四季彩綴り

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

宝筺院の紅葉

00P1370659.jpg



  1. 嵐山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
クリスマスも終わりいよいよ年の瀬も押し詰まって参りましたが、再び紅葉レポに戻りまして12月2日訪問分の続きを。



01P1370674.jpg

嵯峨釈迦堂(清凉寺)のすぐそばにある寶篋院(宝筺院)。
小楠公こと楠木正行の菩提寺として知られる古刹ですが、創建は平安時代後期。
白河天皇の勅願寺として建てられ、当初は「善入寺」と号していましたが、室町時代に入り夢窓国師の高弟・黙庵周諭が中興開山。その黙庵に帰依した室町幕府二代将軍・足利義詮によって「観林寺」と改められ、さらにその義詮がこちらに葬られていたことから、八代・足利義政の代に義詮の院号である「宝筐院」に改められたということです。





02P1370673.jpg


さて、受付を済ませ中へ入るとまだまだ見頃の美しい紅葉が。





03P1370595.jpg

もちろん散りもかなり進んではいましたが、この日回って来たどこよりも見ごたえのある風景がここにありました。





04P1370596.jpg





05P1370597.jpg





06P1370610.jpg

手前の方ではまだ緑の苔も見えますが、





07P1370598.jpg

奥の方はすっかり苔を覆い隠してしまうほどの紅葉の絨毯に。





08P1370604.jpg





09P1370600.jpg

こちらは黄色がちの敷き紅葉。
ちょうど日が当たっていてキラキラ輝いて見えました。





10P1370631.jpg

こちらのお庭で恐らく一番メジャーな風景。
中々人通りが絶えず無理だろうと思ったのですが、ほんの一瞬、チャンスが到来(といっても、奥の方に小さく人が写り込んでいますけどね)。

後の祭りですが、天龍寺や祇王寺よりこちらを最優先にすべきでした(-_-;)





11P1370630.jpg





12P1370620.jpg

こちらは本堂の縁側から。





13P1370628.jpg

続いて本堂の中から額縁風に。





14P1370624.jpg

こちらは縁側から。





15P1370615.jpg





16P1370623.jpg

石燈籠の背後にあるのはたぶん枝垂れ桜でしょうね。
これは春の桜の時期にも訪ねてみたくなります。





18P1370635.jpg





19P1370640.jpg

どこを見ても素晴らしい紅葉風景。
こんな素敵な場所をどうして今まで訪ねていなかったのでしょう (^_^;)





20P1370654.jpg

冒頭で少しご紹介した小楠公・楠木正行の首塚。
庭園の奥まった所にあります。





21P1370655.jpg

ちょっとみづらい画像で申し訳ありませんが、

右側の五輪塔が楠木正行の首塚
左側の宝筐印塔が足利義詮の墓

南北朝時代にはいわば敵同士の立場にあった二人の墓所が隣り合わせに営まれているという不思議。その仲立ちをしたのは中興開山の黙庵で、二人はそれぞれ彼の帰依者でした。

生前、楠木正行より後事を託されていた黙庵は、正行が四条畷の合戦で討ち死するとその首級をここ善入寺に葬り、義詮は黙庵からその話を聞いて正行の人柄に感銘を受け、自分が死んだらその傍らに葬るように遺言したのだとか。

四条畷の合戦当時はまだ少年だった義詮に正行との接点があったかどうかはわかりませんが、彼にとって正行は永遠のヒーローだったのでしょうね。






23P1370666.jpg

ただただ紅葉にうっとりするばかりでしたが、庭園を彩るのは紅葉だけではなく、





24P1370664-2.jpg

山茶花や





25P1370649.jpg

四季桜も小さく儚げな花を咲かせていました。





26P1370657.jpg

ということで、嵯峨野の紅葉はこれにて終了。
後は京都で一番遅い紅葉で知られるあの場所を残すのみです。


【撮影日:平成24年12月2日】


《メモ》
  宝筺院 【地図】
   京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町9
   TEL:075-861-0610
   拝観料… 一般400円、小中学生200円
   拝観時間… 9:00-16:00






スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<下鴨神社・糺の森の紅葉 | BLOG TOP | Merry Christmas!>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback