四季彩綴り

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

京の桜2013-嵐山

00P1410599.jpg



  1. 嵐山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
紅葉シーズンは毎年のように訪れていますが、春の桜シーズンは久しぶりの嵐山。



01P1410552.jpg

阪急電車の嵐山駅。




02P1410553.jpg

入線時からこの桜並木に出迎えられ、早速お花見気分を盛り上げてくれます。





03P1410555.jpg

橋を渡って中ノ島へ。




04P1410557.jpg

南側はまとまって桜の木が植わっていて、定番のお花見どころ。





05P1410559.jpg

良いお天気に恵まれ、青空に桜の花がよく映えます。





06P1410560.jpg





07P1410562.jpg

桜にはやはり青空が一番お似合いですね。





08P1410564.jpg

こちらは八重紅しだれ桜。
この日はまだ半分以上蕾でした。





09P1410566.jpg





10P1410575.jpg

こちらのソメイヨシノ(?)もまだ満開になっていませんでしたが、紅しだれよりはちょっと先んじている感じか…。





11P1410573.jpg





12P1410578-2.jpg

そんな中で別格の存在感を示していたのがこちらの大きな枝垂れ桜。





13P1410579.jpg





13P1410584.jpg

枝垂れ桜越しに見る渡月橋。





14P1410582.jpg

表側から見るゴージャス感に対し、裏側から見るとちょっと淋しい?
日当たりが悪いせいか、まだちょこちょこ蕾が残っていましたしね。





15P1410589.jpg

さて、渡月橋のたもとから今度は上流方向を見ると、山の斜面がぽつぽつと桜色に。





16P1410590-3.jpg





17P1410591.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

橋の上から嵐山を。
今年は枝垂れ桜やソメイヨシノの開花が早まっている一方で、山桜系が少し遅れ気味のようで、山の桜はやや少な目でしたが、山麓は花盛り。





18P1410593-2.jpg





19P1410592.jpg

十三まいりで知られる法輪寺さんの多宝塔も桜に埋もれていました。





20P1410596.jpg

さて、川向うに渡ってもやっぱり桜 (^^ゞ





21P1410597.jpg

渡月橋と桜を一緒に収めたくて右往左往 (^_^;)






22P1410602.jpg





23P1410606.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

対岸から見る中ノ島公園の桜風景がまた美しかったです。





24P1410767.jpg

その分、上流方向へ行くと何となく淋しい…。




25P1410766.jpg





26P1410768.jpg

亀山公園まで上るとまた違ったかな。
ちょっとこの日は出足が遅れたもので(汗)、そこまで回る余裕がありませんでした。




27P1410771.jpg

その代りと言ってはなんですが、こちらの目の覚めるような美しい枝垂れ桜は嵐山吉兆さんの門の内。





28P1410772.jpg

さすがは有名料亭の玄関先を飾るだけあって、ホント佇まいが優美ですね。






29P1410773.jpg

そして、吉兆さんの桜の後では貧相に見えますが、車折神社嵐山頓宮前にかかる琴聴橋の傍らに鉢植えの紅枝垂れ桜が置かれていました。

『平家物語』を彩る悲恋のヒロイン・小督に寄せての趣向でしょうね (^-^)


【撮影日:平成25年3月30日】




スポンサーサイト

テーマ:桜めぐり - ジャンル:旅行


<<京の桜2013-天龍寺 | BLOG TOP | 京の桜2013-醍醐寺>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。