四季彩綴り

大覚寺大沢池の紅葉

00P1370171.jpg



  1. 嵐山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

 
宝厳院拝観後は天龍寺前からバスに乗って大覚寺さんへ。



01P1370239.jpg

これまで春の桜や夏の蓮の頃の画像はいくつかアップしていますが、秋の紅葉は今回が初めてとなります。




02P1370101.jpg

まずは大沢池へ。
通常期は大沢池だけなら特に拝観料を徴収されることなく一周できるのですが、春と秋の特別拝観時期は池の入口に臨時の受付が設けられていて、御殿の拝観とセット扱いで500円が必要になります。





03P1370113.jpg

屋形船の部分は陰になってしまっていますが、紅葉と絡めて。





04P1370111.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

これが見たくてここまでやって来ました。
抜けるような青空の下、池の周りをぐるりと取り囲む紅葉&黄葉のラインが美しい!






05P1370108.jpg

こんな風景の中を自由に泳ぎ回れる君たちが羨ましい。





08P1370121.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、五大堂の観月台下から見上げると、蒼天に紅葉と嵯峨菊という取り合わせのとても華やかな絵も出来上がりました。





10P1370123.jpg

その五大堂の脇にも枝ぶりの良いちょうど見頃の紅葉が。





11P1370126.jpg

さらに進んで行くとあちらでもこちらでも風車の群れが。





12P1370130.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

「1200年の風にのせて」と題し、『目には見えない思いや願い』を「かざぐるま」を通じて感じようという趣旨のイベントを催されていて、これらは奉納された風車の数々。
とりわけ、多宝塔前が風車で埋め尽くされた姿は圧巻でした。




13P1370134.jpg

さて、紅葉と池の風景を求めて一周して来ることに。





14P1370140.jpg

実物より美しい(?)映り込みにうっとり。





16P1370147.jpg

散策路を彩る変化に富んだ紅葉から黄葉のグラデーション。





18P1370159.jpg

「名古曽滝跡」の碑のそばにも紅葉が。





17P1370152.jpg

池の端に戻りまして、「庭湖石」と呼ばれる石のそばで羽を広げる鳥の姿が。





17P1370153.jpg

何だか石の上の鳥に向けて、熱烈な求愛をしているように見えませんこと? (^_^;)






19P1370164.jpg

大沢池の北東端から。
空に走る一筋の飛行機雲は翌日の雨を早くも予言していました。





20P1370166.jpg

ここからまた紅葉のトンネルが続き、足元には散り銀杏もどっさり。






22P1370174.jpg

紅葉越しに対岸の多宝塔を。





23P1370175.jpg

どうもこの辺りは色づきはそこそこ綺麗なのですが、縮れていたり葉の状態はあまり良くなくて、アップにするほど残念な印象になってしまいました。





24P1370184.jpg

このぐらい離れて見る方が粗が目立たなくていいかも。





25P1370187.jpg





26P1370193.jpg

大沢池の出口付近の水路脇の紅葉。
実はこれが一番美しかったかも!?





27P1370117.jpg

ということで、大沢池を一周した後は五大堂の脇にある門から入って御殿の拝観へ。





28P1370194.jpg

勅使門の脇にひと際立派な紅葉が!





32P1370196.jpg





33P1370200.jpg

各御殿の前にも嵯峨菊の鉢が並べられていてとても華やか。





34P1370201.jpg

最初に下から見上げたのはこちらの菊ですね。





35P1370208.jpg





36P1370213.jpg

燃えるような緋色の紅葉と繊細な嵯峨菊。
好対照の二つの取り合わせも面白いですね。





37P1370225.jpg

御殿の中庭にも鮮やかな紅葉が。





38P1370228.jpg






39P1370230.jpg

池とはまた趣きが違い、両方楽しめるのがいいですね。





41P1370236.jpg

宸殿前の嵯峨菊の特設展覧スペース。





42P1370234.jpg

さすがにわざわざ下に降りて見させるだけあって、他の所のものより姿形の麗しい花が多かったですね(とはいえ、中には萎れて色変わりしかけているものもちらほら…)。





43P1370237.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、最後に式台玄関の前に並べられた嵯峨菊。
本来はこちらから拝観すべきところでしたが、先に大沢池の方に行ってしまったので、逆順に人の波に逆らうように回ることになって結構大変でした。大沢池は非常に広大なのでわりと閑散としたものですが、御殿の方は人・人・人!

嵯峨野の中では一つポツンと離れたところにあり、若干アクセスの悪さが気になるスポットですが、秋の紅葉期には関係ありませんね。

【撮影日:平成24年11月25日】


《メモ》
  大覚寺門跡 【地図】
   京都市右京区嵯峨大沢町4番地
   TEL:075-871-0071
   拝観料… 一般500円、高校生以下300円
   拝観時間… 9:00-17:00


スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<祇王寺の紅葉 | BLOG TOP | 宝厳院の紅葉>>

comment

  1. 2012/12/19(水) 20:22:57 |
  2. URL |
  3. 手鞠
  4. [ 編集 ]
ともp様、こんばんは~♪

大沢池はいちおう一周できる散策路があります。
ただ、時期によっては一部通行止めになることもあるようで、必ずできると断言はできませんが。

大覚寺は大昔から時代劇ではお馴染みのロケ地ですものね。
『大奥~誕生』では大覚寺の他にも見覚えのある風景がいくつも出て来て楽しかったです。時代的には合わない部分も多々あるのでしょうが、本物にはセットにない風格がありますからね。

風車はこの時はあまり風がなくて、ほとんど回っていなかったのですが(汗)、色とりどりの花が咲いたようで可愛かったですよ。

  1. 2012/12/19(水) 04:44:54 |
  2. URL |
  3. ともp
  4. [ 編集 ]
手鞠様、おはようございます。

大沢池、いったことはあるのですが、いつも駆け足でまわるので、一周したことはありませんでした。というか一周できることも知りませんでした^^;。綺麗ですね。大覚寺は先日まで放送されていた『大奥~誕生』でも江戸城となって登場していましたが、時代劇によく登場しますよね。
1392年にここで三種の神器が引き渡されたことを考えると、江戸城となって登場するたびになにやら歴史の皮肉を感じてしまいます。

風車の群れにはおどろきました。こういうイベントがあるのですね!風に吹かれてくるくるまわる風車、さぞ綺麗だったことと思います。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback