいるかも?

そして、39階が空中庭園のエントランスになっていて、ここで入場料を支払いますが、訪れた9月17日は敬老の日ということで65歳以上の方は無料、同伴者も割引があって通常700円が500円になる特典が。昨年、東京の六本木ヒルズや上野動物園でも同様のサービスがありましたが、事前にそうと知らずに来場したので凄く得した気分になりました (^-^)





04P1020306.jpg

39階からまたエスカレータ(これは普通のビル仕様)に乗って40階へ。
こちらはガラス張りの展望ルームですが、室内の照明をかなり落としているので、ガラスの反射が幾分緩和されて見やすくなっています。そして、そこで見られる風景はといえば…





05P1020270-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

こちらは南西方向。
予想以上の光の海に大興奮!
これは六本木ヒルズの夜景にも負けないぐらいの美しさ。





06P1020279-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

こちらは北方向。
眼下の黒い帯は淀川、そして中央やや右寄りの白い光跡は大阪空港に着陸する飛行機のものです(左側の黄色っぽいのは不明)。

この日はコンデジしか持っていなかったのですが、ガラスにレンズをピッタリくっつけて夜景モードで。固定できるのが足元しかなかったので、カウンターテーブルの下に潜り込んで撮影したのですが、一人でやっていたら不審者と間違えられてもしょうがない体勢でしたね (^_^;)

さて、これで終わらないのが空中庭園。というか、ここからがこちらのメイン。
階段もしくはエレベータで屋上回廊「ルミ・スカイ・ウォーク」へ。





07P1020281-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

窓ガラス越しでないクリアな夜景を360℃まるごと楽しむことができるフロア。
こちらでも手すりにカメラを置いて夜景モードで撮影したのですが、この日は台風の余波で風が強かったことと人がもたれる度に微妙に手すりが揺れたりするもので、写真の出来としてはむしろ室内から撮ったものの方が綺麗だったりも…。あとこちらは下の方が結構見切れてしまうのも写真撮影にはマイナスかもしれません。






08P1020287-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

しかし、自分の目で見る分にはもちろん生の風景が断然素晴らしいのは言うまでもありません。
こちらは淀川越しに北西方向を見るアングルですが、真ん中やや右寄りにひと際明るい光の塊が見えるのは、この日ナイターが行われていた甲子園球場と思われます。

あいにくとこちら方向はやや霞んでいた(たぶん雨が降っていたのではないかと)のですが、見晴らしの良い時には明石海峡大橋も見えるようですよ。





09P1020292-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

十三大橋(左)と新淀川大橋(右)。
新淀川大橋は新御堂筋上の橋で、この橋を渡ってすぐの辺りに新大阪駅があり、対する十三大橋のたもとが十三。8月の風物詩「なにわ淀川花火大会」はこの十三大橋の下流(さらに左側)で行われ、特等席とも思えるこちらの空中庭園も特別営業日として、当該時間帯は別枠の前売り制になっています。






10P1020298-1S.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

南東方向には大阪城も見えます。
そして、その奥の暗がりに斜め縦に走る光跡は、たぶん信貴山のケーブルカーのものではないかと…。





11P1020295-1.jpg

そして、阪急グランドビルからの展望を完全に遮る大阪駅前の新ビル群ですが、その狭間にHEPファイブの赤い観覧車が見え隠れします。





11P1020295-2.jpg

これだけ高いビルに囲まれてしまうと、この観覧車の存在意義もすっかり薄れてしまいましたね。もう随分前に乗ったきりですが、東方向の眺望ぐらいはまだ何とか確保できているのかしら?





13P1020300-2.jpg

ということで、今回10年ぶりぐらいに空中庭園に上りましたが、正直ここまで綺麗な夜景が見られるとは思っていませんでした。大阪駅前の再開発でさらにその価値も上がったのではないでしょうか。

USJ以外でこれぞ!という名所に乏しい大阪ですが、これからはココがイチオシですね。

屋外のデッキから生の夜景を楽しめるといえば、東京の六本木ヒルズにもスカイデッキがありますが、空中庭園はあちらの半分の入場料の上にアップ料金なしでこの景観が楽しめるのですからこれはかなりお得ですし。

次は昼間の風景を目当てに、見晴らしの良い時期に是非また再訪したいと思います。

【撮影日:平成24年9月17日】


《メモ》
  空中庭園展望台(梅田スカイビル) 【地図】
   大阪市北区大淀中1-1-88
   TEL:06-6440-3899
   入場料… 一般700円、中高生500円、小学生300円、幼児(3歳以上)100円、
          シニア(65歳以上)500円
   営業時間… 10:00-22:30
   ※年末年始やなにわ淀川花火大会当日など特別営業日を除く

スポンサーサイト

テーマ:夜景・イルミネーション - ジャンル:旅行


<<初秋の大原へ | BLOG TOP | 六甲山からの夕景・夜景>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback