四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

下鴨神社・糺の森の紅葉

00P1370810-2.jpg



  1. 京都・洛中
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
長々とお送りして来た京の紅葉レポもようやくこれがラスト。
何とか年内にたどり着けてホッとしております (^_^;)

さて、トリを務めるのは下鴨神社。
京都の数ある紅葉スポットの中でも最も遅く見頃を迎え、近年は年を越す頃まで残っていることもままありましたが、今年は他の名所と同様、早めの進行となりました。



01P1370701.jpg

今回は西鳥居から境内へ。




02P1370712.jpg

鳥居の脇に真っ赤な紅葉が。




03P1370715.jpg

朱塗りの鳥居と色が被ってしまいましたが、赤にオレンジ系も混ざったグラデーションが綺麗でした。




04P1370704.jpg

朝一の境内は訪れる人もまだまばら。
この日は「鴨長明『方丈記』と賀茂御祖神社式年遷宮資料展」の期間中でしたので、「大炊殿」の特別公開なども行われていましたが、早すぎてまだ空いておらず。




05P1370716.jpg

こちらは同時開催のスタジオジブリの『定家と長明』展の会場だった「神服殿」。

拝観時間が10時からというのは存じておりましたが、人の少ないうちに先に写真だけ撮っておこうと朝一に立ち寄ったのでした。





08P1370720.jpg

ということで、ここから逆回しのようになってしまいますが「楼門」。




09P1370722.jpg

正面の鳥居。
ここから先が紅葉の名所「糺の森」になります。





10P1370742.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ちょうど良い具合に朝日が差し込んで来ました。





11P1370727-2L.jpg

川の水面から立ち上る靄。
結構冷え込んでいましたからね。





12P1370730.jpg




13P1370761.jpg

朝日を浴びてキラキラと輝く紅葉。
正直、色づきはあまり良いとは思えなかったのですが、朝の光が紅さを少しプラスしてくれました (^^ゞ






15P1370740.jpg

この辺りはまずまず紅く色づいていました。





17P1370773.jpg

赤・オレンジ・黄と色とりどりのグラデーションが綺麗。





18P1370782.jpg

糺の森の南の端にある境内社の「河合神社」。
「日本第一美麗神」という素敵な歌い文句が踊っておりますね (^_^;)




19P1370795.jpg





20P1370786.jpg





21P1370787.jpg

こちらは『方丈記』の作者・鴨長明ゆかりの社としても知られ、境内には長明が晩年に隠棲した方丈を復元したものを展示しています。




22P1370792.jpg

朝早かったので方丈も閉館中でしたが、非常にこじんまりとした建物です。
なお、長明が実際に庵を結んだのはこの場所ではなく、醍醐の南にある日野の地とされています。





23P1370789.jpg

この辺りの紅葉も終盤に入っていて、散り紅葉と共に楽しむ風情に。




24P1370783.jpg





25P1370784.jpg





26P1370807.jpg





27P1370806.jpg

しかし、この日は朝一に訪ねておいて正解でした。
他所を回って10時ごろに戻って来ようとした道すがらで土砂降りの大雨に。
30分ほど雨宿りしてから再訪しましたが、止んでからも中々日差しが戻らず、結局撮り直しとは行きませんでしたので、無理にも立ち寄っておいて良かったです。





28P1370947.jpg

ということで、ここからは再訪分。
朝は通らなかったので気づきませんでしたが、こんなところにも色鮮やかな紅葉が。




29P1370980.jpg

こちらは糺の森で撮ったものですが、しっとりと雨に濡れた風情もまた味があります。
ただ、光が弱いので風景として撮るにはちょっと厳しくて…。




30P1020990.jpg

そして、朝一は閉まっていた方丈。
垣根の内側に入ることはできないので、中の様子はちょっと見づらかったです。




ということで、この後は「鴨長明『方丈記』と賀茂御祖神社式年遷宮資料展」を拝観したのですが、展示関係は概ね撮影不可ですのでご紹介は無理として、大炊殿の公開は特に規制がなかったようなので少し画像をアップ。




31P1380012.jpg

西の唐門。




32P1380009.jpg

三井神社本殿。




33P1380008.jpg





34P1030016.jpg

大炊殿の内部。




35P1030005.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

供物のレプリカもいろいろ。
特に伊勢海老が目を引きます。




36P1030013.jpg





37P1370999.jpg

御車舎には葵祭に使われる牛車も展示されていました。



さて、最後にジブリの『定家と長明』展について。
映像化は正直難しいと思いますが、時代をしっかり捉えた力作で、中々見ごたえがありました。

あくまでもイメージ画ですが、安元の大火、治承の辻風、養和の飢饉、そして文治の大地震…と、立て続けに起こった天変地異で荒廃して行った京の都の惨状がリアルに描かれていて、これがちょうど平家の全盛期から滅亡と重なる時期なのですよね。

この一連の流れを見ればこの時期に政権を維持することがどれだけ困難なことだったか…、それこそ天変地異が起こるのも全て「平家のせい」と憎悪の対象になっても不思議ではないと感じましたし、その決定打がやはり南都焼き討ちだったかな…とも。

ただし、大地震は平家滅亡後の話(宗盛や重衡の斬首の直後)ですが、その時も平家を滅ぼしたせいと噂されたとも言われていますので、もし、その当時に頼朝が入京していればその後の展開もまた違ったことになっていた可能性も。

今年の大河『平清盛』でもそういうところをきっちり盛り込んでいれば、もっと説得力を持たせられたのではないかと思うのですが、そこは昨年の震災への配慮でスルーされたのでしょうかね。

でも、折しも『方丈記』誕生800年という節目の年であり、『平家物語』の無常観とも相通ずるものですから、どうにかしてこの辺りもドラマに取り込んで欲しかったな…と、ふとそんなことを思いました。

【撮影日:平成24年12月8日】


《メモ》
  下鴨神社 【地図】
   京都市左京区下鴨泉川町59
   TEL:075-781-0010




スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<大原・実光院の不断桜 | BLOG TOP | 宝筺院の紅葉>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback