四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

京の桜2013-醍醐寺

00P1410520-2.jpg



  1. 小野・醍醐
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
京都御苑の糸桜の後は毎年恒例の醍醐へ。
早咲き桜の追っかけでここは外せませんからね (^_^;)




01P1410526.jpg

とはいえ、霊宝館前の参道のソメイヨシノはまだちらとも咲いておらず、大丈夫かな?とちょっと不安になるほど。





02P1410444.jpg

霊宝館の中に入っても、入口近くの桜はほとんど咲いていませんでしたが、主役は最奥でしっかりスタンバッていました。





03P1410443.jpg





04P1410422.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ようやく予報通りの晴れ間も登場!
ジャストタイミングでこの至高の桜の前に立つことができました。





06P1410430.jpg

しかし、どうも頭の部分が淋しい感が…。





07P1410431.jpg





08P1410415.jpg

下に垂れている部分はそれなりにボリュームもありましたが、御苑といい、ここといい、やはり急に開花が早まった悪影響でしょうか。





09P1410419.jpg





10P1410441.jpg

とはいえ、紅しだれと見紛うほどの花色の濃さは開花間もないこの時期にしか見られないものですので、この日訪ねておいて良かったです。





11P1410433.jpg

一方、樹齢100年超といわれるソメイヨシノの大木はまだちらほら咲き始め。





12P1410438.jpg

これが咲き揃った頃には大枝垂れ桜が終盤となりますので、どちらも一度に見ようとするとタイミングが難しくなりますね。





13P1410458.jpg

霊宝館の建物の入口近くでは、咲き始めの枝垂れ桜と終わりかけの梅のコラボも。





14P1410448.jpg

これも細い木ですが、大枝垂れ桜と同じ頃に咲き始めますね。





15P1410452.jpg

それと、こちらの枝垂れ桜も。
最近の桜の時季は霊宝館の建物に沿って内周回路をぐるっと一周できるようになっているのですが、この日はまだ裏手の開花が進んでいないためか閉鎖中で、そば近くまで寄ることができなくて残念でした。





16P1410467.jpg

ということで、霊宝館を後にしまして仁王門前の参道へ。
こちらもまだほとんど咲いておらず、花見客もまばら。





17P1410522.jpg

例年、伽藍内の桜は霊宝館の大枝垂れより数日は遅い進行ですので、この日はスルーして、替りに三宝院を拝観しました。





18P1410495.jpg

玄関前の「太閤しだれ桜」の辺りはまだギャラリーが多かったので、後回しにして先に奥の憲深林苑へ。こちらも綺麗に咲いていました。




19P1410497.jpg





20P1410499.jpg

満開のように見えて、蕾も多く残っていてまだまだこれからという感じですね。




21P1410480.jpg

築地塀越しに見る太閤しだれ桜。




22P1410481.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

表から見るのがもちろん王道ですが、こうして裏側から仰ぎ見るのも個人的に好みです。





23P1410485-3.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

だいぶん日が傾いて来て影の部分が増えて来ましたが、その分、人も少なくゆっくり見られるということも。




24P1410494.jpg

綺麗な桜色の花。
陰の所で撮ったので暗いですが(これでもいくらか明るめに補正してます)、でも、これくらいの方が色も飛ばなくてピンク色を残しやすいように思います。




25P1410500.jpg

そして、最後に玄関前の太閤しだれ桜。
この木は基本、午前中の方が光の具合がよろしいのですが、まあ、贅沢も言っていられませんものね。




26P1410512.jpg

夕日に照らしだされる桜花。





27P1410510.jpg

三宝院の玄関と桜を一緒にと思いましたが、角度的にちょっと無理がある?





28P1410513.jpg

この木は既に満開で、花付きも例年とあまり変わらなかったかな?




29P1410506.jpg





30P1410519.jpg

最盛期でもこれぐらい余裕で見られれば…。
醍醐の桜でそれを望むのは無理なのは百も承知ですけどね (^_^;)


【撮影日:平成25年3月23日】


《メモ》
  醍醐寺 【地図】
   京都市伏見区醍醐東大路町22
   拝観料… 三宝院・伽藍・霊宝館 各 一般600円(ニ所・三所のセット券あり)
   拝観時間…9:00-17:00(受付は16:30まで)※季節により変動あり



スポンサーサイト

テーマ:桜めぐり - ジャンル:旅行


<<京の桜2013-嵐山 | BLOG TOP | 京の桜2013-京都御苑>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback