四季彩綴り

  • 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08

富士観望(8)伊豆の国パノラマウェイ

00P1390226.jpg



  1. 東海
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
旅の二日目は…


01P1390185.jpg

やはり曇りスタート (-_-;)
せっかくお部屋から富士山を眺められる宿をリザーブして、夜明け前からスタンバッていたのですが、前日と同様、山頂部分はクリアーに見えるものの、胴体部分(?)に厚い雲の帯が居座って離れず…。





02P1390191.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

日の出を迎え、茜色に染まる富士山&雲。
これはこれで、まあ、幻想的と言えなくもないか… (^_^;)


チェックアウト後に、車でもう少し高台まで上ってみました。



04P1390198.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

駿河湾に突き出た細長い半島の向こうには紺碧の駿河湾が広がり、意地悪な雲さえなければ文句なしの絶景なのですけどね。
またの機会を待つしかないか…。





05P1390201.jpg

ということで、大瀬崎から伊豆長岡方面へ移動。
富士山を横目に見つつゆるゆると参ります。





06P1390206.jpg

少し雲が切れて来た?





07P1390212.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

あっ、また雲がかかって来た!
せっかくヨットと富士山という絵になる風景なのに残念でした。



さて、伊豆長岡へ向かった目的の一つはこちら、


08P1000223.jpg

伊豆の国パノラマパーク。
標高452mの葛城山へロープウェイで上って行きます。





09P1000224.jpg

こちらのロープウェイは6人乗りのゴンドラリフト。
およそ1800mの距離を片道約7分で進みます。





10P1000226.jpg

山麓駅を飛び出してすぐに修善寺道路の上を通過。
初めて車で通った時、ゴンドラが頭上を飛び越えて行くのにビックリしたものでした。






11P1000228.jpg

のどかな田園風景の中をぐんぐん上昇して、あっと言う間に山頂駅へ。





12P1390214.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そこに広がるのはこの大パノラマ。
美しい青空が広がっていただけに、あの富士山を横切る雲の波だけがただただ残念!





13P1390215.jpg

しかし、前日からずっとほとんど同じ辺りに雲が留まり続けているというのも、ある意味、珍しいことかもしれませんね。
全部覆い隠してしまうでなく、絶妙な位置取りと言いますか… (^_^;)





14P1390219.jpg

駿河湾に目を移しますと手前にぽっこりと浮かんでいるのが「淡島」。
その向こうに雲が白くたなびいているように見えますが、





14P1390223.jpg

実はこれ、雲ではなくて、雪をいただく南アルプスの峰々なんですね。
ちょっと遠すぎてアップ画像でも中々わかりづらいですが、現地ではオペラグラスを使って確認しましたので間違いないかと…。

しかし、ここは南アルプスが見えるより、何をおいても富士山が見えて欲しい!というのが正直な気持ちですけどね。



それはさておき、葛城山頂にやって来たのにはもう一つ目的がありました。




15P1390228.jpg

櫓組の山頂展望台の脇に建つ源頼朝さんのブロンズ像。
伊豆に流された頼朝がこの葛城山で鷹狩をしたという言い伝えにちなんで建てられたものだそうです。




16P1390243.jpg





17P1390229.jpg





18P1390242.jpg

これまで伊豆に来る度に上ろうと計画に入れていましたが、富士山が見えずに断念の繰り返しで、今回ようやくお会いできました。

思ったよりちょっとこじんまりとした像でしたが、お顔は中々凛々しい表情。
ちなみに、富士山と絡めて撮ろうと苦心した画像がトップに置いたものです(ギャラリーが多くて中々引きで撮れなかったもので)。





19P1390232.jpg

葛城山から望む富士山は鷲頭山や愛鷹山越しに眺めることに。





20P1390233.jpg





21P1390238.jpg

この日も山頂は本当にはっきりと見えていました。
これのおかげで、それなりに富士山を見た気になれましたね。





22P1390247.jpg

山頂には他にもいろいろあって、こちらは百体地蔵尊。
鎌倉時代から導き地蔵としてお祀りされていたそうで、現在は105体あるとか。





23P1390248.jpg





24P1390250.jpg

ロープウェイの駅のそばには葛城神社も。





25P1390251.jpg

平安時代よりその名が確認される神社だそうですよ。




26P1390253.jpg

縁結びのハート型の絵馬も。
伊豆の国パノラマパークは「恋人の聖地」に認定されていて、『幸せの鐘』なるものも設置されているようです。

確かにロマンティクな夕景や夜景が楽しめそうなロケーションですが、営業時間を見ると冬季の下り最終が16:40、夏期でも17:10となっていますので、夕景がギリギリぐらいで夜景はまず無理ですね (^_^;)




27P1390254.jpg

ということで、最後まで雲が切れることはないまま下山の途に。
しかし、まあ、これはこれで「いつかまた再訪してやる!」という意欲が湧いて来ますね。




28P1390258.jpg

おまけで山麓駅に展示されていた「桃の節句のつるし飾り」。




29P1390260.jpg

地元の方々の手作りの品だそうで、中々バラエティーに富んだ可愛らしい飾りでした (^-^)

【撮影日:平成25年2月10日】


《メモ》
  伊豆の国パノラマパーク 【地図】
   静岡県伊豆の国市長岡260-1
   TEL:055-948-1525
   乗車料金往復…大人1,300円 子ども650円
   営業時間… 9:00-16:40(2/16~10/15)
           9:00-16:10(10/16~2/15)





スポンサーサイト

テーマ:富士の旅 - ジャンル:旅行


<<富士観望(9)伊豆縦走 | BLOG TOP | 富士観望(7)富士川>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback