四季彩綴り

大徳寺 高桐院

00高桐院21


  1. 紫野
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
出町柳駅前よりバスを乗り継いでやって来ましたのは大徳寺塔頭「高桐院」。
過去の履歴を紐解いてみてちょっとビックリ!?
なんと3年ぶりの訪問になります(前回は 平成19年11月17日 でした)。





01高桐院01

最初の門前からして既にもう絵になる佇まい。






02高桐院02-03

そして「高桐院」のシンボルともいうべき参道。
青もみじのトンネルに強い陽射しが差し込み、「緑」という一つの言葉ではとても説明しきれない幾通りもの色合いが重なり合ってできる風景は、天を衝くが如き木々の高さも相まってただ圧倒されるばかりです。






02高桐院20




03高桐院04

いよいよ建物の中へ。








04高桐院06

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

「楓の庭」と呼ばれる本堂前庭。
上から下まで全て緑に覆われ、目にも優しいお庭です (^-^)






05高桐院05額縁

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、ここに来たからにはやはりこの額縁も…。
朝一で訪ねた甲斐あって、ゆっくりと堪能させていただきました。







06高桐院07

続いて本堂から降りてお庭を回遊。






07高桐院08

高桐院は戦国武将 細川忠興 開基のお寺で、境内の片隅に一族の墓所も営まれています。





08高桐院09ガラシャ墓bmp

忠興とガラシャ夫人の墓。




09高桐院10細川家墓

細川家歴代之墓。





10高桐院11三斎井

墓所の手前にある三斎井戸。
三斎は忠興の出家後の号で、月命日にはこの井戸から水を汲み、先ほどの夫妻の墓に手向けるのだとか。






11高桐院12黄葉

庭を歩き回っていてふと見上げると、青空の下、色づき始めた葉が黄金色に輝いていました。





12高桐院13紅葉

他方ではさらに紅葉の進んでいるものも…。






13高桐院15紅葉3

この一角だけ見ると既に錦秋の訪れを告げているかのよう…。





14高桐院14紅葉L

この日は荷物の都合もあり20mm単焦点レンズ一本で臨んでいましたので、ズームで撮ることはできませんでしたが、同じ画像をトリミングで拡大してみても何とか見られるものに。





15高桐院14紅葉

しかし、もうこんなに真っ赤に色づいて…。
まだ一ヶ月以上早いんじゃありません?






16高桐院18茶室より

同じ庭を茶室の松向軒へ渡る廊の途中から。
松の美しい緑の向こうに、先ほどの紅葉もほんの少し見え隠れてしています。






17高桐院17青葉




18高桐院22

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

本堂の上り口の辺りから額縁風に見るのも中々素敵です。







21高桐院03





少し気の早い紅葉のおまけも付きましたが、いずれを見ても緑であふれる癒しの庭。
紅葉シーズンを外せば、まだそこそこの確立で心静かに愛でることができそうです。
ただし、来年は某大河ドラマ関連で少し事情が変わってくるかもしれませんが… (^_^;)



【撮影日:平成22年10月2日】



《メモ》
  大徳寺 高桐院 【地図】
    京都市北区紫野大徳寺町73-1
    TEL 075-492-0068
    時間 9:00~16:30
    拝観料 400円




スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用


<<なばなの里 | BLOG TOP | 萩花を求めて再び…>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback