四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

京の桜2013-平安神宮神苑

00P1420488.jpg



  1. 平安神宮
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
毎年外せない桜風景の一つがこちら平安神宮神苑。
過去記事をあさってみたところ、2008年から5年連続の皆勤でした (^_^;)

 《参考》
   2008年4月 9 日
   2009年4月11日
   2010年4月 9 日
   2011年4月14日
   2012年4月15日

昨年・一昨年は少し遅れ気味だったものの、だいたい10日前後に見頃を迎える平安神宮神苑。が、今年は他所と同様に開花が早まり、4月第一週目にして早くも見頃に突入しておりました。




01P1420350.jpg

まずは南神苑。
朱塗りの建物にも負けない鮮烈な八重紅枝垂れ桜の艶姿。




02P1420344.jpg

今年はボリュームもたっぷりで、本当に見惚れるばかりで…。




03P1420326.jpg

奥まったところから引きで。
逆光で影になってしまうのですが、緑の苔との色の対比も美しくて、ここからの眺めが好きなんですよね。





04P1420327.jpg

空気までピンク色に染めてしまいそうなほど濃密な花の色味。
6年目にして最高の状態に出会えたんじゃないですかね (^-^)v




05P1420331.jpg

白虎楼と八重紅枝垂れ桜。





06P1420356.jpg

先に進んでこれまた豪華な三種盛(爆)。
奥が八重紅枝垂れ桜で、手前上が山桜、右手の黄緑がかったのは大島桜でしょう。





07P1420372.jpg

大島桜は花が白っぽくて、緑の葉も花と同時に出て来るので、引きで見るとグリーンがかって見えるのですよね。
この花も今年は遅れ気味だったようで、ここでようやくまともに出会えたという具合でした。




08P1420307.jpg

さて、紅枝垂れのトンネルをくぐりつつ下へ。





10P1420312.jpg

池の水面に映り込む姿も麗しい。





12P1420323.jpg

濃いピンクの蕾から薄紅色の満開の花まで、微妙に違う咲き加減が作り出すグラデーション。
風でそよぐ度に、木全体の色合いも少し違って見えるような気がしました。




13P1420325.jpg

青空と満開の桜。
これぞ春!ですね~♪





15P1420394.jpg

一転して、緑の木々の向こうに見え隠れする桜。
南神苑を離れこれは西神苑から見えたものです。





16P1420396.jpg

ということで、続いては西神苑の桜。





17P1420388.jpg

この一本の木だけでも十分に魅了されてしまいます。





18P1420401.jpg

角度を変えてみると他にも桜の木はありますが、やはり池の汀に立つあの木に多くの人の視線は釘付けでしたね。





19P1420405.jpg

池への映りこみもバッチリ!





20P1420406.jpg

真っ赤な椿の花もたくさん咲いていましたが、これも影が薄い…。





21P1420407.jpg

続いて中神苑。
こちらにも桜はありますが、ここはやはりカキツバタや睡蓮がメインのお庭なんですよね。




23P1420409.jpg





24P1420414.jpg

苔生した木の根と散り初めの桜。





25P1420416.jpg

こちらの山桜も散り初めていました。





26P1420417.jpg

さて、ここから東神苑。
一気にクライマックスに突入です!





27P1420418.jpg





28P1420420.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

桜越しに見る泰平閣。




29P1420428.jpg





30P1420441.jpg





30P1420442.jpg

東神苑の桜も絶好調!





31P1420438.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

泰平閣と尚美館を共に。
左手前の桜が陰になってしまいましたが、ここからの眺めもお気に入りの一つ。





32P1420455.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、恒例の額縁。
今年も見られて良かった!





33P1420458.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

花筏も見られる水面を滑るように泳ぐ鴨たち。
彼らもこの美しい春を心行くまで謳歌していることでしょうね。





34P1420464.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

額縁をもう一枚。
平日のまだそこそこ早い時間帯でしたので、こういった絵も何とか撮れました。
観光バスの団体さんとバッティングしてしまうと難しいでしょうが、今年は早く見頃を迎えてしまったこともあり、その団体ツアー客自体がこの日辺りは少なかったかもしれませんね。





35P1420471.jpg

泰平閣の反対側の風景。
こちらの桜の方が散りが早く、水面を覆う花びらも多かったですね。




36P1420481.jpg

最後の最後まで見どころ満載。
美しい平安神宮の春を思いっきり満喫させていただきました (^-^)

【撮影日:平成25年4月4日】


《メモ》
  平安神宮・神苑 【地図】
   京都市左京区岡崎西天王町97
   TEL:075-761-0221
   入苑料:一般600円、小人300円
   拝観受付時間… 8:30-17:00(夏季は17:30、冬季は16:30まで)


スポンサーサイト

<<京の桜2013-半木の道~賀茂川 | BLOG TOP | 京の桜2013-岡崎疎水~平安神宮>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback