四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

富士観望(1)日本平・三保

00P1380267.jpg



  1. 東海
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
今回の年末年始の旅は大晦日の朝に出発。
午前9時過ぎに大阪を発ち、特にこれといった渋滞に遭うこともなく、午後3時頃に静岡県の清水に到着し、まずは日本平へ上ってみることに。



01P1380250.jpg

これまで二度トライしていずれも外しているこの場所からの富士山。
この日も山頂に雲がかかっていて絶景とはいかず…。





02P1380253.jpg

それでも風の強い日でしたので、そのうちに雲が流されてくれるかも…と淡いを期待を抱いて、ロープウェイ乗り場へ。

久能山はまだ参拝したことがないので、時間待ちも兼ねて行ってみようかと思ったのですが、次の便が午後3時半で帰りの最終便が午後4時15分。30分やそこらではとても見て回れるはずもなく、あえなく断念してまた展望台へ戻ってみると…






03P1380255.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

何と!マジで雲が流されていました (^^ゞ





04P1380258.jpg





05P1380259.jpg

日本平からの富士山。
ようやくゲットできました!





06P1380260-2.jpg

しかし、ここまでバッチリ見えるようになるとは!
わずか15分くらいの差でこの違い。
権現さんの参拝は結局叶いませんでしたが、行ってみようと思い立っただけでもご利益があったのかしら?(^_^;)

さて、この分ならまだ行けるだろうと続いては三保の海岸へ。





07P1380271.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

山の上から見下ろすのとはまた違った風景で、やはり山がより高く感じられます。





08P1380272.jpg





09P1380279.jpg

そして、新日本三景にも数えられる景勝地「三保の松原」へ。





10P1380280.jpg

松林のシルエットの向こうに夕焼けした伊豆半島が見えます。





11P1380282.jpg

海岸に出ると富士山も夕焼けし始めていました。





12P1380285.jpg

伊豆半島の夕焼けもさらに色を増し…





13P1380291.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

再び富士山側。
山頂の冠雪部分が赤く染まって来ました。





14P1380290.jpg

これがピークだったかな?





15P1380293.jpg

その後は刻々と伸びていく影に、あっという間に呑み込まれてしまいました。


ということで、長らくの懸案の一つだった日本平&三保の松原からの富士山のリベンジを達成!
年の暮れですが、こいつは幸先良い!? σ(^_^;)


【撮影日:平成24年12月31日】


《メモ》
  日本平 【地図】
   静岡市駿河区池田~清水区馬走

  三保の松原 【地図】
   静岡市清水区三保




スポンサーサイト

テーマ:富士の旅 - ジャンル:旅行


<<富士観望(2)富士川SA | BLOG TOP | 謹賀新年!>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。