四季彩綴り

富士観望(3)箱根

00P1380366.jpg



  1. 東海
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

 
初の日の出を見届けて富士川サービスエリアを出発。




01P1380350.jpg

車窓からの富士山ですが、冠雪部分に雲の影が映り縞模様に。





02P1380352.jpg

お次の足柄サービスエリアにもちょっと立ち寄ってみました。
ガラス張りのレストハウスに映り込む富士山。





03P1380355.jpg

実物はこちら。
左手にうっすら有明の月も見えます。




04P1380356.jpg





05P1380351.jpg

一見すると暖かな小春日和のように見えますが、実はとても冷え込んでいて木々の葉っぱなどには霜が降りるほど。氷の粒をまとったガラス細工のような葉は、触れれば砕けてしまいそうな繊細さでした。


ということで、当初の予定では富士山とはここでお別れのはずだったのですが、あまりにお天気が良く、富士山もよく見えているので何だかちょっと惜しくなってしまい、急遽予定変更。次の大井松田ICで下りて、小田原から箱根へ向かうことに。

箱根へは一つ手前の御殿場ICからが近いのですが、既に通り過ぎてしまっていましたのでバックするのも何だかもったいない…ということで、以前から気になっていた箱根ターンパイクなるドライブウェイから芦ノ湖を一周して御殿場に戻るという作戦を立てました。





06P1380364.jpg

道中の写真はあまり撮れなかったのでいきなり終点になりますが(汗)、大観山展望台。
標高1011mに位置するこちらからは芦ノ湖越しの富士山、そして箱根の山々を見渡すことができます。





08P1380376.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

何と言っても雪を頂く富士山の存在感が半端ない!





09P1380374-1.jpg

芦ノ湖の湖面に目を転じれば無数のボートが浮かび、その中でもひときわ目を引くのが観光遊覧用の海賊船。





09P1380374-2.jpg

朝日を浴びてキラキラ輝いて見えます(トリミングしているので解像度がかなり悪いですが)。





10P1380375.jpg

一方、右手の山の頂きを見ればロープウェイが。
箱根駒ヶ岳ロープウェイで、こちらの山頂も富士山や太平洋を望むことのできる絶景スポットのようです。






11P1380379.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

富士山の左肩には南アルプスも。
山頂付近に雲がかかっているのが惜しい!
まあ、今日の主役は富士山なので、十分すぎるほどの絶景ですが… (^_^;)





12P1380372.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

箱根には 2010年の8月 にも訪れていますが、あの時は二日とも霧が立ち込めて視界が悪く、ほとんど何も見えずじまいで残念な思いをしたものです。そのリベンジが約2年半越しにようやく果たせました。





13P1380360.jpg

富士山ばかり絶賛しておりますが、翻って南の方を見ればそこは相模灘。
ここからも初日の出を拝むことができるそうです(元日のみ早朝営業されます)。





14P1380361.jpg

中央奥が伊豆大島、手前の小さな島が初島。
富士山側とは打って変わって海側は雲に覆われ、鈍色の風景が広がっていますが、日の光の当たっている部分のいぶし銀のような輝きも妙に印象に残りました。

さて、箱根ターンパイクから一旦箱根の町中へ降りて行きます。





15P1030318.jpg

箱根といえば大学駅伝。
こちらが往路のゴール、復路のスタート地点のようです。
一日前だったので通ることができましたが、当日は交通規制が敷かれるのでとても箱根近辺には立ち寄れません。

あまりゆっくりもしてられないので、箱根の町中はささっと通り抜けて再び山道へ。
お次は芦ノ湖スカイラインです。
道中にはいくつか展望台がありまして、




16P1380384.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

まずは海側。
左に三浦半島、右に伊豆半島。
相模湾を一望の下にすることができます。





17P1380386.jpg

三浦半島・湘南方面。





18P1380385.jpg

伊豆半島・熱海方面。
少々霞んでいましたが、それでもまずまずの見通しの良さ。
お正月休みで工場なども休止中のところが多く、空気が澄んでいるのでしょうね。





18P1380392.jpg

で、またまた富士山。
杓子峠の展望台は標高1030m。
先ほどの大観山よりも少し高く、さらに近づいたのでより迫力が増した気がします。





19P1380391.jpg





20P1380403.jpg

望遠レンズで山頂に接近。





21P1380401.jpg

宝永噴火口もくっきりと。





22P1380405.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

南アルプス上の雲もだいぶん晴れて、稜線が見えるようになって来ました。




22P1380405-3.jpg





23P1380407.jpg

そして、芦ノ湖スカイラインから箱根スカイラインを乗り継いでいよいよ終点。





24P1380410.jpg

今度は山裾に広がる御殿場の街が見えて来ました。


ということで、およそ3時間弱の回り道となりましたが、南東方向からの富士山はこれまであまり見られなかったので大満足の寄り道に。今回の旅でも一番の収穫だったかもしれません。

ただ、この予定変更のしわ寄せはその後の予定を大いに狂わせることにも… (-_-;)


とまあ、そんなこんなでここで一旦富士山を離れ、お江戸へと向かいます。

【撮影日:平成25年1月1日】


《メモ》
  東名自動車道・足柄SA 【地図】

  TOYO TIRES ターンパイク(箱根ターンパイク)大観山 【地図】

  芦ノ湖スカイライン・杓子峠 【地図】

  箱根スカイライン 【地図】







スポンサーサイト

テーマ:富士の旅 - ジャンル:旅行


<<新春の東京 | BLOG TOP | 富士観望(2)富士川SA>>

comment

  1. 2013/01/12(土) 21:03:40 |
  2. URL |
  3. 手鞠
  4. [ 編集 ]
ともp様、こんばんは~♪
箱根は当初の予定には全く入れていなくて、ただその場の気分で急に思い立って足を伸ばしてみたのですよ。
元日は駅伝当日ほどの風ではなかったと思いますが、大観山では結構吹いていて凄く寒かったです。

ともp様も箱根駒ヶ岳ロープウェイでは景色をご覧になれなかったのですね。
本当にこういう景観物はお天気次第で印象が全く違って来ますので、何とか良い状態を引き当てたいものですね。

  1. 2013/01/12(土) 05:03:12 |
  2. URL |
  3. ともp
  4. [ 編集 ]
手鞠様、おはようございます。
お正月は箱根にいらっしゃいましたか!箱根駅伝往路を見る限り、箱根は風が強くハードな天候だったようですが(2校棄権していました)大丈夫でしたか?

今回手鞠様が見送った箱根駒ヶ岳ロープウェイですが、私が行ったときは霧であまり見えず、寒かったこともありあまり良い覚えがありません。
ここもいつかリベンジしたいと思っています。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback