四季彩綴り

京都高雄の紅葉

00P1340421.jpg



  1. 高雄
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
一週遅れのアップになりますが、11月16日の高雄。
前週に迷って比叡山を選んだのですが、まだギリギリ間に合いそうな雰囲気でしたので、ダメ元でトライしてみることに (^^ゞ




01P1340381.jpg

四条大宮6:54発の市バス高雄ゆき(8系統)に乗って7:30頃に高雄着。
予報では午前中曇りから晴れへということだったのですが、往きのバス乗車中はずっと雨降り。これはマズイかもと内心ドキドキでしたが、現地に降り立つとちょうど止んでくれていました。





02P1340380.jpg

早速出会えたのが雨上がりの少し靄のかかった幻想的な風景。
雨に洗われ赤がより鮮やかに見えるような気がします。





03P1340391.jpg

バス停からまずは下って行きます。
沿道には夜間ライトアップ用の燈籠が並んでいました。






04P1340393.jpg





05P1340394.jpg

清滝川沿いの道に。
前夜からの雨でかなり葉を落としてしまっている木もありました。





06P1340395.jpg

高雄橋から川下方向を。





07P1340398.jpg

同じく上流方向。
紅葉も素晴らしいですが、ここでは黄葉の方が鮮やかさでは勝っていましたね。
さて、いつもならこのまますぐに神護寺へ上るのですが、お天気が悪くまだ少し暗いものですから、ウォーミングアップも兼ねて先に少し上流の西明寺辺りまで行ってくることに。





08P1340399.jpg

川沿いの紅葉を眺めながらの散策。





09P1340401.jpg

木々の間からのぞく紅葉は、より紅く、黄色く色が冴えるような気がします。。





12P1340403.jpg

朝日が当たり始めたのか、少し明るくなって来たような…。





13P1340419.jpg

西明寺の指月橋が見えて来ました。
手前側の木がほとんど散ってしまっていて淋しいですが、おかげで朱塗りの橋がよく見えます。





14P1340415.jpg

その指月橋から下流方向。




15P1340409.jpg

上流方向。
雨風にも負けず、散らずに残っている葉が健気で愛おしい。

さて、足元が悪いので河原には下りず、早々に高雄へ戻ることに。





17P1340422.jpg

山の急斜面を彩る紅葉&黄葉は最高潮でした。





10P1340424.jpg





11P1340427-3.jpg





18P1340429.jpg

ということで、神護寺へ向けていざ!
およそ350段あるという石段が立ちはだかります。





19P1340434.jpg

ところどころで紅葉の美しい場所があり、足を止めてしばし見惚れる間がちょうど良い小休息になります。






20P1340436.jpg

沿道のお地蔵様と紅葉を。




21P1340443.jpg

茶店にかかる紅葉はオレンジと緑が混在。





22P1340441.jpg

硯石が見えてくればもうあと一息!
トラックで言うところの第3コーナーですね。





23P1340448.jpg

最後のホームストレート。
ここを上り切ればゴールです。





25P1340449.jpg

途中振り返って見ると、茶店を中心とした紅葉風景にまたうっとり。





26P1340456.jpg

そして、足元にはまだ落ちて間もない色鮮やかな散り紅葉が。
しかし、濡れた石段は滑りやすいので、気を付けつつゆっくり上って行きます。





27P1340451.jpg

あと、もうちょっと!





28P1340457.jpg

ようやく到着。
写真を撮りながらでしたので、だいたい15分くらいかかったでしょうか。
山門前の紅葉は左半分がほとんど散ってしまっていたので、画像は右半分のみ。
少し靄がかかったような感じが気になりますが、この先は次の記事でお送りします。




29P1340459.jpg


【撮影日:平成24年11月16日】


《メモ》
  高雄山 神護寺 【地図】
   京都市右京区梅ヶ畑高雄町5番地
   TEL:075-861-1769
   拝観料… 一般500円、小学生200円
   拝観時間… 9:00-16:00





スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<神護寺の紅葉 | BLOG TOP | 金剛輪寺の紅葉>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback