四季彩綴り

妙心寺大心院

00P1440565.jpg



  1. 花園
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
城南宮からちょいとあちこち寄り道をしながら最終的にたどり着いたのは花園の妙心寺。




01P1440557.jpg

臨済宗妙心寺派大本山の妙心寺には境内の内外に48の塔頭があり、境外塔頭10カ寺の中にはあの龍安寺も含まれています。

その妙心寺の山内塔頭(境内の中にある)38カ寺のうち、東林院や大法院のように毎年期間限定で公開されているところもありますが、常時公開されているのは当ブログでも何度か登場している「退蔵院」の他は「桂春院」と「大心院」の3カ寺のみ。

今回はその「大心院」に初めて訪ねてみました。




02P1440558.jpg

大心院は室町時代後期に管領細川政元(勝元の子)が景堂和尚を開山として創建したと伝えられ、当時は上京区大心院町(地下鉄「鞍馬口」駅の西)にあったものを天正年間に細川幽斎により現在地に移転されたと言います。

大心院には2つの有名な庭園があり、





03P1440580.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

まずは本堂南庭の「切石の庭」。





04P1440592.jpg

中央の花壇には牡丹の花が植えられており、盛りを過ぎて数は少なかったですが、紅白の花が咲いていました。





05P1440582.jpg





06P1440583.jpg

白の牡丹の背後には赤いキリシマツツジか?





07P1440584-2.jpg





08P1440585.jpg

シャクナゲも多くの花びらを散らしながらも、まだそこそこ咲いていました。





09P1440590.jpg

「切石の庭」の東端に建つのは祖堂。
この背後にもう一つのお庭 「方丈東庭」があります。





10P1440600.jpg





11P1440598.jpg

「方丈東庭」は通称「阿吽庭」と呼ばれる枯山水庭園で、石で仏、菩薩を象徴した第二の本堂とされています。
昭和を代表する作庭家・中根金作によるもので、奇しくもこの日午前中に訪ねた城南宮神苑も同氏の手によるものでした。





12P1440596.jpg

それはさておき、この季節に限ってはこれらの名庭園の印象も薄らいでしまうような強いインパクトを与えるのがこちら。





13P1440561.jpg

坪庭に咲くキリシマツツジ。
樹齢360年とも言われる古木2株から成っています。





14P1440564.jpg





15P1440569.jpg

この赤は強烈に視覚に訴えて来ますね。
今年は長岡天満宮のキリシマツツジが見られずじまいでしたので、ここで出会えて良かったです。





16P1440567.jpg





17P1440615.jpg

床もみじならぬ机ツツジ。
角度が違うと見え方も違って何度もグルグル回ってしまいました (^_^;)





18P1440573.jpg





19P1440579.jpg





20P1440574.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

キリシマツツジの赤に負けないほどの鮮やかな緑も。





21P1440619.jpg

白く小さな花をたわわにつけたドウダンツツジ。





22P1440617.jpg

その花よりも目を引いたのが、根元に雪のように散り敷くもの。





23P1440616.jpg

花咲くものが散り落ちるのは自然の理とはいえ、こういう光景を見るのは初めてのような気がしてちょっと驚きました。

ということで、三者三様のお庭を愛でることができましたが、さらにもう一つ。





26P1440644.jpg

入口を入ってすぐの玄関前でもツツジと真っ赤なシャクナゲが。





27P1440642.jpg





28P1440632.jpg





29P1440634.jpg





30P1440633.jpg





31P1440649.jpg

これ以上ないというぐらいの強烈な赤にすっかり魅了されてしまいした。

大心院さんは通年公開されているとはいえ、せっかく訪ねるならやはりまずは初夏のこの時期がおススメですね (^-^)

【撮影日:平成25年5月3日】


《メモ》
  妙心寺大心院 【地図】
   京都市右京区花園妙心寺町57
   TEL:075-461-5714
   拝観料… 一般300円、小中学生150円
   拝観時間… 9:00-17:00


スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<鳥羽の史跡めぐり | BLOG TOP | 百花繚乱の城南宮神苑>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback