四季彩綴り

富士観望(4)山中湖

00P1380538.jpg



  1. 関東
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

 
またちょっと更新が空いてしまいましたが、お正月の旅の続きをば。


滞在わずか20時間ほどで東京を脱出しまして(丸一日もなかったという^^;)、またまた富士山へUターン。

トンネル事故の影響を考慮して、当初は東名利用で御殿場からと思っていたのですが、前日に東名の下り線もかなりの渋滞なのを目撃していましたので、結局中央道を選択。対面通行区間より手前で下りることも幸いしてか、ほとんど渋滞らしい渋滞に遭うこともなくすんなりと河口湖に到達できました。





01P1030453.jpg





02P1030455.jpg

しかし、富士山には雲がまとわりついていて離れない…。





03P1030457.jpg





03P1380473.jpg

お天気自体はとっても良かったのですけどね。
こちら方向は抜けるような青空で、毎年恒例の色鮮やかな七夕飾りもよく映えていましたのに、よりよって富士山の上だけ雲が… (-_-;)






04P1030462.jpg

さて、奇しくも昨年と同じ1月2日の夕刻。
ダイヤモンド富士を期待してまたまた山中湖近くの 花の都公園 にやって来ましたが…、今年もやっぱり雲が邪魔を…。





05P1380474.jpg





06P1380496.jpg

雲越しのダイヤモンド富士もどき?
でもまあ、昨年よりは一歩近づいた感じも…。
あと何回ぐらい通ったら本物を見せてくれるのかしら? (^^ゞ






07P1380502.jpg

で、昨年と同様、山中湖交流プラザ「きらら」にも回ってみましたが、こちらでも山に沿うように雲がべったり。





08P1380508.jpg

宿にチェックインしてからも(今年はノーマルのお部屋でした)、雲が晴れやらぬまま結局日没を迎えることとなりました。

それでも、日が落ちてからもまた、飽きもせず夜間撮影に挑戦。





09P1380522.jpg

夕食に行く前の午後7時過ぎ。
手前の木が明るく写り過ぎているのがちょっと難ですが、富士山もぼんやりと写り込んでいます。
なお左肩を走る線は流れ星のようにも見えますが、多分飛行機のライトだろうと…。






10P1380533.jpg

少し時間が空いて午後10時過ぎ。
先ほどとは少し設定を変えたこともありますが、結構富士山がクリアに。
この時はまだ山頂付近にうっすら雲がかかっていました。






11P1380535.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、午後11時頃。
これがこの夜のベストショットでしたね。

三脚は使えないので(理由はこちらに)、窓の外に張り出した手すりのようなものの上にカメラを直置きしての撮影でしたが、まあまあ上手くいきました。こういうのが撮れるとついつい嵌ってしまいますね (^_^;)





12P1380535-3.jpg





13P1380537.jpg

でも、わずか3分後にはまたどこからともなく雲が現れていましたから、本当にタイミング次第ですね。






14P1380540.jpg

ということで、明けて翌朝6時半頃。
残念ながら快晴とは行きませんでした。





14P1380540-2.jpg

まるで富士山の頂上から吹き上がった煙のような雲?






15P1380548.jpg

6時55分、東の空が赤く染まって来ました。





16P1380550.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

富士山もほんのりピンク色に。





17P1380553.jpg

あともうちょい!





18P1380565.jpg

ご来光は雲の上から。





19P1380566.jpg

雲に光を遮られている部分が少し陰に。
もう一つのお楽しみの「紅富士」もあともう一息というところでしたが、今回も残念ながら見られず。

またの機会を待つことにしましょう。






20P1380592.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

宿をチェックアウトして再び山中湖交流プラザ「きらら」から山中湖越しに富士山を。






21P1380593.jpg

綺麗な青空が広がって来ましたが、今度は頂上付近に雲がまとわりついて一向に離れる気配はなく…。





22P1380596.jpg





23P1380600.jpg

でも、こうしてドアップで見るのも中々面白いですけどね。






24P1380618.jpg

山中湖には餌付けされた白鳥や鴨も泳いでいます。





25P1380610.jpg

すっかり人慣れしているようで、餌がもらえると思って、向こうから進んでそば近くまで寄って来ます。





26P1380615.jpg

白鳥と富士山のツーショット。

富士観望の旅はまだまだ続きます。

【撮影日:平成25年1月2日・3日】








スポンサーサイト

テーマ:富士の旅 - ジャンル:旅行


<<富士観望(5)富士五湖 | BLOG TOP | 新春の東京>>

comment

  1. 2013/01/21(月) 22:24:46 |
  2. URL |
  3. 手鞠
  4. [ 編集 ]
ともp様、こんばんは~♪

紅富士は画像ではやや色彩が誇張されて結構色づいて見えているとこもあります (^_^;)

今回は部屋の窓の外のわりあいすぐそばに直置きできましたので、夜間撮影も落下防止のためネックストラップを腕に掛けて、後はタイマーで部屋の中に居ながらにして撮ることができ、意外と楽でした。

富士山の表と裏。
人それぞれいつも自分が見ている側が「表」ということでしょうね。
見る場所によってとても表情の変わる山ですが、不思議とどのアングルでも調和の取れた風景を見せてくれる稀有な山だと思います (^-^)

  1. 2013/01/21(月) 18:20:11 |
  2. URL |
  3. ともp
  4. [ 編集 ]
手鞠様、こんばんは。

いえいえ見事な赤富士だと思います。星空の下の富士山も本当に美しいです。
美しい写真をとるのにはやはり根気が必要なのですね。防寒対策も大変だったのではないでしょうか?大丈夫でしたか?

山梨県側から見た富士山は宝永山が見えないぶん見事な円錐形で美しいですね。
そう言えば、お正月、マツコ・デラックスさんと関ジャニ∞の村上信五さんがMCの『月曜から夜ふかし』という番組で『富士山は山梨県側と静岡県側のどっちが表か』というアンケートをしていて、なんとやらせなしで同数だったそうです。
富士山はやはり特別な山なのだなあ…とあらためて思いました。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback