四季彩綴り

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

須磨離宮公園のバラ

00P1450512.jpg



  1. 兵庫
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

 
少しまた更新間隔が空いてしまいました。
さすがにこの週末は東京遠征までしませんでしたが(もししていたら発狂してたかも?)、例によって近場でちょこちょこ花めぐりして来ましたので、ゴールデンウィークの旅レポのストックもまだ残っていますが、旬を逃す前に先にそちらからご紹介しようと思います。


まずは一昨日の土曜日に神戸市の須磨離宮公園へ行って参りました。
お目当ては前週福山ではフラれたバラ。




01P1450553.jpg

「王侯貴族のバラ園」と題された欧風噴水庭園では、見頃を迎えた180種4,000株ものバラの花が咲き乱れていました。





02P1450606.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

噴水を中心に左右対称の幾何学模様にバラの花も配色されています。





03P1450645.jpg

雲一つない晴天の下、階段横を彩る赤・黄・白のバラたち(一部ピンク色も)。





04P1450505.jpg

開園直後は水の流れがまだ止まっていて、水面への映り込みも見ることができました。





05P1450595.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

少し高みから見下ろす方が、多くの花が一度に目に入って密度が濃い!
ここからの眺めが一番の絶景でした。





06P1450568.jpg

バラと言えばやはり赤!





07P1450507.jpg

これは明るめの赤というよりオレンジっぽい?





08P1450620.jpg

ベルベットのような深い色合いの紅。
大輪の花の周りを小ぶりの花が取り囲んで、まるで花束のよう。





09P1450622.jpg

続いては白。
愛子様に捧げられたお花だそうで、「ロイヤル・プリンセス」の名がありました。





10P1450639.jpg

こちらも白バラですが、ピンクの縁取りが入っています。





11P1450565.jpg

赤、白と来れば黄色。






12P1450564.jpg

そして、ピンク。






13P1450583.jpg

こちらの淡いピンクには「ヨハン・シュトラウス」の名が。






14P1450533.jpg

青いバラも。





15P1450532.jpg

これを「青」と見るか「紫」と見るか、ちょっと難しいところですが…。





16P1450637.jpg

紫の花の中にはこんな色濃いものもありました。





17P1450520.jpg

こちらは赤紫色。
早咲きのものには散り始めているものもちらほら…。





18P1450522.jpg

綺麗に楕円を描いてリースのよう。





19P1450525.jpg

花の中心部がくしゃくしゃとなっていてちょっと面白い。






21P1450554.jpg

品種ごとに固めて植えられているのが多い中、こうしてごちゃまぜに植えられているところも。






22P1450587.jpg

本当に色も形も様々で、種類の豊富さに改めて驚き入ります。





23P1450588.jpg

噴水をバックに。
あまりにもお天気良すぎて正直、花撮りにはちょっと厳しい条件でしたが、たくさんの美しいバラの花を見られて、目の保養になりました (^-^)




最後におまけ。
須磨離宮公園の一角にはこのような石碑が建っています。


24P1450627.jpg

「在原行平月見の松跡」。
在原行平は『伊勢物語』で知られる在原業平の兄で、蟄居中にこの地で月を愛でたのが今も残る「月見山」の地名の由来であり、また『源氏物語』の須磨の巻もそのエピソードに影響を受けて書かれたものと見られています。





25P1450631.jpg

残念ながら午前中でしたので月は見えませんでしたが、この日は折しも満月で、週末は開園時間も20時まで延長されていましたので、往時のようにここでお月見をされた方もいらっしゃったかもしれませんね。





26P1450628.jpg

あいにくと少し霞んでいてあまり遠望は利きませんでしたが、うっすらと水平線も見ることができ中々の眺めでしたよ (^-^)

【撮影日:平成25年5月25日】


《メモ》
  須磨離宮公園 【地図】
   神戸市須磨区東須磨1-1
   TEL:078-732-6688
   入園料… 一般400円、小中学生200円
   開園時間… 9:00-17:00
     ※4/29~8/31の土・日・祝日は夜間ライトアップあり(20:00まで)


スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<サツキ咲く八坂神社 | BLOG TOP | シャクナゲ咲く室生寺>>

comment

  1. 2013/05/28(火) 23:33:04 |
  2. URL |
  3. 手鞠
  4. [ 編集 ]
ともp様、こんばんは~♪
今日も無事ご覧いただけているようで良かったです (^-^)

須磨離宮公園のバラ園はいつ頃できたのかよくわかりませんが、整備に力を入れるようになったのは阪神大震災以後のことのようですね。

どうりで、私も子供の頃に遠足やら何やらで何度か訪ねていますが、バラ園の記憶は全くなかったわけで… (^_^;)

今回はあまりの暑さにバラ園以外はほとんど見て回れなかったのですが、広い園内の中にはかつてともp様がご覧になった懐かしい風景ももっといろいろ残っているのではないかと思います。

機会があれば、またカメラに収めて来ますね。

  1. 2013/05/28(火) 20:05:06 |
  2. URL |
  3. ともp
  4. [ 編集 ]
手鞠様、こんばんは。

アクセスできなかった件、FC2ブログの不調もあったのですね。少し安心いたしました。

さて、須磨離宮公園!前にも申し上げたかと思いますが、母の実家が須磨なもので、子供の頃によく行きました。本当に懐かしいです。もっともその頃はこんな見事な薔薇園はなく、もっぱら急なことで有名なジャンボすべり台が目当てでしたが。
最後に須磨にいったのは震災後、実家を一人で守っている伯父の見舞いにいったときで、離宮公園も大きな被害があったと知りました。
手鞠様のお陰で懐かしい景色にあえました。ありがとうございます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。