四季彩綴り

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

京の桜2013-醍醐寺~再訪

00P1410887-3.jpg



  1. 小野・醍醐
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

 
渉成園から京都駅に出て、昼食を摂った後は 前週 に続いて醍醐へ。
京阪バスの 京都駅→醍醐寺の急行バス がスルット関西3dayチケットでも乗車OKということだったので、一度試しに乗ってみることにしたのですが、花見最盛期にこの選択は間違いでした。

元々40分おきにしか便がなく、予定時刻より20分遅れた上に、高速道路を走行するため全員着席が義務付けられていることから乗車できる人数も少なくまさかの積み残し。次の便には乗れたものの、ここで1時間近いタイムロスを生じたのが結果的に命取りになってしまいました。




01P1410881.jpg

午後2時半にようやく醍醐寺に到着。
この頃はまだ青空でしたが、日も傾き始めていて陰になる部分も…。
この日は伽藍が目当てでしたので、大急ぎでそちらへ向かいます。





02P1410885.jpg

仁王門前の参道は 前回 よりはだいぶん咲き揃って来ていましたが、でもまだ少し物足りない感も…。





03P1410899.jpg





04P1410895.jpg

でも、仁王門近くは満開でしたので、それなりに見ごたえはありました。





05P1410900.jpg

中に入って金堂の脇の桜も満開。
しかし、見る見るうちに青空が消えて行きます。





06P1410911.jpg





07P1410920.jpg

清瀧宮拝殿の脇にある枝垂れ桜と五重塔。





08P1410915.jpg

伽藍の中で一番絵になるのがここですね。





09P1410928.jpg






11P1410937.jpg

どんどん暗くなる一方なので、大急ぎで最奥の林泉へ。
う~ん、ここまで青空がもって欲しかった… (-_-;)





13P1410944.jpg

曇天の中では白の桜より紅梅の方が引き立ちますね。





14P1410948.jpg

あと、ピンク色の紅枝垂れ桜も。





15P1410961.jpg

再び金堂前まで戻って来ました。
ソメイヨシノが満開で凄く華やかな絵になるはずが…、お日様のアシストがないとかなり苦しいですね。





16P1410976.jpg





18P1410972.jpg






19P1410983.jpg

ということで、時間も押していることもあり、そそくさと伽藍を後に。
この時点で午後3時半過ぎでしたが、まだまだ続々と人が押し寄せて来ていて、入場と退場と半々という感じでしたね。





20P1410989.jpg

再び仁王門を振り返って。





21P1410995.jpg

続いては霊宝館へ。
ここまで曇ってくるとスルーしてもよかったのですが、先に二カ所セット券を購入していたのでやむなく… (-_-;)





22P1420003.jpg

前週はまだ蕾だった八重桜が咲き始めていました。





23P1420047.jpg





24P1420004.jpg

そして、樹齢100年を越えるというソメイヨシノも満開に。





25P1420010.jpg

しかし、一方で奥の大枝垂れ桜はかなり散っていて淋しい姿に。





26P1420015.jpg

といっても、下の方はまだ十分なボリュームを保っているところもありましたけどね。
もう2~3日前に訪ねておきたかった!





27P1420016.jpg

でも、その代わりに周りの枝垂れ桜がほぼ満開状態でしたから、お天気の良かった午前中ならかなり見ごたえがあったろうと思います。




28P1420043.jpg





29P1420058.jpg

周回路もこの日は解放。





30P1420042.jpg

この桜は満開で高さもあって迫力がありました。





31P1420035.jpg

塀越しに国宝の三宝院唐門と桜を。
この取り合わせはここからしか撮れなかったですね。




32P1420039.jpg





33P1420063.jpg

私にしてはかなり早回しで見て回りましたが、この時点で午後4時半少し前。
拝観時間は5時まででしたが、土曜日というだけあって遅くまで大盛況でしたね。

【撮影日:平成25年3月30日】


《メモ》
  醍醐寺 【地図】
   京都市伏見区醍醐東大路町22
   拝観料… 三宝院・伽藍・霊宝館 各 一般600円(ニ所・三所のセット券あり)
   拝観時間…9:00-17:00(受付は16:30まで)※季節により変動あり






スポンサーサイト

テーマ:桜めぐり - ジャンル:旅行


<<京の桜2013-東寺 | BLOG TOP | 京の桜2013-渉成園>>

comment

  1. 2013/04/11(木) 23:48:36 |
  2. URL |
  3. 手鞠
  4. [ 編集 ]
ともp様、こんばんは~♪
いつも書き込みありがとうございます (^-^)

今年の桜は本当にあっという間に咲いて散ってしまったような感じですものね。
例年なら早咲きから遅咲きまで1か月ぐらいかけて追っかけられるのが、どんどん前倒しになって、花の楽しめる期間自体が凄く短かったような気がします。

拙い画像ばかりですが、こんなものでも少しでもお心の慰みになれば幸いです。

醍醐寺さんは地下鉄+徒歩ならもう少し早く移動できたのですが、フリー券を持っているとついいろいろ試してみたくなるのが悪い癖で… (^_^;)
でもまあ、これも勉強と思い、次回以降にしっかり生かしたいと思います (^_^;)

  1. 2013/04/11(木) 19:24:37 |
  2. URL |
  3. ともp
  4. [ 編集 ]
手鞠様、こんばんは。ご無沙汰していて申しわけありません。
醍醐寺の桜、交通手段がいろいろ大変なようですが、本当に素晴らしい桜ですね。心が洗われます。

今年の春は義母の入院と自分の帯状疱疹と(まだ治らないのです)子供の学校と病院関係のことで忙殺されていて(本当に軽いのですが私の子供は障害を持って生まれてきましたので、上の学校に進学するときには学校と病院との連携が不可欠なのです)桜をみるどころではありませんでした。
ですからこうやって手鞠様の桜のお写真を拝見することは本当に嬉しいです。
美しいものをみるとわけもなく涙がでてくるものですね。

『春ごとに 花のさかりは ありなめど あひ見むことは いのちなりけり』
この古今和歌集の有名な和歌が今年はことさら心にしみます。

それでは、また。美しいお写真楽しみにしております。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。