四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

海津大崎の桜

00P1430162.jpg



  1. 滋賀
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
今年は彦根城に続いて、滋賀県の桜をもう一カ所。
近畿圏の中では遅咲きで知られる海津大崎へ。

訪ねた13日は早朝に淡路島で大きな地震がありましたが、このお出掛けのために朝5時に起きていたのが幸いしました。やっぱり爆睡中にあの揺れで起こされたら怖かったと思いますから。

また、家を出る前だったのもタイミングが良かったですね。
出掛けた後だと家の状態が心配で引き返さないわけにはいきませんし…。

ということで、ニュースを見ながらある程度状況を把握した上で、まあ、震源地から離れる方向へ行くのだから大丈夫だろうと、かなり楽観的な思考でとりあえず出発。名神高速も50km規制が敷かれていましたが通行止めにはならず、午前8時半頃に無事現地到着となりました。




01P1000650.jpg

車内からコンデジで撮ったもので色合いがちょっと変ですが、これが海津大崎の入口。
ここからおよそ4kmにわたり約800本のソメイヨシノの桜のトンネルが続きます。

なお、最盛期の休日ということで、この日は9:30~16:00までは東行きの一方通行の交通規制が設定されていましたが、そのリミットまで1時間ほどありましたので、とりあえず途中まで行って引き返して来ることに。




02P1000651.jpg

道中にはちょこちょこ車を停められるスペースもありますが、手前の方はほとんど満車か、あるいは駐車できないように封鎖されていたりで、結構奥の方まで行ってようやく停められ、湖岸べりまで降りてみました。





03P1430074.jpg

朝の琵琶湖は波も静かで穏やか。
上空は青空が見えていたのですが、奥の方には黒雲が立ち込めていて、山々の嶺を押し隠していました。




04P1430077.jpg

振り返るとそこには竹生島。
手前の湖面にはカヌーを漕ぐ人の姿も…。
湖上からお花見できるのが人気のようです。





05P1430113.jpg

桜のフレームに竹生島。
逆光になるのでせっかくの桜も暗く写ってしまって残念!




06P1430102.jpg

湖岸は砂浜でなく少し粒の大きな砂利。





07P1430109.jpg

そうかと思えば突如岩礁が現れたりも。
琵琶湖八景の一つに数えられる「暁霧・海津大崎の岩礁」です。





08P1430107.jpg

お日様もだいぶん高くなって来て、青空に映える桜。





09P1430127.jpg

本物のトンネルと桜のトンネルの連続技 (^_^;)

ということで、まあ、ほんのさわり程度しか見られませんでしたが、交通規制のタイムリミットも迫っていましたので、急いでUターンしてとある場所に移動。





10P1430139.jpg

海津大崎からは少し離れてしまいましたが、この日のメインイベントは船からのお花見。
本来は事前予約が必要なところが多いのですが、早朝の地震の影響で結構キャンセルが出たようで、飛び込みでも乗せてもらえることになりました。




11P1430292.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

離れた場所から見ることでよくわかる桜並木の長大さ。
これでもほんの一部なんですけどね。





12P1430146.jpg

船からの眺めはこんな感じです。




13P1430277.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

一番華やかなのは入口付近。
この辺りは道路の左右に桜が植わっているので倍のボリュームになるのですよね。




14P1430282.jpg





15P1430286.jpg

望遠で見ると花がびっしりで密度が濃い。





17P1430171.jpg

どこからともなくパラグライダーが登場。





18P1430172.jpg

あっという間に抜き去られてしまいました (^_^;)





19P1430181.jpg

またしばらく行くと桜の密集地帯が現れましたが、ここは観光船の船着き場。
彦根港などから花見船が出ているようです。





20P1430187.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

船着き場から裏手へ回り込むと、崖の上に朱塗りの建物が見えて来ました。





21P1430265.jpg

こちらは大崎寺。
創建は奈良時代にまで遡る古刹で、尊像は聖徳太子の作との伝承が。
また伽藍の一つの阿弥陀堂の天井は、安土城落城時の血が付いた城材を利用していることから「安土の血天井」と呼ばれているそうです。





22P1430189.jpg

さらに進んで行くとまたカヌーの一団が。





23P1430205.jpg

先ほどのパラグライダーもまだうろうろしています。





24P1430230.jpg

海津大崎の桜はほとんどソメイヨシノですが、時折、紅枝垂れ桜が挟まっているところも。
まだ咲き始めなので花はこじんまりとしていますが、色は濃く見えて映えます。





25P1430236.jpg

別のお花見船も右往左往。





26P1430259.jpg

そんな中でこんなお船も。





27P1430260.jpg

これ人形ではなく本物の犬。
犬の船長さんとして有名らしいですよ。
漏れ聞いた話ではこの前の日に湖に落ちたらしいですが…。






28P1430273.jpg

もう一頭、違う種類の犬も。
いつか犬の船長さんのお船にも乗ってみたいな… (^_^;)





ということで、およそ1時間弱のクルーズを終えて、再び海津大崎へ。



29P1000684.jpg

もう交通規制中なので通り抜けるだけですが、車の中からでもこんなに桜を楽しめてしまうのは凄いですよね。





30P1430301.jpg

とはいっても、走る車も脇見運転でノロノロですから、通り抜けるにも結構な時間がかかりますけどね (^_^;)






最後に一応動画も撮って来たのでアップしておきます。
湖上から眺める一味違ったお花見。
これは一見の価値がありますよ (^-^)

【撮影日:平成25年4月13日】


《メモ》
  海津大崎 【地図】
   滋賀県高島市マキノ町海津
   TEL:0740-22-6108(びわ湖高島観光協会)



スポンサーサイト

テーマ:桜めぐり - ジャンル:旅行


<<京の桜2013-三千院 | BLOG TOP | 京の桜2013-仁和寺>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback