四季彩綴り

常林寺の萩

00P1320022.jpg



  1. 京都・洛中
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
大原の散策は三千院のみで市街地へ。
寂光院側へも行きたい気持ちはもちろんあったのですが、朝からどうも雲行きが怪しく、またゲリラ豪雨にでも遭遇したら大変!(先日のずぶ濡れ騒動 がトラウマに)と思い断念することに。

で、大原からバスで出町柳へ出て立ち寄ったのがこちら。



01P1320023.jpg

常林寺。
萩で知られるお寺です。





02P1320024.jpg

この日はまだやや花が淋しい感じは否めませんでしたが、赤も白もそこそこ咲いていました。






03P1320047.jpg






04P1320049.jpg






05P1320043.jpg

しかし、大原での曇天から打って変わっての晴天。
実際は周りにそれなりに雲があったのですが、真夏のような強い日差しが照りつけ、せっかくの花も色飛びしてしまうほど。






06P1320019.jpg

ならばと日蔭に入って撮影。
白の萩がボリュームもあって華やか。






07P1320032.jpg






08P1320027.jpg






10P1320040.jpg

その一方で赤の萩はどうも少し淋しげ…。






11P1320039.jpg

元々花の付き方が白とは違い、赤はややスマートな印象ですが、それにしても花の数が少なすぎますよね。






12P1320045.jpg

まだ蕾のものが多いからか…






13P1320044.jpg

あるいはこの散り萩(?)の多さをみると、旬を過ぎてしまっているのか…。





14P1320041.jpg



ということで、ここから先は9月22日の再訪分になります。




21P1320167.jpg

パッと見て17日と大きく違うのは





22P1320168.jpg

随分ススキが目立って来ていました。






23P1320187.jpg

中にはこんなふうに穂が出掛っているものも。
これを見ると秋だなとより強く実感しますね。





24P1320170.jpg

そして、赤の萩の花数がだいぶん増したような気がしました。
前回まだ蕾だったものが開花したということでしょうか。





25P1320174.jpg






26P1320175-2.jpg






27P1320188.jpg





28P1320179.jpg

白は盛りを過ぎ掛けたものもありましたが、部分部分ではまだまだ瑞々しさを残すものもちらほら。赤いものと並べてみるととても華やかな絵になりますね。

ということで、中4日開けての再訪分も合わせて、まだしばらく秋の花めぐりのレポは続きます。


【撮影日:平成24年9月17・22日】


《メモ》
  常林寺 【地図】
   京都市左京区田中下柳町
   TEL:075-791-1788
   拝観時間… 9:00-16:00



スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<初秋の真如堂 | BLOG TOP | 初秋の三千院>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback